[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「富士川」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 20:00 - 20:43 NHK総合
歴史秘話ヒストリア 今夜は名所秘話! 〜伊勢 鎌倉 富士山 知られざるドラマ〜

葛飾北斎が富嶽三十六景を描いたのは70歳を過ぎた頃だ。葛飾北斎は気難しい性格で娘と貧乏暮らしをしていた。そんな時に西村屋与八から富士山を描いてみないかという話があり、葛飾北斎もその気になっていたので富嶽三十六景を書くことになったと伝えた。そこで葛飾北斎は富士山を描く旅をしていった。そこで赤富士が描かれた場所はどこなのかと伝えられた。久保覚さんは凱風快晴が書かれたのは富士川の沖ではないかと語った。そこで実際に北斎の絵と同じように見えるのか伝えられた。富嶽三十六景は人気になり飛ぶように売れた。他にも富嶽百景を出したと伝えた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月16日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(関東甲信越のニュース)
江戸時代の中頃に始まったとされる「南部の火祭り」は「盆の送り火」と「水難事故供養」の儀式として山梨県・南部町で受け継がれてきた。会場となった富士川の河川敷にはなくなった人を供養する卒塔婆を積み上げた巨大な松明が用意され、僧侶たちの読経が響く中、次々と火が付けられた。川の両岸およそ2kmに渡って108の松明に火が灯されると燃え上がった炎で富士川が赤く染まった。松明の炎は人間がもつ108の煩悩を焼き尽くすとされていて会場では雨の中大勢の人たちが川が炎で赤く染まる幻想的な風景を見守った。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.