[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍総理」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード (ニュース)

加計学園の獣医学部開設をめぐり、「総理のご意向」などが書かれた内閣府の文書について、松野文科相は存在確認できなかったとした。加計学園の加計孝太郎理事長は安倍総理の腹心の友とされる存在。文書が事実であれば、内閣府は「官邸最高レベル」と文科省へ対応を迫ったことになる。民進党の議員は今治市の学校建設予定地を訪問。文科省が調査したのは共有ファイルのみで、ヒアリングは幹部7人だけだった。義本博司総括審議官は個人のファイル確認の必要はないとした。義家文部科学副大臣は文書の中身について齟齬はないとしていた。北村直人元衆院議員は文科省の結論は不可解だと指摘。北村氏は文書は100%本物だと思うと主張。加計氏との会話で、交流のある政治家は安倍晋三さんと答えたとした。
京都市の京都産業大も獣医学部の新設に手を挙げた。京都産業大の提出した書類は20枚、加計学園は2枚で不備ありだった。参院農水委で、自由党の森ゆうこ参院議員は「MERS」の単語間違いを指摘。しかし、去年11月国家戦略特区諮問会議で、山本幸三規制改革相は獣医学部は基本的に広域的に足らないところを念頭に置くとした。これにより、京都産業大は大阪府立大学があるため、不利。さらに平成30年4月開設1校のみで断念。京都産業大は「平成30年開設は難しい、どこも無理だと思ったが、加計学園はよく手を挙げた」と指摘。山本幸三規制改革相は会見で、安倍総理からの指示は全くないと主張した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月18日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
今日、北朝鮮ミサイルに備え、中国・四国地方の202市町村などを対象に緊急情報の送受信訓が行われた。北朝鮮はミサイルの発射ルートとして3つの県を予告。自治体の職員は防災行政無線で自動的に音声が流れたか確認にあたった。Jアラートの緊急情報は専用の機器を通じて島の住民や山間の人達にも。一方、トラブルも相次いだ。島根・岡山県では県の防災メールで配信されたテスト電文が文字化けして読めなかった。鳥取県米子市では、防災行政無線の音声が流れないトラブルが起きた。高知市・高知県土佐町でも同様のトラブル。また高知県土佐町、徳島県那賀町では各家庭で情報受信する端末が作動しなかったという。Jアラートをめぐっては5年前北朝鮮が事実上の弾道ミサイル発射した際にもトラブルが起きていた。一方、日米の外務・防衛閣僚協議では各国と協力して北朝鮮に圧力をかけ続けることで一致。そして今日、安倍首相はダンフォード統合参謀本部長と会談し日米同盟の強化に積極的に取り組む考えを伝えた。そして、ダンフォード氏は自衛隊の統合幕僚長とも会談し、日本の弾道ミサイル防衛の能力向上に協力していく考えを示した。

2017年8月18日放送 18:00 - 18:10 NHK総合ニュース(ニュース)
安部総理大臣はきょう首相官邸で、アメリカの新しい駐日大使として昨日日本に着任したウィリアム・ハガティ氏と会談した。安倍総理は、「トランプ大統領が最も厚く信頼するハガティ大使が日本の大使に任命され、大変嬉しく思う。着任を心から歓迎する」とした上で、同盟強化へ緊密に連携していくことを確認した。

2017年8月18日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
中国四国でJアラートの訓練を行った。Jアラートは防災無線やラジオなどで自動的に流れる。北朝鮮がミサイルを発射した場合通る地域で行われ正常にJアラートがなるかを確かめた。愛媛の道後温泉ではJアラートが流れていたが街の人は内容的に聞こえなかったと話す。商店街ではわからなかったという。鳥取県米子市では防災無線が作動せず、岡山県ではメールが文字化けしていた。各地で警戒を強める中安倍首相はダンフォード統合参謀本部議長と会談し日米同盟の強さを再確認した。伊藤教授はグアムを狙うことは技術的に不可能だという。技術はまだ開発されていないという。狙いを定めるには着弾の実験をしないといけないという。

2017年8月18日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
米・ワシントンで行われた日米2+2が終了し、現場の中継映像が流れた。山下リポーターは「トランプ政権の求めは初めて2+2で確認を終えた。日本政府が気にしていた急な対話については確認できなかったことで、イージス・アショアの購入についてはトランプ政権においては武器輸出を経済としてプラスにしようという考えも持っており、日本政府にはイージス・アショアだけではなく、THAADも購入してほしい点も挙げられている」等と述べられた。また、アメリカの側近がトランプ大統領の政権についていっていない節もあり、バノン首席戦略官においては「北朝鮮問題に軍事的解決はない」等も述べられた。
国会記者会館の中継映像が流れ、藤川リポーターは「冒頭、安倍総理はこのタイミングでの来日を高く評価した」等と述べた。安倍総理大臣は総理官邸にて「北朝鮮情勢が緊張を高めている中において日米同盟の強さを示すことになった」と発言し、対してダンフォード統合参謀本部議長は「日米同盟は特に軍事面で強固なものだ。深化に貢献していきたい。拡大抑止を含めたコミットメントは揺るぎない」等と述べ、「核の傘」も含めたあらゆる能力で日本の防衛に関与する考えを強調した。また、安倍総理大臣は着任したばkりのハガティ米大使と会談を行い、緊密に連携し日米同盟の強化を確認した。

2017年8月18日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタNトク!
スタジオ解説。“ファイティング・ジョー”と呼ばれるジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長はアメリカ軍約130万人制服組のトップでトランプ大統領に直接意見を言える権限があり、オバマ前大統領が任命した人物。今月9日、北朝鮮がグアム周辺にミサイル発射作戦を検討したと発表があり、その後韓国・中国・日本で会談を行ったダンフォード氏。アメリカ統合参謀本部は軍事作戦の立案を行っていて、アジア各国に北朝鮮への包囲網を築きたいのではないかという。武貞秀士氏は北朝鮮に圧力をかけ努力していると3ヶ国に示しているなどとした。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.