[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍首相」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

安倍首相はフランスでオランド大統領と会談。会談後共同記者発表を行い、原子力分野での協力をさらに推進していくことを確認。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月28日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
監察結果は、去年7月に日報の情報公開請求をした際に陸自司令部などが意図的に公表をしていないとしたと指摘したもので、肝心の廃棄したとされる日報が見つかった際に大臣本人は報告を受けたかというものについては関与があったかどうかの結論は出なかった。その上で稲田大臣は辞任を表明、最後まで隠ぺいはなかったと主張して防衛庁のトップ2人も辞任した。安倍首相は今回のことについて陳謝をし、岸田外相が内閣改造まで防衛省を兼務することを発表していた。

2017年7月28日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
首相官邸前から岩田さんは「稲田氏は辞任をかねてから総理に相談していたことについて民進党は、辞任の意思がかなり前にあったのにここまで遅れたのは総理の責任だとして、国会で日報問題に関する閉会中審査を開いて稲田氏と安倍首相の出席を求めている。これまで与野党は来週早々に閉会中審査を開く方向で調整していたが、自民党は稲田大臣の辞任を受けて内閣改造の後でもいいのではないかとされている。件の安倍内閣は国民の生命と安全な暮らしを守るための危機管理と最重要課題に掲げてきていたが、現在は厳しい状況下に置かれている」などと中継した。

2017年7月28日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルゴゴイチ番ニュース
稲田大臣の辞任理由は日報問題だった。特別防衛監察のアンケートは2000人以上、面談は100人以上に対し行われた。その調査結果により、2月13日陸自における日報の取扱について説明、2月15日陸自における日報の情報公開業務の流れ等について説明。陸自「日報データの存在」について何らかの発言があった可能性は否定できないとした。ただし、存在を示す書面を用いた報告がされた事実や、非公表の了承を求める報告がなされた事実はないとした。また稲田大臣から公表の是非に関する方針の決定や了承がなされた事実はないと発表。稲田大臣は会見で責任を痛感、防衛大臣としての職を辞することとしたとのべた。また報告をうけたという認識は今でもないとし、監査の結果は率直に受け入れますとのべた。桜林さんはこの事について、文書管理とPKO5原則の問題があるとのべこれを国会で論じるべきだなどとのべた。末延さんは実のある議論をやってもらいたいなどとのべた。色々な情報が出て来るのは陸上自衛隊からリークされたという話しもあるが、桜林さんはリークだとは思っていないなどとのべ、大臣を全力で支えようとしている姿を見てきたなどと持論をのべた。

2017年7月28日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング1週間の注目ニュース総ざらい
閉会中審査で、民進党・大串議員が安倍総理に対して、加計学園の獣医学部の申請をいつ知ったのかを聞いた所、1月20日と語った。しかし、以前、国会答弁で社民党の福島議員に対しては、「国家戦略特区に応募した時点でしていた」と返した。この矛盾を民進党・蓮舫議員が指摘した。また、今治市の職員と会合を行った柳瀬総理秘書官に対して、民進党・今井議員が質問したが、「会った記憶が無い」と返答した。また、加計ありきと語った前川事務次官に対して、自民党・青山議員は「彼の思い込みだった」と指摘した。

2017年7月28日放送 11:30 - 11:55 フジテレビFNNスピーク(ニュース)
稲田大臣辞任 舞台ウラは。自民党内にはもっと早く辞めさせるべきだったと安倍総理にこれまでにないほどの批判が集まっている。陸自日報データ保管を報告したとの内部文書が明らかになると状況は一変。与党内からも大臣を続けるだけで支持率が下がるなどの批判が強まったため更迭に繋がった。内閣改造まで岸田外相が兼務。内閣の一員として改めて心を引き締めて対応しなければならないと岸田外相。特別防衛観察の報告後、予定されていた閉会中審査の行方は不透明に。遅きにしした辞任だと。あんぽいいんかいには当然出席してもらうと。民進党は稲田大臣が辞任後も参考人としての国会説明要求するように求めているが与党内では辞任すれば国会で説明する必要はないと幕引きを図りたい思惑もみえる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.