[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「小泉元総理」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 2:54 - 3:30 TBS
時事放談 (ゲスト:増田寛也、片山善博)

スタジオでは「原発ゼロ」を訴える小泉元総理はについて話題になった。そこで原発についてのアンケートデータが紹介された。「原発をどうするか」ということについては「徐々に減らし将来廃止」という意見が一番多かった。「原発の運転再開」については「反対」という意見が一番の多かった。片山善博は小泉元総理の意見に賛同すると語った。増田寛也は直ちに廃止にするのは料金面で不安だが、エネルギー政策は転換していく必要があると語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月29日放送 1:25 - 4:25 テレビ朝日朝まで生テレビ!(朝まで生テレビ!)
田原総一朗は昨秋に安倍総理と会談したと明かした。田原は自民党は衆参で過半数を取ったので憲法改正ですねとし、安倍総理は憲法改正する必要なくなったとし、集団的自衛権行使を決めるまで、アメリカはうるさかったが、決めたら何も言わなくなった。田原はこれまでの安保は日本に都合がよかったが、それは冷戦だったためだとした。安倍総理はアメリカと話し合いができるようになったとした。井上達夫はアメリカの方が利益を得ていると主張。田原は吉田内閣でサンフランシスコ講和条約で、日米安保を作った。吉田は日米安保について、占領の延長であることで反対した。ダレスは昭和天皇に吉田の説得を頼み、吉田はやむなく行った。鳩山内閣は安保条約を対等にしてほしいと頼んだ。岸信介は憲法改正し、対等にしなければいけないと感じた。基地反対運動があり、ジラード事件が起こり、反米が高まった。マッカーサーの甥が大使で、新たな安保条約を提案をした。岸は憲法改正をしようと思ったが、条件がよかったので受けた。
田原総一朗は宮沢喜一が「日本は自分の体に合った服を作るのは下手だが、押し付けられた服に合わせるのは上手い」と言ったと話した。井上達夫は憲法9条を利用してきたことは個別的自衛権の拒否は政治的交渉力成長を阻んだとした。井上はアメリカにとって有利だとした。佐藤栄作がベトナム戦争に派遣を要請されたが、憲法で拒否したとした。三浦瑠麗は日本はアメリカの下にいたが要求を通したが、冷戦が終わり、集団的自衛権で要求は下がったというが、日本は自立したい派は巻き込まれの危険を感じる、政権は見捨てられの懸念を強く感じると指摘。
田原総一朗は小泉純一郎はイラク戦の時に賛成したため、ブッシュは喜んだ。小泉は憲法でイラクに行けないので、水汲みに行くしかないとしたと話した。片山さつきは憲法には自衛隊もない、憲法改正していない国もほとんどない中、位置づけの議論はすべきだとした。森本敏は安倍総理は集団的自衛権が行使できるようになったことで、憲法改正する必要ないというのは、自衛力を入れないと足らないとした。田原は安倍総理は憲法9条3項で自衛隊を認めるとすると話した。

2017年4月23日放送 18:00 - 18:55 日本テレビ真相報道バンキシャ!(ニュース)
北朝鮮平壌で取材。日本の取材陣にだけ特別に設けられたツアーには宋日昊大使が登場。宋日昊大使は故金正日総書記時代から20年以上拉致問題など日本との交渉役を担当してきた人物だが「(拉致問題の)特別調査委員会については誰も関心をもっていません」と話したが、残留日本人問題については前向きな姿勢を示した。記者たちは残留日本人の荒井琉璃子さんとの面会の機会を与えられた。荒井さんは「両親のお墓に訪ねたいと思います」と語った。朝鮮半島から引き揚げた谷口マキ子さんは「(お互いに)お墓参りに行けるような状態を作っていただきたい」と語った。朝鮮半島情勢に詳しい李教授は日本に対するアプローチだと語った。北朝鮮には日本を通してアメリカと交渉する思惑があるのだという。ブッシュ元大統領が北朝鮮などを悪の枢軸と発言した2002年には、金正日総書記が小泉元首相と首脳会談を行い、拉致問題の解決などを盛り込んだ「日朝平壌宣言」を調印した。

2017年4月23日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンサンジャポ的ワイドショー講習
安倍首相と小池都知事が赤坂の料亭「津やま」で偶然会っていたとのこと。その場所には小泉純一郎元首相の姿も。その場所では二階幹事長ら小泉元首相のOB会が行われていたとのこと。そこに別の会合に参加していた安倍総理が飛び入りで参加したという。小池都知事は米紙タイムの世界で最も影響力のある100人に日本人で唯一選ばれた。

2017年4月22日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(特集)
去年全国で約2万9000件の中小企業が休廃業した。東京大田区では廃業を避けるための取り組みが実を結び始めている。大田区といえばロケットの部品から鉄道・医療機器など高い技術を持った工場が多く集まっていることで有名。従業員が3人以下の規模の小さい工場にも大田の工匠と呼ばれる腕利きの職人がたくさんいるが、その匠たちの工場も廃業するところが増えている。半世紀にわたり精密機械加工の名人と呼ばれた山崎さんも4年前に廃業した。後継者がいなかったことが廃業の理由。長男はアメリカで美容室を経営しており工場を継げなかった。後継者がいないことから黒字経営でも廃業する町工場が多い。ピーク時9100以上あった町工場は4割以下に減少。

2017年4月21日放送 23:58 - 0:55 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜ユアタイム NEWS
日本郵便はおととし約6200億円で豪州の物流大手「トール・ホールディングス」を買収した。ただトール・ホールディングスの業績が低迷して、それに伴い日本郵政は2017年3月期決算で巨額損失の計上を検討していることがわかった。損失額は数千億円になる可能性があると報じた。海外事業の強化失敗では東芝がウエスチングハウスに関連して巨額損失を計上したばかりだ。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.