[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「姫路市(兵庫)」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 8:00 - 10:25 日本テレビ
スッキリ!! (ニュース)

兵庫・姫路市の市立認定こども園で問題が発覚。定員の1.5倍の園児を劣悪な環境で保育していたとのことで、園児の保護者は「子供に申し訳ない」などと語った。保護者は市を通さずに契約することを持ちかけられたと言う。70人に40人分の給食を分けて与えており、園長は食事を覗き「あげすぎじゃない?」と声をかけていたとのことで、保育士は園長不在の時におやつなどをあげるようにしていた。認定こども園は幼稚・保育園の両方を併せ持ち、保護者の就労の有無に関わらず子供の受け入れが可能な園。待機児童を減らす目的で創設され、国からの給付金で運営できる。問題となった「わんずまざー保育園」は市の監査で実態が明らかになった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月21日放送 19:00 - 19:56 日本テレビ1周回って知らない話1周回って大活躍 なぜ今あの芸能人が?
高校卒業後、兵庫県姫路市の調理師専門学校へ進学。一人暮らしをするとチラシで安い賞品をチェックしお店をハシゴする節約の毎日。母に迷惑をかけないように生活費は全てアルバイトで稼いでいた。節約の結果、100万円を貯め母に学費を返済。20歳になり姫路市の飲食店に就職し人に勧められなんとなく出場した「元祖!大食い王決定戦」で運命が変わった。大阪予選で女性で1位となり本戦大会に出場。芸能界入りを果たした。

2017年6月13日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
兵庫・姫路市の沖合に浮かぶ家島はかつて漁業で栄えるも10年前から人口は4割減少している。旅館経営者の高島一彰さん(46)はこの時期にのみ乱舞するホタルを観光客に広めようと活動している。旅館横の林ではヒメボタルを見ることが出来る。観光客からは「楽しみ」といった声が聞かれた。高島さんは9年前、ヒメボタルと不思議な出会いをしたという。
島で醤油を販売する石床洋利さんはこの時期はホタルを撮影している。ガイドの高島さんは午後9時過ぎにヒメボタル鑑賞に移動、まるでクリスマスのイルミネーションのように無数の小さな光が輝いていた。石床さんのカメラにも無数の光が写し出された。ヒメボタルは過疎化が進む家島で希望の光となりつつある。今週いっぱいは光のショーを楽しめるという。

2017年6月10日放送 22:30 - 23:00 テレビ東京ミライダネ!AI(人工知能)
兵庫・姫路市の姫路城で5月20日に将棋の対局が行われた。戦うのは、第74代名人の佐藤天彦とロボット。実際に考えているのはAI(人工知能)。山本一成が生み出したこのAIはこれまでプロ棋士に6連勝している。実は佐藤天彦名人も敗れたことがあり、今回がリベンジマッチ。2時間に及んだ対局の結果は、AIの勝利。開発者の山本一成さんは、「人工知能は今ここまで来ていて、この10年ですごく進歩している」「さらに驚くべきことは、まだ全然底が見えていない、これからの10年もっとこの10年より凄いだろう」と語った。山本一成さんが働くのはAI技術を開発している東京・港区のHEROZ。山本さんは世界でも珍しい将棋専門のプログラマー。1日15時間以上作業することもあるという。山本さんの最高傑作のPONANZAが将棋の名人を破ったAI。AIについて聞くと山本さんは「人工知能はソフトウェア」だと回答。パソコンでも動作し、スマホでも動作するという。ソフトウェアというと、身近なところではワープロソフトの「Word」や表計算ソフトのExcelなどがある。でもこれらはAIではない。一方、Siriやりんなもソフトウェアで、これらは自分で学習する能力があるのでAI。お掃除ロボットも本体に学習能力の入っているソフトが入っているのでAI。そして将棋ソフト・PONANZAもAI。その実力を体験してみる。この日のために将棋を勉強してきた比嘉バービィさんが挑む。力の差が明らかなのでPONANZAは8枚落ちで対戦することに。開始からわずか8分でPONANZAが勝利した。
このPONANZAが一躍注目を集めたのは2013年。コンピューター将棋ソフトとして世界で初めてプロ棋士に勝利した。PONANZAに二度敗れた佐藤天彦名人はAIの強さについて、「コンピューターの強さは人間の感覚からはかけ離れているところにいる、そういった感覚は現在の棋士には理解しがたい」と語る。佐藤名人がAIならではの感覚を見せつけられた象徴的なシーンがPONANZAの第1手。名人が頭を抱えたのが3八金の一手。飛車の動きが制限されるためプロ棋士はまず打つことがない常識はずれの手だという。山本さんは人間はタブーが一杯あったが、でもコンピューターでは3八金も大したタブーではない、と語る。しかし開発当初は、初心者にも勝てない弱小ソフトだったという。

2017年6月7日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ
逮捕されたのは指定暴力団神戸山口組の組長だ。4年前に他人名義で携帯の機種変更の契約をした詐欺の疑いがもたれている。暴力団排除条例によって暴力団関係者は自分名義で携帯電話の契約ができなくなり、賃貸契約や銀行口座開設なども制限されている。容疑者は容疑を認めているという。

2017年6月6日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
東京・豊島区にある「保育園を考える親の会」では、保育園の課題などについて毎年アンケート調査を実施。回答した70%以上の保護者が預けている施設に不安や不満を感じたことがあると答えた。団体の代表である普光院亜紀さんは、「やっとの思いで保育施設を見つけて入った人はおかしいと思ってもなかなかやめられない。そういう保育園でも十分成り立つというか、いくらでも客がいるという現状が残念」と話す。
保育の質をどう確保するのか。東京・杉並区が新たに始めたのは保育施設への抜き打ちの巡回。抜き打ちを行うのは保育園勤務の経験がある人たち。チームでは約40項目からなるチェックリストを作成し、保育士の人数が基準を下回っていないかなどを確認する。通常の監査では書類の準備などをしてもらうため、保育所側に事前に日時が通知されている。このため監査逃れが疑われる事例も起きているという。兵庫・姫路市の保育施設の問題も、県と市の抜き打ち監査で発覚している。保育の質の問題について専門家は、「昔のようにみんないい先生とか、みんないい事業者という前提での評価制度ではなかなか質は利用者としては安心できるものにはなっていない。(保育の)質確保の方策について検討しなければならない」と指摘している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.