[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「小腸がん」 に関するテレビ情報

2017年6月19日放送 20:00 - 21:54 テレビ東京
主治医が見つかる診療所 がんからあなたと家族を守る 知っておくべき重大ポイント

ゆーとぴあホープが余命半年と言われたがん体験を告白。現在はがんに感謝しているというホープがなぜそう考えているのか、体験して分かったがんとの向き合い方とは。初めてのがんは大腸がん。ホープはがんが見つかるまで豪快で無茶な生活を送っていた。発見のきっかけは医師の友人に検査を勧められたこと。大腸検査でがんの疑いがある腫瘍が見つかり切除。一部にがん細胞が見つかった。他の臓器に転移はなかった。しかし心身ともに疲弊し一方的に解散を告げたという。その後も舞台に立ち続けたが再び異変が。
2度目のがんは肺がん。たんに血がまじり病院へ。検査でがんが発覚、余命半年と告げられた。肺がんで亡くなった妹と師匠のレオナルド熊を思い出し治療に挑む決意をした。そのがんのおかげで人のやさしさに気づき、他の患者から生きる力をもらったホープは手術に成功し奇跡的に命をとりとめた。その5か月後に胃がんと小腸がんが発覚した。
検査で胃と小腸に新たながんができていることが判明。前回以上の大手術の直前に人生最後の舞台になるかもしれないと番組に出演した。そして手術。直前の実際の映像を公開。手術は無事に成功、約5か月後にお笑いの舞台に復活した。ホープが伝えたいことはがんに感謝していること。現在ホープは自らのがんをネタにし理解を深めようと活動している。


refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.