[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「富士山」 に関するテレビ情報

2017年1月5日放送 19:00 - 21:54 TBS
プレバト!! 俳句の才能 昇段昇級査定SP

名人2段の藤本敏史は過去、プレバト史上最高傑作という一句を詠んだ。夏井先生によると魅力は誰にでも伝わる言葉選びだという。対する名人4段の梅沢富美男は豊富な俳句の型が魅力、丁寧に練習して自分のものにしている。この2人のうち、昇格は梅沢富美男、降格は藤本敏史。
降格した藤本敏史が詠んだ句は「空の旅 下に初富士 子がつまむ」。飛行機から富士山が見え、子どもがつまむ真似をしている情景を表した一句。夏井先生によると発想は良いが、語順が悪いという。添削後は「子がつまみ たるかに眼下なる 初富士」。
名人5段に昇格した梅沢富美男が詠んだ句は「御降りの 洗いて清し 富士青し」。御降りは正月三が日に降る雪や雨、縁起物とされる。雨が降ってくれたおかげで空が掃除され、富士山が綺麗に見えている一句。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月25日放送 10:25 - 11:20 フジテレビ国分太一のおさんぽジャパンおさんぽジャパン ベスト・オブ・1021
1021回の中から至極のおさんぽを振り返る。神奈川県・箱根町の芦ノ湖では富士山を眺める絶景に出会った。

2017年3月25日放送 7:30 - 8:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(エンディング)
山梨県・河口湖から見た富士山の景色を紹介。

2017年3月25日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデー新聞ぜーんぶ見てみよう!
桜の花見シーズンが始まり訪日外国人向けのお花見商戦が本格化。花見は日本旅行の主要コンテンツに成長していて各社とも需要の取り込みに力を入れている。グランドプリンスホテル高輪の一押し宿泊プランは「日本の春を楽しむステイ」。日本庭園を望む和室に宿泊し日中は着物姿で人力車に乗り桜を巡る日本文化を満喫できるプログラム。JTBでは富士山と花見を楽しめるツアーを今年から販売、また外国語ガイド付き夜桜クルーズツアーは前年の3倍近い予約人数。日本政府観光局によると花見シーズンの3、4月の訪日客去年は200万人を突破した。(産経新聞)

2017年3月25日放送 5:00 - 5:25 テレビ朝日渡辺篤史の建もの探訪(「夏涼しく冬暖かいRC造の家」神奈川県横浜市・佐伯邸)
佐伯邸の外観はコンクリート打ちっぱなしですっきりしたデザインで上の方にはパラソルが設置されている。表札は錆びる鉄板を使用し、駐車は並列2台まで停められる。
中へ入ると螺旋階段があり天井もコンクリート打ちっぱなしで、壁面は紙のクロスにご主人がペイントをしたデザインとなっている。玄関脇の収納スペースは渡辺篤史が感動するほど広くご主人がラックや棚を組み立てている。
階段の途中には温暖の空気を送るパイプがある。地下から1階へ行くとキッチンスペースと居間(31畳ワンルーム)が広がっていた。南北の細長い空間に床と天井の高低差を設け変化を与えていて南側には7畳のバルコニーが付いている。冬は日差しを届ける大開口、夏はバルコニーにロールタイプのタープをかけて日差しを遮っており室外で遮光した方が室内の遮光よりも室温が上がりにくい。
キッチンは既製品だと思い描くことができないためご主人が自分で施工をしたいとDIYしている。棚などは中のパーツも含めて図面におこし木工所で板を切り出してもらい自分で組み立てたと説明した。
3畳弱の小上がり和室から部屋を座って眺めた渡辺篤史は「落ち着きます」とコメントした。壁はこれから手を加えるということでベースの色が残されていた。見上げると橋もありグレーチングに強化ガラスを乗せていて、歩いても痛くならず光が入るよう設計されている。和室の戸を引くとパントリーが現れ勝手口からは北側道路へ直接出入りできる。
2階へ行くとベランダにパラソルが設置されているのがよく見える。子供部屋は色使いがよく将来は2分割できるようアシンメトリーに作られた。ドアのオレンジ色もご主人が塗っている。
橋を渡った先には奥行きのある洗面所とバスルームがある。バスルームからは空や観葉植物を眺めることができる。建物の空調の要となるサンルーム、冬はサンルームで温めた空気をダクトで下に送り吹き抜けを通じて循環することで家中を温める。夏は床下の冷気をサンルームまで持ち上げてから落とすことで家中を涼しくする。バルコニーからは富士山も臨める。

2017年3月24日放送 19:56 - 20:54 TBSぴったんこカン・カン佐藤浩市と行く 春の静岡・沼津の旅
安住アナら3人が訪れたのは三島市。冨士眞奈美は学生時代の通学路にあった鰻店に行きたいとしたが、見当たらなかった。学生時代、通学路で店から出てしまった不埒な鰻がおり、踏んづけて転んだ。それが鰻を嫌いになったきっかけで、そのお店を紹介したかったのだという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.