[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍晋三総理」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月18日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
4日間の夏休みを終えた安倍首相は、ダンフォード統合参謀本部議長と日米同盟強化の方針を確認していた。北朝鮮のミサイルの飛行予告ルートとなっている島根県ではJアラートの情報伝達訓練を実施して、対象の全自治体が正常に受信したことを確認したが、島根と岡山県民向けの防災情報メールの文字が正しく表示されない不具合が発生していた。他にも鳥取などで訓練用の防災無線が流れず、流れても無線が聞き取れなかった住民がいたり、福祉施設を対象にしたミサイル対応マニュアルが未整備なこともあり、ミサイル対応の課題は山積みとなっている。

2017年8月18日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
火星12型を4発同時に発射することを発表した北朝鮮は、通過する場所として広島、島根、高知をあげた北朝鮮に対策を講じるためPAC3の配備がされる中での訓練が駐屯地で行われ、今日中国や四国地方の9県では北朝鮮のミサイル発射に備えたJアラートが鳴り、一斉訓練が行われた。しかし街の人々は防災無線が聞こえにくいと話しており、三次市では防災無線さえも流れず、島根県では防災メールが正しく表示されないトラブルがあった。3日前に発射に踏み切らないと発表した北朝鮮だが、未だに緊張状態は続いている。
アメリカのワシントンでは「2プラス2」が開催され、日米の防衛能力強化をすることなどで合意した。合意文書には「日本はアメリカの核の抑止力で守られている、さらなる協力を検討する」などとあり、安倍首相は先ほどダンフォード統合参謀本部議長と会談し、北朝鮮の対応について協議した。来週月曜からは米韓合同軍事演習が予定されているので、これからの北朝鮮の動きに注目が集まっている。

2017年8月16日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
安倍首相は今日から夏休みを迎える。当初は10日間程度を予定していたが北朝鮮のミサイル発射予告により短縮された。昨日は山梨県鳴沢村の知人の別荘で3時間超の夕食会が開かれ、森喜朗氏、麻生太郎副首相、茂木経済再生担当相、荻生田自民党幹事長代行らメンバーが集まった。世論調査で内閣支持率が下落する中、政治情勢や政権運営などについての意見を交換したと見られる。普段であれば気の置けない友人と娯楽を楽しむ安倍首相だが、支持率が低下しているのを真摯に受け止めて元首相などから意見を求めたのだろうと専門家は話す。派閥のバランスを考えてメンバーを選んだと見られ、またこれからは経済に力を入れようと考えているがゆえに経済再生担当相を招待しただろう。安倍首相としては額賀派を取り込んでおきたいとのこと。

2017年8月16日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!NNN NEWS ZIP!
72回目の終戦の日を迎えた昨日、全国戦没者追悼式が開かれた他、靖国神社にも多くの参拝者の姿があった。安倍総理大臣は今年も参拝を見送った他、その他の閣僚の参拝もなかった。終戦の日に閣僚が参拝しないのは第2次安倍政権が発足してから初めてのこと。総理自身は参拝を見送ったが、自民党の柴山総裁特別補佐が代理として参拝し、「自民党総裁 安倍晋三」と記帳し私費で玉串料を納めたという。安倍総理は2013年12月以降靖国神社への参拝を見送っている。これまで、閣僚在任中に4回終戦の日に参拝していた野田総務大臣は内閣支持率低下などを理由に見送った。一方、小泉進次郎筆頭副幹事長や超党派「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーが参拝している。

2017年8月16日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!情報まとめ
天皇陛下は戦没者追悼式にて3年連続で「深い反省」という表現を用いた。安倍首相は「どのような時代になっても不動の方針を貫いてまいります」と述べたが、アジアへの加害責任については5年連続で言及しなかった。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.