TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍総理」 に関するテレビ情報

2017年4月20日放送 16:50 - 18:30 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

区割りにより安倍総理の解散戦略に影響はあるのか。藤川さんは周知や候補者の調整に時間がかかることなどから解散をしにくくなったと見られる。新しい区割りは公職選挙法の改定、1ヶ月の周知期間で早ければ今年の夏から適用される見通しで、一票の格差が是正され解散に向け環境が1つ整うことになる。候補者の調整は前回自民党が圧勝しており現職議員がぶつかるケースが多い。誰が小選挙区から比例代表に回るかなど調整は難航している。政権幹部は安倍総理の解散権は縛られないと強調した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月19日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(天気予報)
このあと、安倍総理はニューヨークで何を語る?

2017年9月19日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
国連でアフリカ各国との会議に出席した安倍首相、頭の中は解散で一杯なのか。永田町では解散風の勢いが強まるなか、安倍首相が名付けた仕事人内閣は発足からわずか2ヶ月で解散総選挙となる。解散の大義として消費増税分の使い道で財政健全化の予算を削り、教育の無償化と子育て支援の予算を拡充しようという。突然の方針転換に自民党からも疑問の声があがっている。これまで「消費増税分を社会保障や教育の無償化に充てるべき」と主張してきた民進党の前原代表は「まるでトンビが油揚げをかっさらうかのような考え方を臆面もなく選挙の争点にしていて、まさに争点消しをやろうとしている」と批判。小池百合子知事は、この北朝鮮情勢で向こうに妙なシグナルを送るのは、国家の危機管理の点で危ないと思うと話した。

2017年9月19日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
衆議院選挙は来月22日投票の日程で政府与党が最終調整に入った。各党の動きが活発化している。民進党前原代表は「疑惑隠しの解散と言わざるをえない」と話し、菅官房長官は「国会閉会中も予算委などやってきている。これからも必要であれば審議。そういう考え方はあたらない」と話した。自民党の役員連絡会で二階幹事長は昨日の安倍総理との会談で来週28日招集予定の臨時国会冒頭にも衆院解散するとの意向が伝えられたことを明らかにした。塩谷選対委員長が「選挙での勝利に向け態勢を構築していきたい」と述べ、岸田政調会長も公約作成など準備を急ぐ考えを示した。連立を組む公明党の山口代表も準備を急ぐ考えを示した。
一方民進党は常任幹事会を開いた。明日野党4党の幹事長らが会談し森友学園・加計学園めぐる問題を臨時国会で審議するよう求めていくことや今週中に国会議員・地方組織と議論し選挙公約の作成を急ぐことなどを確認した。先週離党届を提出した3人について、統制を削ぐ行為で罪は重いとして離党届を受理せず今日付けで除籍処分とすることを決めた。共産党小池書記局長は「冒頭解散は許されない。これほど露骨な党利党略はない」などと話した。衆院選挙に向けた民進党などとの候補者調整について、穀田国対委員長に選対委員長を兼務させ対応を急ぎたいという考えを示した。日本維新の会代表を務める大阪府松井知事は公明党が議席を持つ大阪府内の小選挙区には候補者を擁立しない考えを示した。細野元環境相は小池知事に近い若狭議員と共に来週までに新党を発足させたいとして詰めの作業を進めていることを明らかにした。憲法改正について、自衛隊は憲法解釈の中で既に合憲的存在として認められている。それより国と地方の関係や幼児教育の負担を軽減していくことなどの方が実のある議論ではと述べた。

2017年9月19日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタNトク!
スタジオトークが展開された。解散は水面下で準備が進められており、今月上旬に全国を対象とした情勢調査が極秘に行われ、その結果を踏まえて解散に踏み切ったとみられるという。なぜ今解散し、なぜ今国民に信を問う理由がどこにあるのか。この20年で7回の総選挙があったが、解散の目的が分かりやすかったのは郵政解散と政権選択解散だった。与良は「解散の大義は見つからない。政治の主役は我々有権者だと思う。今回の場合は明らかに世論調査で勝てそうだという以外に考えられない」などとコメントした。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.