TVでた蔵トップ >> キーワード

「安倍晋三総理大臣」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日
週刊ニュースリーダー (今週のニュース! 気になる人物 トップ10)

今週の気になる人物4位は安倍晋三総理大臣。加計学園が新設しようとしているのは獣医学部で建設予定の土地は約37億円相当の土地であるが今治市が無償提供。さらに約96億円の事業費を愛媛県と今治市が助成を決めている。水曜日に民進党は文科省が作成したとするメモの存在を明らかにした。メモには内閣府から伝達事項を記録しており、「総理のご意向だと聞いている」など記載。メモ通りであれば文部科学省が総理の意向を忖度して加計学園の計画を後押ししたことになる。メモについて松野博一文部科学大臣は「確認をさせていただきたい」などしっかり調査する旨を伝える。その一方で菅官房長官は「出処も明確になっていない」と民進党のメモは怪文書して切り捨てる。
しかし、朝日新聞が民進党と同じ内容のメモを掲載。記事には具体的な日時や出席者の名前などが記載されている新たな文書の存在を明らかにした。内閣府側は「総理のご意向と伝えた事実はない」と主張している。文部科学省は獣医師の増えすぎを抑えるため50年以上にわたり獣医学部の新設を認めていなかった。しかし、安倍総理が「鳥インフルエンザ」などを受けて「国家戦略特区」に含めるなど新設を決めた。そこで名乗りを上げたのが加計学園と京都産業大学。世界的有名な「鳥インフルエンザ研究センター」を持つ京都産業大学が優位と思われたが「新設できるのは周囲に獣医学部がない地域に限る」という条件が儲けられ、京都産業大学は脱落。加計学園はさらに加計孝太郎理事長の存在が新設へと追い風を受ける形なった。国会で政策が歪められてるのではなど追求されるも安倍総理は「加計学園の計画に関与していない」としている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月20日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
トランプ大統領が国連での演説で拉致問題の卑劣さを世界に訴えた。横田早紀江はトランプ大統領が拉致問題についてはっきり言ってくれたことは大きなチャンスになるとは思うが、相手国が相手国だからと語った。19日の一般討論演説でトランプ大統領は日本人拉致問題を盛り込み、13歳の少女を拉致したと述べた。これについて河野外相は日本が働きかけをしてきたことも功を奏していると思うと述べた。日本政府が拉致問題で働きかけをしたのは今年2月の日米首脳会談の場で、少女の話をずっとトランプ大統領にしてきたとのことで、国連総会で触れるよう日本政府が頼んだわけではない。また別の日本政府筋は、トランプ大統領はこの手の話に弱いとも話していた。一方で安倍首相は周辺に、トランプ大統領が拉致を言ってくれたのは良かった、これからだと話している。
1977年、当時13歳の横田めぐみは下校途中に北朝鮮工作員に拉致された。今月9日の横田夫妻へのインタビューで、早紀江はトランプ大統領について子どもを虐げているのは許さないと言っている人だと語り、ただ金正恩委員長へ説得が伝われば良いんですけどとした。早紀江はトランプ大統領が拉致について言及した瞬間をテレビで見ており、びっくりしたしありがたいと話した。一方でトランプ大統領は国連演説で「破壊する」と言った強い言葉で北朝鮮を牽制もし、会場からどよめきも上がった。

2017年9月20日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
豊田議員が今日衆院厚生労働委に出席。委員会中議員は飲水を繰り返した。一昨日の会見でも同じ行動を見せた。委員会終了後、記者の質問には答えなかった。

2017年9月20日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
須田さんの考える早期解散の理由その2は、小池新党の準備不足。読売新聞によると、新党の党名・綱領などを決める作業を急いでいて、新人の選挙資金・手足となって動く組織のあては見つかっていないという。須田さんは、「選挙というのは公示日から本格的にスタートするが、当選される方のだいたい6~7割は公示日でほぼ当選を決めている。そう考えると、準備不足はおろか、準備なんか何もやってないじゃないかということになる」と述べた。東国原さんは、「小池さんの名前を冠につけないと効力は下がる。党名は小池新党になるのでは。小池さんは選挙のためなら何でもやる」と話した。須田さんは、「過去に“山本太郎となかまたち”というのがあったから、ないわけじゃない。小池さんならありうる」と述べた。

2017年9月20日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
東京都議会で小池百合子都知事が所信表明を行った。安倍総理は来週月曜に衆院解散理由について記者会見を予定しているが、小池知事や野党から大義なき解散だと批判が集中している。動向が注目されるのは小池新党についてで、若狭議員、細野豪志議員が党設立に向け最終段階に入っているとのことで、来週前半にも結成することで合意している。小池知事は新党にどう関わるのか。若狭議員に単独取材した。若狭議員は10月の総選挙の想定はしており、そのために準備を進めており、立ち上げの時点では最低5人いれば結成となると話した。新党は若狭議員、細野議員に加え民進党の離党届を出した議員らが合流、参加議員は10人ほどになる見通しだと言う。
総選挙に擁立する候補者を塾生の中から出していくことは確かだと述べ、本人の能力などを見極めることを考えており、人数はこの場で言いづらいと話した。ラジオ番組では少なくとも数十人の候補者を擁立する考えを示した。考えられる策は都議選の大勝を受け、東京の選挙区に多くの候補者を立てること。しかし小池知事は選挙で前面に立つのか。小池知事は応援する、との言葉で新党支持を表明、若狭氏も小池知事とは二人三脚で戦っていく、色んな形で小池さんに支援してもらえるだろうと話した。若狭議員はまた、小池知事に総理大臣になってもらいたいと話したこともあると明かし、それに対して小池知事は明確な答えを返さなかったという。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.