TVでた蔵トップ >> キーワード

「小池百合子都知事」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日
週刊ニュースリーダー (今週のニュース! 気になる人物 トップ10)

第10位は東京都 小池百合子都知事。おととい築地市場で行われた「豊洲新市場移転に伴う専門家会議」では傍聴していた業者の一部が平田健生座長らの会議の進め方に反発し怒号が飛び交う事態となった。会議では4月の地下水モニタリング調査の結果を公表したが、30か所中26か所で国の環境基準の最大で100倍を超える有害物質が検出されたと判明。それを聞いた業者から怒りの声があがり紛糾した結果、新たな汚染対策の説明前に休会となった。会議が打ち切りになった事に対し小池知事は都庁で行なった会見で、改めて会議を開きたいと話した。また記者から「決められない都知事だという指摘がされているが」と尋ねられると、こんなに決めてきた知事はいないのではないかと答えた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月20日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
安倍総理は衆議院の解散については帰国後に考えたいと話した。解散総選挙は何を目的に行うのかという疑問も出ている。解散を決断した大義とは何なのか。小池新党は「若狭氏が想定してやってきている」と結成に対し加速。新党を連携を続けたいとする動きも。豊田議員はおとといの会見で今後も議員を続けたいとし、本日三ヶ月ぶりの国会に出席した。先月、安倍首相は新内閣のことを「仕事人内閣」と話していた。2か月ほどでの解散に小池書記局長は「仕事しないかく」と揶揄。揶揄された新内閣メンバーは仮定のため回答できずとした。与党幹部によると、安倍総理は25日に会見を行い臨時国会冒頭の解散を正式表明する見通しだという。浮上したのは消費税の使い道の変更。再来年10月には10%に引き上げるとしていた消費税は、増税分5兆円の8割を国の借金返済へ、2割を社会保証の充実に利用される予定だった。自民党は社会保障の割合を増やし、子育て支援や教育無償化などの財源に充てることを検討しているという。小池氏はこれに対し北朝鮮に変なシグナルを送ることになるのではと懸念を示した。この政策は前原誠司氏の政策に酷似しており、前原氏は争点消しをしようとしていると非難。柿沢氏はツイッターで「パクリノミクス」と揶揄。自民党の二階幹事長は、重要な視点を突いていると擁護。一方小池新党は結成に向け加速。細野元環境相は月内に新党立ち上げまで持っていけそうとコメントし、若狭勝衆院議員と共に来週前半にも新党結成を目指しているという。おととい新党結成に向け、細野氏は支援者に説明を行った。支援者からは、政党助成金がないことが心配、新党の名前は決まったのかなどの質問。細野氏は、あるものでやるしかない、名前は良いものがあれば募集していると回答。昨日共同通信は、若狭市が新党候補者を東京25の小選挙区すべてに擁立する方向で調整に入ったと報道。
新党に関し東京の全選挙区での擁立との考えが報道されたことに対し細野氏は、若狭さんの間ではその話は全くしていないと話した。候補者として準備の整った方にどういった可能性があるかについて個別検討はしているが、全体方針を立てているわけではないと話した。党名に関しての議論はしていないとも。「日本ファースト」も党名とは違うとし、全く違った名前になると述べた。新党について小池都知事は、解散総選挙が具体的になっているため新党結成も進めていく、若狭氏は「準備は想定し色々やってきた」と話していたとコメント。新党と連携を目指す名古屋市の河村市長は、衆院選挙に立候補する方向で調整を進めている。自民党幹部はこうした動きに対し、自民党に反発する有権者の受け皿になる可能性があると警戒感を示した。各党は解散宣言により選挙モードへと突入。安倍総理は明後日NYから帰国する。

2017年9月20日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
東京都議会で小池百合子都知事が所信表明を行った。安倍総理は来週月曜に衆院解散理由について記者会見を予定しているが、小池知事や野党から大義なき解散だと批判が集中している。動向が注目されるのは小池新党についてで、若狭議員、細野豪志議員が党設立に向け最終段階に入っているとのことで、来週前半にも結成することで合意している。小池知事は新党にどう関わるのか。若狭議員に単独取材した。若狭議員は10月の総選挙の想定はしており、そのために準備を進めており、立ち上げの時点では最低5人いれば結成となると話した。新党は若狭議員、細野議員に加え民進党の離党届を出した議員らが合流、参加議員は10人ほどになる見通しだと言う。
総選挙に擁立する候補者を塾生の中から出していくことは確かだと述べ、本人の能力などを見極めることを考えており、人数はこの場で言いづらいと話した。ラジオ番組では少なくとも数十人の候補者を擁立する考えを示した。考えられる策は都議選の大勝を受け、東京の選挙区に多くの候補者を立てること。しかし小池知事は選挙で前面に立つのか。小池知事は応援する、との言葉で新党支持を表明、若狭氏も小池知事とは二人三脚で戦っていく、色んな形で小池さんに支援してもらえるだろうと話した。若狭議員はまた、小池知事に総理大臣になってもらいたいと話したこともあると明かし、それに対して小池知事は明確な答えを返さなかったという。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.