[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「宮内庁」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

天皇陛下の退位などを検討してきた有識者会議は、最終報告を取りまとめ安倍首相に提出した。最終報告では、国会の考え方に沿って政府が特例法の整備を進めることを前提に、退位の制度設計を検討した経緯を説明している。制度設計の検討にあたっては、退位の弊害として「退位した天皇と新天皇の間で象徴や権威の二重性が生じる」という問題が指摘されていることから、「弊害が生じないようにすることが求められる」とした上で、具体的な制度設計の内容を列挙している。
最終報告では、退位後の天皇陛下は上皇、皇后さまは上皇后として、継承は両陛下ともに今と同じ陛下とすることが適当としている。生活の予算は内廷費をあて、退位後を補佐する組織として宮内庁に新たに上皇職を設けるとしている。天皇陛下の退位後、皇位継承順位が第1位となる秋篠宮さまについては、あえて特別な称号を定めないものの、呼称に「皇嗣」を加えるとしている。報告の最後には、「天皇陛下の退位後、皇族数の減少への対策がいっそう先延ばしできない課題になってくる」と指摘している。
有識者会議のヒアリングに出席した京都大学の大石眞名誉教授は、「ひとつの方向として、評価できるところはある。天皇の高齢化を見据えた立法措置を考えるのが普通で常識的。そのたびごとの特例法というやり方は稚拙」などと話した。麗澤大学の八木秀次教授は、「退位の先例をつくることが皇位の安定性を大きく阻害することにつながらないかという懸念は、依然として払拭できていない。おことばによって事態が動き、天皇の政治的権能を否定している憲法との関係も、まだ十分詰められていない。将来問題にされる可能性がある」などと述べた。
前侍従次長の佐藤正宏さんは、「ご退位の具体的道筋が見えてきたことはひとまず安堵している。一方で、陛下のお気持ちは高齢化社会における象徴天皇のあり方について、問題提起されていると思う。今後とも議論を継続していくことが望ましい」などと話した。各種世論調査では、「退位を認めるべき」という意見が大勢のまま推移しており、国会でも「退位を特例法の制定で可能とすることが望ましい」という方向性が示された。

URL: http://www.kunaicho.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 23:58 - 0:55 フジテレビユアタイムユアタイム NEWS
宮内庁によると佳子さまは大学の交換留学制度を利用して9月12日に日本を出発し、来年6月までイギリスのリース大学に短期留学される。リーズ大学は伝統ある国立大学で各国から多くの留学生を受けいれている。佳子さまは心理学研究を専攻していて、リーズ大学では芸術や心理学などを幅広く学び、学生寮で生活されるとのこと。

2017年7月21日放送 11:55 - 13:55 日本テレビヒルナンデス!(報道フロアニュース)
秋篠宮家の佳子さまは今年9月から1年間イギリスに短期留学することが正式に決定した。佳子さまは9月12日に日本を出発し、来年6月までイギリス中部にあるリーズ大学芸術・人文・文化学部へ留学される。学生寮に滞在し、来年夏頃帰国予定。佳子さまは舞台芸術や文化産業、心理学なども学ぶ予定。

2017年7月21日放送 11:30 - 11:55 フジテレビFNNスピーク(ニュース)
宮内庁によると、ICU国際基督教大学3年に在学中の佳子さまは、大学の交換留学制度を利用して9月12日に日本を出発し、来年6月まで英リーズ大学に短期留学するという。イギリス中部のウエストヨークシャー州にあるリーズ大学は伝統ある国立大学で、世界各国から多くの留学生を受け入れている。佳子さまはICUで心理学研究を先行していて、リーズ大学では芸術人文文化学部で、芸術や心理学など幅広く学び、学生寮で生活されるという。

2017年7月17日放送 6:00 - 7:00 テレビ東京皇室の窓(皇室の窓)
両陛下の私的旅行と地方公務の違いについて、皇室ジャーナリストの山下晋司さんは「来てください」と言われるか「こちらから行く」の違いだという。

2017年7月16日放送 5:45 - 6:00 フジテレビ皇室ご一家初夏の天皇ご一家
宮内庁は7月7日、天皇・皇后両陛下が九州北部豪雨で大きな被害が出ている福岡県・大分県の知事に対し、被害の御見舞と関係者へのねぎらいを伝えたと発表。被害の状況に配慮し、眞子さまと小室圭さんは7月8日に予定されていたご婚約内定の発表を延期した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.