[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「宇野昌磨」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 20:00 - 21:54 テレビ朝日
世界フィギュアスケート国別対抗戦 (オープニング)

東京・代々木競技場 第一体育館で行われる世界フィギュアスケート国別対抗戦2017。現時点で日本はトップ。きのうの演技について振り返るトークをした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月9日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
平昌五輪開幕まであと半年である。カナダ・トロントの練習拠点に姿を見せた羽生結弦選手は、平昌五輪で連覇を狙うプログラムを初公開した。フリーは陰陽師のテーマ曲を使った「SEIMEI」で、冒頭は羽生選手が世界初で成功した4回転ループ、そして4回転サルコーと続く。SEIMEIを演じるのは初めてではなく、2年前に同じ陰陽師をテーマに選んでいた。世界最高得点を連発したプログラムである。このプログラムを選んだ理由について羽生選手は、2015年2016年シーズンにやって良い演技が出来たときから既にこのプログラムをもう一回五輪シーズンに使いたいと決めていたため、ほとんど迷いなく決めたという。同じプログラムを選んだ理由には強い想いがあり、音楽にも強いこだわりがあった。2年前に羽生選手自らが編集した音楽を再び使用する。選手が音楽を編集するのは異例のことで、曲冒頭には自らの息を録音し曲の冒頭に使用した。更にショートも2年前と同じ音楽を使用することを決断。ジャンプの難易度は上げているがショート・フリー共に以前と同じ曲で滑る選択は極めて異例である。これについて羽生選手を指導するオーサーコーチは私は正しい決断だと思っている、なぜなら五輪に相応しいからと話した。羽生選手は今回のプログラムの技術面について、前の構成より確実に数段上がっているので今の構成をしっかりやれば100%世界新記録を超せるというのが本音だとした。自らの世界最高得点を超えるジャンプ構成で、カギは4回転の数である。2年前のフリーで組み込んだ4回転は3つ、今年は4つで世界選手権では世界最高得点を更新した。今シーズンは得点が上がる演技後半でも4回転サルコーやトーループを加え計5回も入れる攻撃的な構成となる。フリーのジャンプ構成の基礎点を比べると世界最高得点を出した昨シーズンは87.53だったが、今シーズンは89.51と難易度を上げている。今日の練習でもオーサーコーチと共に4回転に磨きをかけていた。史上最高難度の4回転時代を迎えている男子フィギュア界で、羽生選手は平昌はソチよりもメダル争いが激しくなると見ている。代表に選ばれたら金メダルを狙うとした。

2017年8月5日放送 5:45 - 6:00 テレビ東京Eネ!(ジャパンオープン2017)
フィギュアスケートのシーズン開幕を彩るジャパンオープン。北アメリカ、ヨーロッパ、日本による3地域の団体戦で、各チーム男女2名ずつ(プロ・アマ混合)の計12名のフリースケーティングの合計得点で争う。これまでの優勝回数は日本は8回、ヨーロッパは2回、北アメリカは1回。12年目の今大会では日本の3連覇がかかっている。さらに今年は4年に一度のオリンピックイヤー。優勝争いだけでなく、平昌五輪のメダリスト候補のプログラムにも注目が集まる。ヨーロッパチームはエフゲーニャ・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ、ハビエル・フェルナンデス、トマシュ・ベルネルが、北アメリカチームはグレイシー・ゴールド、カレン・チェン、ネイサン・チェン、ジェレミー・アボットが、日本チームは三原舞依、本田真凜、宇野昌磨、織田信成が出場。

2017年8月4日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(スポーツニュース)
氷上の祭典「ザ・アイス」中でも優雅な舞でファンを魅了したのは浅田真央。現役引退後、地元での初滑りとなった今日。第一号となる愛知県県民栄誉賞を受賞した。多くの功績を残し競技生活を終えた今、26歳浅田真央の今後とは。

2017年8月1日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9ニュースこの1本
来年2月に迫ったピョンチャン五輪パラのスタジアムが公開された。期待されるのは日本選手の活躍だ。フィギュアスケートでは、連覇がかかる羽生結弦選手や、急速に力をつけている宇野昌磨選手が注目される。スキージャンプ女子では、前回メダルを逃した高梨沙羅選手をはじめとする選手たちに金メダルの期待がかかる。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.