[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍首相」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

天皇陛下の退位などを検討してきた有識者会議は、最終報告を取りまとめ安倍首相に提出した。最終報告では、国会の考え方に沿って政府が特例法の整備を進めることを前提に、退位の制度設計を検討した経緯を説明している。制度設計の検討にあたっては、退位の弊害として「退位した天皇と新天皇の間で象徴や権威の二重性が生じる」という問題が指摘されていることから、「弊害が生じないようにすることが求められる」とした上で、具体的な制度設計の内容を列挙している。
最終報告では、退位後の天皇陛下は上皇、皇后さまは上皇后として、継承は両陛下ともに今と同じ陛下とすることが適当としている。生活の予算は内廷費をあて、退位後を補佐する組織として宮内庁に新たに上皇職を設けるとしている。天皇陛下の退位後、皇位継承順位が第1位となる秋篠宮さまについては、あえて特別な称号を定めないものの、呼称に「皇嗣」を加えるとしている。報告の最後には、「天皇陛下の退位後、皇族数の減少への対策がいっそう先延ばしできない課題になってくる」と指摘している。
有識者会議のヒアリングに出席した京都大学の大石眞名誉教授は、「ひとつの方向として、評価できるところはある。天皇の高齢化を見据えた立法措置を考えるのが普通で常識的。そのたびごとの特例法というやり方は稚拙」などと話した。麗澤大学の八木秀次教授は、「退位の先例をつくることが皇位の安定性を大きく阻害することにつながらないかという懸念は、依然として払拭できていない。おことばによって事態が動き、天皇の政治的権能を否定している憲法との関係も、まだ十分詰められていない。将来問題にされる可能性がある」などと述べた。
前侍従次長の佐藤正宏さんは、「ご退位の具体的道筋が見えてきたことはひとまず安堵している。一方で、陛下のお気持ちは高齢化社会における象徴天皇のあり方について、問題提起されていると思う。今後とも議論を継続していくことが望ましい」などと話した。各種世論調査では、「退位を認めるべき」という意見が大勢のまま推移しており、国会でも「退位を特例法の制定で可能とすることが望ましい」という方向性が示された。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月29日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
北朝鮮が弾道ミサイル発射。400km飛行しEEZ内に落下した。北朝鮮のミサイル発射はこれで3週連続となる。黒井氏はそれほど脅威になるようなものではないと話した。EEZは、沿岸から200海里までの範囲。鉱物資源や水産資源の開発といった経済的な権利が及ぶ海域。安倍首相がG7で主導して北朝鮮制裁をするとしたからEEZに打ったのではないかという説について黒井氏はもしそうであれば報道機関を通じて報じるだろうと話した。

2017年5月29日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
今朝早く緊急の記者会見を開いた菅官房長官。日本政府によると、北朝鮮は午前5時40分頃に弾道ミサイル発射。新潟県・佐渡島から約500キロ、島根県隠岐諸島から約300キロの日本の排他的経済水域内に落下したと推定されている。ミサイルは軌道や高度からスカッド系の短距離ミサイルと見られる。 現在のところ船舶などへの被害は報告されていないという。北朝鮮は今月14日に新型の弾道ミサイル火星12型を。続く21日には北極星2型を相次いで発射。さらに昨日には、対空迎撃ミサイルの発射実験の成功を報じたばかりだった。この迎撃ミサイルは去年4月にも発射訓練を実施していたのだが、今回その性能について金正恩委員長は「去年の欠陥が克服されて命中率も高くなり合格だ」と称賛し量産とさらなる開発を指示。きのうイタリアで行われていたG7サミットから帰国した安倍首相。サミットでは北朝鮮に対する圧力強化で一致したばかりだった。来月1日にはアメリカが新たな空母「ミニッツ」を派遣することになっている。 毎週のようにミサイル発射を繰り返す北朝鮮。その狙い、今後の展開について迫る。

2017年5月29日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルゴゴイチ番ニュース
午前5時40分頃、北朝鮮から発射された弾道ミサイル。日本の排他的経済水域内に落下したと見られている。現在までのところ、日本の航空機や船舶からの被害情報はないという。今回発射されたのは日本海などを射程にした短距離弾道ミサイル「スカッド」。アメリカの原子力空母の朝鮮半島近海への展開に反発したものとみられている。

2017年5月27日放送 22:00 - 23:24 TBS新・情報7daysニュースキャスター7DAYS REPORTS
木曜、前川前事務次官が会見を行った。加計学園の獣医学部新設を巡り出回っている。安倍総理の働きかけを伺わせる文章について本物だと明言した。政府は存在を確認できなかったとしているが、見つけるつまりがあればすぐに見つかる。複雑な調査方法を用いる必要がないと話した。前川氏は去年6月事務次官に就任。しかし今年1月、天下りあっせん問題で引責辞任。前川氏の会見と並び目を引いたのは菅官房長官の異例の発言。会見当日の朝、前川氏を批判し、前川氏はそれに反論した。また、月曜日の新聞には前川氏が文科省に在職中、売春などの場になっている出会い系バーに頻繁に出入りしていたと報道した。これについて専門家は官邸が情報を流したのかなを話した。記事について前川氏は行ったことは事実。ある意味実地の視察調査だったと話した。しかしこれについて菅官房長官は常識的に行って教育行政の責任者が出入りすることは考えられないと話した。人格攻撃を続ける狙いについて専門家はあれは誰が見ても内部文章。それを逃げ切るだけでは難しい、官邸側としては人格攻撃で信頼性を低下させる以外に手がなかったのではと分析した。
スタジオではいつも淡々としてる官房長官が感情的なのを見ると国民は隠しているなと感じると思う。文科省の調査も不十分だし、本当だったら持ち帰って調査しますぐらいのことを礼儀上言うところなのになっていないところに怪しいなと思わざるとえない。また、今回の問題は首相の問題なので官邸に説明責任があると話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.