[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「大谷翔平」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 1:05 - 1:35 フジテレビ
村上信五とスポーツの神様たち (村上信五とスポーツの神様たち)

「スポーツお祓いスペシャル」にサッカー界代表として浦和レッドダイヤモンズの槙野智章、野球界を代表して北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士が登場、プレゼンターとして岡田圭右らに加え、お祓い役に坊さんであり芸人の石田芳道が出演。
「スポーツお祓いスペシャル」1つ目にヒデが「大失敗に終わったレフェリーとの駆け引き」と題して2016年6月18日に行われたFC東京VSアルビレックス新潟で秋元陽太がレフェリーに抗議している最中にゲームが再スタートし得点されたシーンを紹介した。一方で野球界ではピッチャーの肩を作るために時間を稼ぐ駆け引きがあるなどと杉谷が語った。
「スポーツお祓いスペシャル」2つ目に藤田が「泡となって消えたスタートダッシュ」と題して本来HR打者ではない鈴木大地が一時期ホームランラッシュでホームラン王の座についたがために昨シーズンは冴えない成績で追えてしまったなどと紹介した。また杉谷は自身が戦線離脱した際にチームメイトたちが励ましのメッセージを送ってくれた中で大谷翔平が怪我した打球の練習をしてくるようにとメッセージしてきたがギャグであったなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」3つ目に黒田が「カップに嫌われ続けた惨劇」と題してアーニー・エルスがマスターズ・トーナメントにおいてあるホールにて3打目でピンそば60cmまで寄せるも5度もカップに嫌われ、翌日にも同じ状況となったなどと紹介した。また杉谷は糸井嘉男が投手としてチーム移籍したがファーボールを連発している時にコーチに投げ方を忘れたと告白したなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」4つ目に岡田が「前代未聞の負の連鎖」と題してオリックスVS西武でモレルの悪送球から様々な選手がミスを連発したなどと紹介した。また杉谷は大谷が投げるときには試合が緊迫する傾向にあり打球が来ないことを祈っているなどと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月24日放送 1:05 - 3:00 テレビ朝日GET SPORTS栗山英樹×南原清隆 逆襲の青写真
栗山英樹監督は「本当に頑張らないといけない時が来たなという感じなので、その時に見ておいてもらった方がありがたい」「やあることはチャレンジだと思いますけど置かれている状況は全てだと思います。悪い意味で全てこっちに来ている」と語った。2016年に最大11.5ゲーム差からのリーグ優勝した北海道日本ハムファイターズだが、大谷翔平が左足の肉離れで負傷離脱、4番中田翔は登録抹消。栗山監督は「この経験をものすごく大きなものに大谷なら活かしてくれると信じている」「1回リセットしてあげないと中田のためにならない。中谷とって野球とは何なのか感じてくれているはず」と語った。2016年には「ゲーム差が開くよりも『自分たちらしくなろうぜ』ということに手を打ちまくる」と語っていた。
2月 春季キャンプ。栗山監督は「去年と同じ雰囲気のチームでスタートしたら日本一にはならない。大きく変わりプラスアルファが生まれて連覇の可能性が出てくる。すごい形だと思ってしまったのが(優勝した)1年目にあった。もっと良くならないと連覇はしない」「半分くらいメンバーを入れ替えたい。若い内野手も外野手もピッチャーもレベルが上がっています。監督になってこんなハイレベルな競争が起こったのが初めてです」「この3年間でここまで来たな。今年いけるところまでいかせて、どこかで これだけはやろうぜ という声をかけようと思っていますけど」と語った。石川直也は「真っ直ぐは自分の長所なのでそこをしっかり投げてバッターの反応を見てどれだけ通用するか感じています」と語った。石井一成は新人では唯一のキャンプ1軍スタート。セカンドで13試合にスタメン出場。石井は「チャンスだと思っています」と語った。
プロ3年目の清水優心は12試合に出場。清水は「まずは守備でしっかり投手陣に信頼されるようになり、チームにも信頼してもらえるように1日でも早くなりたいと思います」と語った。栗山監督は「手が打てる時にいい意味での競争が始まっている。一気にチームが前に進むと信じてやっている」「このメンバーで戦う可能性がいっぱいある、そこで勝たないと何も意味がない。もしかしたら来年かもしれないです」「今が必ず活きると信じている」と語った。

2017年4月23日放送 22:54 - 23:30 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(プロ野球)
大谷翔平の戦線離脱について栗山監督を緊急直撃。栗山監督は「翔平に関してはまずは体をちゃんとさせないといけない。ちょっと時間がかかるかな。言われているより全然時間がかかる」と語った。現在大谷は二軍敷設でリハビリを行っている。大谷の映像をみた船橋整形外科病院の土屋明弘副院長は「皮下の方に来たとなるとかなりの広範囲で大きな断裂があったんだと思う。軽傷ではない。右足でうまく蹴りきれないから左足で頑張ってしまうことがあったのでは、そこに今まで以上の負荷がかかりいろいろな故障を起こす原因となる」と語った。栗山監督は復帰後の起用法について「この状況でいえば両方(投手と打者)いっぺんにやります。どちらかというと投げるのが早いかもしれない。肩はできあがっているので」と語った。大谷は軽めの投球練習を再開している。栗山監督は「この時期に(大谷が)考えないといけないことがすごくあるはずで、そのことが自分からちゃんとできないといけない。僕がこうしろああしろこう過ごせと言ってしまうとせっかくのチャンスがなくなってしまうので神様が与えた大きなチャンスなので彼の野球人生にとって大きな時間だと思うのであえてアプローチはしていない」と語った。

2017年4月23日放送 21:54 - 22:48 テレビ東京にちようチャップリン(番組宣伝)
「SPORTSウォッチャー」の番組宣伝。大谷 復帰後の衝撃プランとは?

2017年4月23日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニングスポーツに喝!あっぱれ!週刊・御意見番
日本ハムでは現在、大谷翔平選手と中田翔選手が一軍登録抹消となっている。西武との試合ではチームは為す術なく7連敗で借金は11となった。
ヤフオクドームで行われたソフトバンク対楽天の試合では、楽天のアマダー選手、嶋選手、ペゲーロ選手、松井稼頭央選手がホームランを放ち、11-2で楽天が勝利した。
DeNAと中日の試合では、戸柱選手がホームランで逆転すると桑原選手、梶谷選手も続いてホームランを放ち、11-4でDeNAが勝利した。
東京ドームで行われた巨人対阪神の試合では、坂本選手が逆転タイムリーを放った。その後も追加点を放った巨人が4-1で勝利した。
ヤクルト対広島の試合では投手戦の展開となるが6回ウラにヤクルトのバレンティン選手が先制タイムリーを放った。だが、7回に雨天中止となると、そのままヤクルトのコールドゲームとなった。

2017年4月23日放送 7:00 - 7:30 フジテレビボクらの時代伊藤ふみお×佐藤隆太×塚本高史 歌う、演じる…そして父になる
最近注目している若手について。野球ファンの佐藤は大谷翔平をあげた。塚本は稀勢の里、伊藤はONE OK ROCKをあげた。ONE OK ROCKは今年全米ビルボードで2位を獲得するなど国際的な人気を誇るバンドで、ボーカルのTakaは森進一と森昌子の長男。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.