[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍晋三総理」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
トランプ大統領は初めてのG7サミット。内田氏は「何を言うかわからない」と指摘。トランプ大統領と今一番親密なのは安倍総理。また中村氏はロシアとの問題でトランプ大統領にしゃべると情報がもれると心配し、あまり他の国はしゃべらないのではないかと指摘。金慶珠は「ヨーロッパの首脳はトランプ大統領との距離感をはかっている。安倍総理だけが仲良くしている」とコメント。ドイツのメルケル首相は反ロシアとのこと。G7サミットは首脳が年一回話し合う国際会議。今回の開催場所はイタリアのタオルミーナ。ここはシチリア島東部に位置する高級リゾート地で、映画「ゴットファーザー」の舞台。町のシンボルは紀元前3世紀に建てられたギリシャ劇場。サミットの主な議題は北朝鮮への対応など。

2017年5月25日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
安倍総理大臣はG7サミットに向けて出発した。今回トランプ大統領やマクロン大統領などが初参加で、安倍首相は6回目の参加となる。北朝鮮の核・ミサイル開発問題やテロ対策・世界経済などを議論する予定で、北朝鮮の脅威に対する国際社会の連携の必要性や自由貿易の重要性を撃ったる。トランプ大統領と個別に会談する予定。

2017年5月25日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
安倍総理の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設問題。民進党は昨日、文科省ないのやりとりを記した新たな文書を公開した。民進党の桜井議員が入手したのは、去年11月8日、文科省内でやりとりされたとされるメールのコピー。そのメールでは、「現時点の構想では不十分だと考えている」などと書かれている。しかしこの翌日の11月9日、政府の国家戦略特区諮問会議は獣医学部の新設を認可決定していて、文科省が新設に直前まで反対していたことがわかる。こうした中、文科省の前川前事務次官は「総理の意向」とある文書は本物だと証言。この文書について菅官房長官は「信憑性がない」としている。一方民進党の安住代表代行は「当時の事務次官が本物といっているので、政府はウソをついたことになる」と述べた。

2017年5月25日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
東京オリンピック、パラリンピックの費用負担をめぐり、新たなバトルが勃発。丸川珠代五輪相の発言に3人の知事から反発の声が上がっている。昨日の丸川珠代五輪相の会見では、費用負担について、東京都と国、組織委員会が合意したと発言。さらに都外の自治体との調整もついたと述べていた。都以外の自治体にも400億円の負担を求める方針とのこと。関係者によると、オリンピックの開催費用は約1兆3900億円。そのうち、都と組織委員会が6000億円ずつ、国が1500億円を負担することで合意。残りの400億円を都以外の自治体が負担する案が示されているという。昨日フジテレビの番組にでた黒岩知事は「400億円というのは聞いたことが無い」と不快感を示した。
今回、主導した丸川氏が五輪相となったのは小池都知事が当選した直後。当時は3兆円ともいわれた費用をめぐり、小池都知事と森喜朗会長がバトルを繰り広げていた。その緩衝材として選ばれたのが丸川氏だった。丸川氏が存在感を見せたのは2週間前。千葉、埼玉、神奈川の知事3人が費用負担について安倍総理に直談判した。この場に同席した丸川氏は「東京都は開催都市としての自覚が欠けている」と批判。知事ら3人と小池包囲網をくんだ。そして2日後、小池都知事は自治体の仮設整備費500億円を都が原則全額負担することを発表。前回は都に厳しい態度をとった丸川大臣だが、今回は他の自治体に負担を求めた格好。そして昨日行われた知事会議では3人の知事らは硬い表情だった。3人の知事にとっては寝耳に水とのこと。来週水曜日には都、国、組織委員会、そして関係自治体の知事による会合が開かれる。ただ知事らはまだ正式には会合の話は聞いていないとのこと。このあと黒岩知事が生出演。

2017年5月25日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!600あさチャンNEWS
当時の”文科省トップ”がJNNの取材に対し、「”総理の意向”文書は本物」と語った。安倍総理の友人が理事長をつとめる加計学園の獣医学部新設をめぐるこの文書について、政府は信憑性はないとしている。文科省前事務次官の前川氏、今年1月まで事務方のトップを務めていた。文書は、愛媛県今治市の特区に、来年春に獣医学部を開学をすすめる内閣府と、文科省とのあいだでかわされたやりとりを文科省が文書にしたものとみられる。文書からは、内閣府が「総理のご意向」などの言葉で獣医学部新設を推進していたことがよみとれる。菅官房長官は「怪文書」としている。これに対し、前川氏は「私は現職のときに受け取ったものと同一のもの、怪文書でない」と語り、文書が本物と明言した。「総理のご意向」と聞かされた文科省側の配慮については、「なかったとはいえない」とした。一方、前川氏をめぐっては、読売新聞が22日に前川氏が
出会い系バーにかよっていたとの記事を掲載。前川氏は「店に入ったが違法行為はしていない」と話した。天下りの組織的斡旋と事実の隠蔽を理由に文科省を引責辞任した前川氏。今回の告白をした理由については、「政府の中での意思決定の過程を国民が知ることは民主主義の基本の基本」「決して内閣の転覆を考えてはいない」と述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.