[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍総理」 に関するテレビ情報

2017年1月10日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日
報道ステーション (ニュース)

トランプ次期大統領のツイッターが世界を翻弄している。広報担当によると、投稿はほぼ本人によるもの。記者会見を開かずツイッターで発信している。専門家は、トランプ氏は既存メディアを全く信じず、自分の情報をコントロールした結果、ツイッターの影響力が増したと分析。「ツイッターが生んで育てた大統領」と評した。後藤は、安倍総理はトランプ氏との首脳会談早期実現を模索しているが、トランプ政権の全貌はまだ見えてこないため、時間をかけて見極めたほうがいいなどと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月23日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
河野は「まさに2つのアメリカを見た思いがする」とコメント。岡本は「トランプ大統領を当選させたのは健全な市民だった」と述べたが、トランプ大統領が支持率の低さをさらに広げる可能性を指摘し、そうなるとアメリカはまずいことになると話した。日本や世界とアメリカとの関わり合いについては、猜疑心をぶつけても仕方ないので正面から向き合わなければいけないとし、国務長官や国防長官に立派な人が選ばれていることが救いだと述べた。また日本とアメリカは利益を共有していて、トランプ政権に日本への正しい認識を持ってもらうことが重要と話した。

2017年1月23日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
天皇陛下の退位などを検討する政府の有識者会議は退位を将来のすべての天皇を対象にする場合と、天皇陛下1代に限った場合のそれぞれについて、積極的意見と課題を併記した論点整理を取りまとめ公表した。論点整理では全ての天皇を対象に多くの課題をあげ、一代限りの退位が望ましい立場をにじませる内容となった。

2017年1月23日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
安倍総理は国会でトランプ大統領のTPP離脱に対し、腰を据えてTPPの戦略的意義について理解を求めていきたいと語った。トランプ大統領と絆を強化したい、とも。共謀罪について野党から批判がある中「国際犯罪を防止するのは必要不可欠だ」と語り、共謀罪の法案に強い意欲を見せ、五輪を開催できないと言っても過言ではないと安倍総理がコメント。
国会についてのトーク。審議予定の主な議案を司会者が紹介。出演者はテロ対策は必要だが、本当に必要なのであれば国民にテロ以外の罪状が降りかかってしまいかねない事が非常に危険だと離した。

2017年1月23日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ6:30 News
さきほど天皇の退位を巡る有識者会議は「論点整理」を安倍首相に公表した。論点整理には法整備の方法、つまり皇室典範改正か特例法のどちらが望ましいかは書き込まれなかった。しかしその内容を読み解くと、退位を実現する際に政府側が思い描く法整備の方向性が色濃く滲んでいた。「国民の理解が深まることを期待する」という表現から始まり、退位の是非について積極的に進めるべきとの意見と課題、つまり退位のメリットとデメリットが列挙されていた。将来の全ての天皇を対象とするか、今の天皇一代に限るか、焦点となる法整備の議論も整理されている。論点整理では将来的に全ての天皇を対象とする法整備には否定的な意見がはるかに多く記載されている形となった。

2017年1月23日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.きょうコレ
天皇退位で論点公表をし安倍首相に手渡した。報告書には今の天皇陛下に限ったものに関して1ページのまとめとなった。恒久的な制度とした場合時の政権による強制的な退位や天皇の恣意的な退位の控除は困難などが盛り込まれていた。全ての天皇を対象とする場合23の慎重な意見が挙がっていた。全ての天皇を対象にすると皇位継承者との年齢差、政治社会情勢国民の意識など天皇を取り巻く状況は変わりうるとしている。3月中をめどに一定の方向性をまとめ政府に提言するとしている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.