[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍首相」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

天皇陛下の退位などを検討してきた有識者会議は、最終報告を取りまとめ安倍首相に提出した。最終報告では、国会の考え方に沿って政府が特例法の整備を進めることを前提に、退位の制度設計を検討した経緯を説明している。制度設計の検討にあたっては、退位の弊害として「退位した天皇と新天皇の間で象徴や権威の二重性が生じる」という問題が指摘されていることから、「弊害が生じないようにすることが求められる」とした上で、具体的な制度設計の内容を列挙している。
最終報告では、退位後の天皇陛下は上皇、皇后さまは上皇后として、継承は両陛下ともに今と同じ陛下とすることが適当としている。生活の予算は内廷費をあて、退位後を補佐する組織として宮内庁に新たに上皇職を設けるとしている。天皇陛下の退位後、皇位継承順位が第1位となる秋篠宮さまについては、あえて特別な称号を定めないものの、呼称に「皇嗣」を加えるとしている。報告の最後には、「天皇陛下の退位後、皇族数の減少への対策がいっそう先延ばしできない課題になってくる」と指摘している。
有識者会議のヒアリングに出席した京都大学の大石眞名誉教授は、「ひとつの方向として、評価できるところはある。天皇の高齢化を見据えた立法措置を考えるのが普通で常識的。そのたびごとの特例法というやり方は稚拙」などと話した。麗澤大学の八木秀次教授は、「退位の先例をつくることが皇位の安定性を大きく阻害することにつながらないかという懸念は、依然として払拭できていない。おことばによって事態が動き、天皇の政治的権能を否定している憲法との関係も、まだ十分詰められていない。将来問題にされる可能性がある」などと述べた。
前侍従次長の佐藤正宏さんは、「ご退位の具体的道筋が見えてきたことはひとまず安堵している。一方で、陛下のお気持ちは高齢化社会における象徴天皇のあり方について、問題提起されていると思う。今後とも議論を継続していくことが望ましい」などと話した。各種世論調査では、「退位を認めるべき」という意見が大勢のまま推移しており、国会でも「退位を特例法の制定で可能とすることが望ましい」という方向性が示された。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月23日放送 22:00 - 23:15 フジテレビMr.サンデー(ニュース)
明日、安倍首相が出席する予算委員会の集中審議が行われる。加計学園に関連する追求が行われるなかで、新たな事実も浮上している。平成28年11月に山本幸三大臣が日本獣医師会を訪れたときの議事録が明らかになった。あすから2日間の集中審議は、安倍政権の行方をも左右すると言われている。

2017年7月23日放送 20:45 - 21:00 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
蓮舫代表は前川さんが行政が歪められたと話した瞬間に菅官房長官は個人攻撃をした。平等性がまったくない。安倍首相は責任果たすといったがそこで果たしたのか確認させてもらいたいと述べ、説明責任を追求していく考えを重ねて示した。またPKO部隊の日報問題に関連して、記録を勝手に無くしてはダメで、記憶を簡単に無くしてはダメだが、稲田防衛相は今度は「認識がない」と言っている。記憶、記録、認識がなければ何が残るのか。提案を持って問題を指摘し、改善する野党の役割を果たしていきたいと述べた。

2017年7月23日放送 18:00 - 18:05 NHK総合ニュース(ニュース)
安倍総理大臣は日本青年会議所の会合に出席し憲法改正をめぐって、秋の臨時国会に改正案を提出することを目指し、今後自民党内で議論が進展することに期待を示した。安倍総理大臣は憲法審査会では各党がただ単に反対ということではなく、自分たちはこう考えているという案を持ち寄って頂きたいなどと述べた。

2017年7月23日放送 18:00 - 18:55 日本テレビ真相報道バンキシャ!(ニュース)
稲田防衛相は1959年福井県に生まれ、京都の高校から早稲田大学に進学。大阪で弁護士として活動していた。2005年、当時幹事長代理だった安倍首相の誘いで政界入りを果たす。安倍首相は国家感の近い稲田防衛相を「次世代のリーダー」として育てようとしていた。わずか当選3回で初入閣後、党の政調会長を務め去年には防衛大臣に就任。異例のスピード出世となった稲田防衛相は網タイツ伊達メガネなど、そのファッションセンスも注目の対象だった。しかし、相次ぐ問題で窮地に立つ稲田大臣は親しい知人に「自由な発言もできないし好きな服も着られない」と漏 らしたという。番組が7月中に露出のあった稲田大臣の服装をまとめたところ、ピンクなど派手な洋服は0。知人に対し、服もメガネも一番地味なモノを選んでいると話したという。
複数の防衛省関係者によると、ことし2月陸上自衛隊のトップ・岡部陸幕長が日報が見つかったことを稲田大臣に報告。公表しない方針を伝えられたというが、稲田大臣は国会で「報告されなかった」と答弁した。なぜ今になって問題が表面化したのか。

2017年7月23日放送 17:30 - 18:00 フジテレビFNNみんなのニュース(ニュース)
国家戦略特区での獣医学部新設で、事業者が決まるおよそ2か月前に山本地方創生担当大臣が加計学園の名前を出していたとする議事録の存在が先日明らかになった。52年ぶりの獣医学部新設をめぐり、安倍政権を揺るがす加計学園問題。番組は、問題の原点となる獣医学部の現場を緊急取材した。大阪府立大学の獣医病理学の研究室では、水族館や動物園、動物病院などから年間およそ1000件の依頼を受けている。現在は1学年40人に対し教員43人となっているが、数年前に学生定員の増加を要請すると「総量規制」により却下されたという。また、教授は慢性的な教員不足が問題であると指摘。 加計学園に設立予定の獣医学部は1学年160人に対し教員72人を計画しており、全国の教員のおよそ1割分を確保することを意味している。来月にも文部科学省の審議会で、来年4月の開学を認めるか判断が下されるが、新学部のトップに就任予定の吉川泰弘氏は「審議会に72人の教員候補を提出したが今回の騒動で教員たちがちゃんと来てくれるだろうか」とコメントしている。明日からの集中審議には安倍総理のほか和泉首相補佐官や前川前事務次官らが一同に会する。加計学園をめぐる官邸側の関与や決定プロセスなど、双方の答弁に注目が集まる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.