[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「大阪地裁」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ
直撃LIVE グッディ! (ニュース)

森友学園についてスタジオ解説。森友学園は21日、大阪地裁に民事再生法の適用申請を行った。この申請を出すと、森友学園は裁判所の管理のもと再生計画が作成され、債権者が認可すれば債権は大幅カットされ弁済となるが、基本的には現行体制維持となる。不認可になると破産となる。長谷川聖子さんは「保育園を選んだ保護者の色々な思いも、残された保育士、子供も気の毒」とコメントした。

URL: http://www.courts.go.jp/osaka/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(リポート)
今月12日。大阪地方裁判所で行われた裁判で大阪・豊中市の中田泰博さんが、去年の参議院選挙で投票ができなかったとして国に損害賠償を求めている。中田さんは脳性麻痺のため車椅子生活をしている。体が自由に動かせないためヘルパーの介助を受けている。選挙があると必ず投票に行っていたが自分で投票用紙に記入ができないためヘルパーなど代筆で投票。しかし、去年の公職選挙法の改正で代筆は公平性を確保するため投票所の係員が行うとの規定で投票ができなかった。首から下が動かせないという清水哲さんは「見ず知らずの人に自分の投票する人を伝えないといけないのはつらい。誰にも伝えなくて秘密を守れて投票はできると思う、そのへんを真剣に考えて欲しい」と話す。中田さんたちが参加して開かれた障害者の投票権について考えるシンポジウム。代筆について意見を交わした。シンポジウムでは施設の障害者が職員に代筆を頼むと、候補者選びを意図的に誘導されるという意見も出された。こうした意見を聞いた中田さんは国が個々の障害者に寄り添った投票の仕方を考えるべきだと強く主張。専門家は将来的には人の助けを得ずに投票できる仕組みが必要だと指摘。立命館大学・小松浩教授は「今の日本の選挙の方法が自分で書かないといけないとなっているんですね。国民や障害者の人ができるだけ投票できるようにするために記号式やタッチパネル式などで投票するということにすれば、今以上に秘密を守りつつ投票しやすい状況を作れると思います」などと語った。

2017年5月25日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
大麻取締法違反などの罪で起訴された男の判決公判が大阪地裁で行われ懲役2年10ヵ月が言い渡された。  

2017年5月18日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア430
高浜原発4号機が原子炉を1年3か月ぶりに再稼働をした。去年2月に再稼働したが、3日後にトラブルで緊急停止していた。また去年3月に大津地裁が運転差し止めの仮処分決定を出したが、大阪地裁が関電の不服を認め仮処分取り消しとなった。きょう午前6時ごろ臨界を迎え、22日には発電と送電を行う。

2017年5月15日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング気になるエンタメニュースランキング8
羽賀研二受刑者のこれまでの経緯を説明。2001年に知人の不動産会社社長A氏に未公開株購入の話を持ちかける。A氏は約3億9000万円を支払っていたが、株元が経営破綻し株は価値を失うがそれを黙ってA氏から金をだまし取っていた。A氏が返済を求めると暴力団に相談したという。実刑になり、懲役6年となり現在も服役中。裁判所は約3億9000万円の支払いを羽賀受刑者に命じたがその前に財産分与をしたと見られている。佐藤氏は今後、夫婦が離婚をするか偽装離婚かどうかが注目だと話した。

2017年5月12日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!情報まとめ
詐欺事件で服役中の元タレント・羽賀研二受刑者が判決前に財産を隠した疑いが浮上した。羽賀受刑者は知人男性に仕入れ価格の3倍の値段で株を売りつけ3億7000万円をだまし取った詐欺罪などで懲役6年が確定している。被害男性は約4億円の返還を求めて提訴しており去年10月に大阪地裁は受刑者に全額の支払いを命じていた。これに対し受刑者は「仕入れ価格と同額で譲るとは男性も思っていなかった」として控訴したが昨日大阪高裁は退けている。男性は受刑者所有の複数の土地・建物を近くに差し押さえる予定だったが、所有者が妻に変わっていたことが判明し財産隠しの可能性もあるとみて法的手段を検討していくと話している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.