[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「富士山」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

雄大な富士の姿を間近に臨む静岡市清水港。明治時代に開かれて以来、今は年間8000隻が行き交う国際貿易港だ。この日はオーストラリアからの豪華客船の入港日。豪華客船から最初に降りてきたのは日本人の男性。この男性は中村政一さん、港に出入りする船をサポートする水先人をしている。大型船は小回りがきかないため、入港するとタグボートに補助されて進む。港の状況をよく知る地元の水先人がこのタグボートに指示を出し安全に着岸させる。21歳から、外国航路の航海士や船長として7つの海を股にかけてきたという中村さん、その豊かな経験を買われ57歳で水先人に転身した。港には24時間船が出入りする。中村さんは多いときで1日4隻の船を導くという。清水に馴染みの薄い外国の船長にもひと目で分かるよう、海図に色を塗り船の到着を待つ。次々に入る入港の知らせ。外国の船員に失礼がないよう、中村さんはまず身だしなみを整える。港から4キロ、中村さんを待っていたのは全長200メートルほどのコンテナ船。ボートを寄せて中村さんはコンテナ船へと乗り移った。中村さんが真っ先に向かったのはフィリピン人の船長のもと。船長の隣に立ち、早速タグボートに指示を出す。長い航海を乗り越えてきた外国の船長にとっても、緊張が一気に高まるという着岸の瞬間。中村さんは水先人としてその責任を一手に引き受ける。入港から1時間、着岸を無事成功させた。中村さんは「この人生の最後の仕事になるのは間違いないですね、悔い無しです」と語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト特集
日本を訪れる外国人観光客が増えている。訪日外国人数はここ5年で3倍近くに増え、去年2400万人を超えたが、2020年には4000万人という目標を掲げている。その急増ぶりに”観光公害”と呼ばれる弊害も起きているという。山梨県忍野村にある、2013年に世界遺産に登録された「富士山」の一部で8つの池で構成されている忍野八海は、富士山に降った雨などが濾過され湧き出た天然の泉。近年観光客が増加し、年間11万人訪れるうちの9割近くが外国人だという。この外国人客の増加によって池に1円などの硬貨が投げ入れられていて、中国などでは池に硬貨を投げ祈る風習があるという。硬貨の投げ入れは文化財保護法違反となり、景観を損ねるため世界遺産登録抹消も危ぶまれている。数年前からダイバーが2か月に1回潜り硬貨を回収していて、毎回2万円以上になるという。池のそばに看板を設置し注意喚起しているが効果はみられない。

2017年7月21日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
夏休みの目的地の一つである世界遺産の富士山だが、夏には登山道いっぱいの登山客で大混雑することが恒例となっている。そんな登山者に欠かせないものが、案内板で登山者が迷わないよう至る箇所に設置されている。しかし、登山道を示す正しい目印は看板が作られているが、頂上とは反対に導くような約2m間隔の白いニセの矢印が落書きされていた。この矢印は静岡県側から登る須走ルートにあり、先月標高3200m付近にあり約300mの範囲で42ヵ所にわたり落書きされていた。間違って進むと足場が整備されていない急斜面や岩場に出て、滑落など大事故つながるおそれがある。更に、矢印どおりに行くと別ルートである吉田口の下山道にぶつかる。静岡県から上ったはずが、山梨県に繋がってしまう。世界遺産への落書きは自然公園法や文化財保護法に抵触する可能性がある。現在登山道入口での注意喚起や、進入禁止のロープをはって対策をとっており、先週あたりに登山者が迷い込む事例があった。なぜ早く落書きを消さないかについては、担当者によると関係機関が多く絡んでおり調整が必要であるためであるという。富士山の土地を管理しているのは林野庁で、自然公園の管理は環境省、世界遺産の管理は文化庁となっている。週明けにも関係機関で対応を協議予定だという。

2017年7月21日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(エンディング)
「Nスタ」の番組宣伝。「稲田防衛相“辞任の意向なし”」「トランプ大統領がまた湿原?安倍首相夫人は...」「富士山登山に悪質な落書き」など。

2017年7月21日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルゴゴイチ番ニュース
大臣就任以来、様々なトラブルで世の注目を集めてきた稲田大臣には支えてきた母の「運がいい子」という言葉があったという。自民党から立候補するよう誘ってくれたのは当時の安倍晋三幹事長代行だった。2012年に安倍氏が総理の座に返り咲くとわずか当選3回の稲田氏は大臣や党三役を歴任。安倍総理が稲田氏を高く評価していたからこその抜擢。まさに幸運の連続ともいえる。この頃から稲田氏は異彩を放ち出す。地元・福井の産物を身につけることで広告塔となり福井県をアピール。しかし、防衛大臣就任後は笑顔はすっかり陰をひそめた。地元・福井を緊急取材。街の人からは「あんなのテレビで見たくない。はやく謝罪して辞めたらいいんじゃないですか」などの声が。果たして稲田大臣はこの難局を乗り切ることができるのか?

2017年7月21日放送 8:15 - 9:55 NHK総合あさイチピカピカ☆日本
今日のピカピカは、三島馬鈴薯。育てられているのは、標高220mの箱根西麓。収穫方法も女王のような扱いで、収穫は手掘りで、肌に付いた土を取る。およそ2週間眠らせて風乾させる。みしまコロッケの会の人達は、地元のうなぎコロッケなどを紹介。三島市役所では、みしまコロッケを上げるためのフライヤーを貸し出している。最近では海外でも販売しているという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.