[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「富士山」 に関するテレビ情報

2017年1月5日放送 19:00 - 21:54 TBS
プレバト!! 俳句の才能 昇段昇級査定SP

名人2段の藤本敏史は過去、プレバト史上最高傑作という一句を詠んだ。夏井先生によると魅力は誰にでも伝わる言葉選びだという。対する名人4段の梅沢富美男は豊富な俳句の型が魅力、丁寧に練習して自分のものにしている。この2人のうち、昇格は梅沢富美男、降格は藤本敏史。
降格した藤本敏史が詠んだ句は「空の旅 下に初富士 子がつまむ」。飛行機から富士山が見え、子どもがつまむ真似をしている情景を表した一句。夏井先生によると発想は良いが、語順が悪いという。添削後は「子がつまみ たるかに眼下なる 初富士」。
名人5段に昇格した梅沢富美男が詠んだ句は「御降りの 洗いて清し 富士青し」。御降りは正月三が日に降る雪や雨、縁起物とされる。雨が降ってくれたおかげで空が掃除され、富士山が綺麗に見えている一句。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月24日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクア朝刊イッキみせ
富士山の入山料について、静岡県と山梨県は目標7割をかかげ支払いの協力を呼びかけているが、支払った登山者の割合は去年は6割にとどまっている。両県は入山料を集める時間を午後9時までに延長、団体客は予めツアー料金に含めて集めるなどで取りこぼし防止に乗り出す。(毎日新聞)

2017年4月24日放送 2:35 - 3:05 テレビ東京一夜づけ(サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント)
サイバーエージェント レディスゴルフトーナメントは去年から静岡県三島市のグランフィールズカントリークラブで開催されている。植草アナによればグランフィールズカントリークラブはラグジュアリーで高級感あふれる宮殿のような雰囲気が魅力の会員制クラブで、コースからは富士山や駿河湾も一望できる。アマチュアゴルファーなら一度は憧れるコースだが、距離が長く立地が難しいのも特徴。その分名勝負も生まれやすいという。

2017年4月23日放送 19:00 - 20:54 フジテレビフルタチさんちょっぴり天然な女子アナウンサー集結!
歴代フジテレビアナウンサーの伝説の言い間違い映像を紹介。八木亜希子アナは「めざましテレビ」で全然違う山に「富士山」とコメントしたり、大塚範一を「おじさん」と呼んだりした。

2017年4月23日放送 3:12 - 4:10 NHK総合北アルプス北アルプスの四季
奥穂高岳など北アルプスに残る雪の様子。

2017年4月22日放送 23:25 - 23:55 NHK総合ふらっとあの街 10キロラン(ふらっとあの街 10キロラン 鎌倉編)
つるの剛士は、自分のスマートフォンを腕につけて、地図を見ながら走っていくという。現在地や周辺のスポットは地図を見ながらその場で確認する。つるの剛士は地震が住んでいる隣の藤沢とは日の当たり方が違うなど言いながら走っていく。つるのはロケに行くと、結構ジョギングセットを持っていって、その街を走ることがあるという。昔からあるという八百屋を発見し、オススメの場所を聞くと、普段はしらすで有名だが、今は取っちゃいけないので今はワカメなどと教えてもらった。
つるのは、走り始めて1.5kmで海に到着。伊豆大島もバッチリ見えていて、幸先がいいなどと話すつるのは、ここからは浜辺をランニング。前からジョギングをする人に遭遇し、話を聞くと毎朝ランニングをしているといい、何度も来るうちに鎌倉に住みたくなったといい、全てが揃っているので移り住んできたという。つるのは朝から爽やかに走っているので人柄も爽やかだ、などと言いながら更に走り進める。
走り始めて約3kmで、さっき話に聞いたワカメを発見。養殖のワカメだという。ワカメを食べさせてもらったつるのは、シャキシャキした感じが美味しいとコメント。漁師の三留定男さんは、この辺は何十年も前からやっていると教えてくれた。肉厚で磯の香りが強いというこのワカメは贈答用の高級品になる予定だという。オススメの場所を聞くと、稲村ヶ崎の切り通しで富士山がきれいに見えると教えてもらった。
走り始めて約3.4km、ここからは国道134号線沿いを走って富士山が見えると教わった稲村ヶ崎に向かう。走り始めて4.6kmで江の島と富士山が見える絶景スポットに到着した。再び走り始めたつるのは住宅地に入りこみ、干物カフェを発見。お客さんが連れている赤ちゃんを抱っこさせてもらい入店し、アジの干物定食を頂いた。つるのは、やばいよと言いながら満足そうな表情を浮かべる。在来線で名古屋から来たという他の客は、「海風に当って健康になった気持ちになる」などと話した。
スタート地点からここまでは約4.9kmの道のりだった。ここからはゴールの建長寺を目指して一気に北に向かう。つるのはせっかくだから脇に入ろうと言いながら、面白そうな路地を発見し入っていく。抜けていくと、さっき走った国道134号線に出てしまい、進んでない感じがありテンションが下がるので別な道へ。途中で足袋スニーカーの専門店を発見し入店。ランニングにも向いているということで、試着してみる。オーナーは「もともと僕自身が人力車を引っ張っていたので」と話す。そしてここからつるのは足袋で走ってみることに。そして道を聞くと、ここから建長寺まで抜けられるハイキングコースがあることを知り、その道を進むことにしたつるの。
走り始めて約8km。つるのは、足袋が調子がいいのでせっかくだから山道に行ってみたい、などと言いながら走り、脇道に入る。佐助稲荷神社を発見し、向かうがかなり急な坂になってきた。道を間違えつつも佐助稲荷神社に到着。頼朝にちなんで出世運アップのご利益があるらしいが、つるのは無事のゴールをお祈りした。そして山道を走り、山を降り、ゴールの建長寺に到着した。建長寺僧侶の浅井正悟さんは、建長寺について1253年に創建されたなどと説明。本格的に禅を導入した日本で初めてお寺だという。鎌倉時代、1000人を超える僧侶がここで禅の教えを学んでいたという。裏山にある知る人ぞ知る名所、勝上献展望台からは走ってきた道のりが一望できた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.