[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「女性宮家」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

政府がきのう提出した、「退位」特例法案は衆院では議員運営委員会で、参院では新たに設置の特別委で審議する。 自民公民は今月から審議させたい考え。自民公明民進党などは、安定的に皇室維持をする方策を検討するよう政府に求める付帯決議をまとめることに。週明けからその内容を巡って、調整を急ぐ方針。民進党などは「女性宮家」創設に向け期限を定め検討、付帯決議に盛り込むよう主張。しかし自民党は女系天皇を認めることにつながりかねないと慎重な意見。「女性宮家」検討のありかた、期限など、どこまで具体的に明記されるか焦点になる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月12日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
NHK世論調査は今月9日から11日で、1272人から回答を得た。安倍内閣の支持率は支持すると答えた人は先月の調査より3ポイント下げ48%、支持しないと答えた人は6ポイントと上がって36%。支持の理由はほかより良さそうというのが50%などだったのに対し、支持しない理由では人柄が信頼できないが43%などとなっている。
学校法人加計学園が計画している大学の獣医学部の新設をめぐり、民進党・共産党などは行政のあり方がゆがめられたのでは追及しているのに対し、政府はゆがめられた事実はなく適正に手続きが行われたと説明している。政府の説明に納得しているか聞いた。大いに納得が3%、ある程度納得できるが22%、あまり納得できずが33%、まったく納得できずが32%だった。
この問題をめぐって前川氏は総理の意向などと記された文書、文部科学省で作成されたものと主張。民進党・共産党などは前川市らの証人喚問を求めている。これに対し与党側は一連の行政手続きに瑕疵はないと証人喚問には応じない方針。前川氏らの証人喚問が必要だと思うか聞いた。必要だが52%、必要ではないが15%、どちらとも言えずが25%。この文書について文部科学省は追加調査を行う必要があるという国民の声が多く寄せられているとして文書が存在するのか改めて調査を行うと発表。こうした政府の対応を評価するか聞いた。大いに評価するが12%、ある程度評価するが46%、あまり評価しないが21%、まったく評価しないが9%。
政府はテロなどの組織犯罪を未然に防ごうと共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」新設法案を国会に提出、審議が行われている。与党側はテロ対策は急務、今国会での成立を目指している。民進党・共産党などは1億総監視社会になりかねないと廃案に追い込みたい考え。法案への賛否をきいた。賛成は29%、反対が23%、どちらとも言えずが39%だった。
天皇陛下の退位にむけた特例法が成立したことに対する評価を聞いた。大いに評価するが47%、ある程度評価するが38%、あまり評価せずが6%、まったく評価せずが2%。この特例法と合わせて可決された女性宮家の創設などを検討することが盛り込まれたことを受け、女性宮家の賛否を聞いた。賛成は53%、反対が7%、どちらとも言えずが31%だった。各党の支持率を発表した。

2017年6月11日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
天皇陛下の一代限りの退位を実現する特例法が成立した。政府は来年の12月末、もしくは再来年の3月待つなどを念頭に退位日や改元日を検討している。女性宮家の創設について付帯決議で検討するとされていて、皇族の減少という根本的な課題への対策が求められている。

2017年6月10日放送 7:00 - 7:30 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
天皇陛下の退位に向けた特例法が成立を受け、政府は退位の期日や新元号などについて検討を本格化する動き。特例法では元号を政令についてパブリックコメントを対象にしないことから元号を改める期日も含めて政府内で検討し進められる見通し。一方で皇族の現象が懸念される中、衆参両院の委員会で女性宮家創設など政府に速やかな検討など求める付帯議決が可決した。政府は皇位継承の安定確保の方策と女性宮家創設は切り離して検討する見通しであるが、菅官房長官は慎重な姿勢をみせている。

2017年6月10日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびNEWS
女性宮家の創設に付帯決議が可決されている。自民党では女性皇族が結婚して皇籍を離れた痕も公務を続ける餡が浮上している。

2017年6月10日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデーNNNニュースサタデー
参院本会議で、天皇の退位等に関する皇室典範特例法が自由党を除く全会一致で可決・成立。今の陛下の退位を認め、皇太子さまの即位を実現させることや陛下の退位後の称号は「上皇」になることが決まった。退位されるのは特例法が公布されて3年以内となっている。首相官邸で、安倍首相はこの問題が国家の基本で、長い歴史と未来に関わる課題であることを実感したとした。女性宮家創設の検討を盛り込んだ付帯決議を尊重し、検討を進める考えを示した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.