[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「小金井市(東京)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 2:30 - 2:55 NHK総合
所さん!大変ですよ あの“恐怖の鬼”が消えた!? in秋田

東京・小金井市の寺では除夜の鐘を辞めてしまった。その理由は、寺の工事の際に鐘の場所を住宅に近い所に移した結果、付近の住人から苦情が来たからだという。工事の後、あまりに住宅に近い場所に出来た鐘に付近の住民は懸念を抱いていた。そしてある日、夜中に住職が不在の時に、何者かが勝手に鐘を鳴らした結果、その音に驚いた住民が皆、家から飛び出した。結果、住民は「鐘をつかないでほしい」と寺に申し入れた。裁判所でも調停の結果、鐘を鳴らす場合は防音パネルを設置することで住民は合意した。
調べてみると、除夜の鐘対する批判が各地で寄せられていることが分かった。結果として富山・高岡市の鐘メーカーには、最近は「あまり鳴らないで欲しい」という依頼が舞い込むようになったという。これまで依頼は全て断ってきたというが、それでも静かな鐘を求める鐘の気持ちも分かるという。
静岡県牧之原市の寺では、かつては苦情により一旦は除夜の鐘を取りやめたが、1年前の大晦日に昼間に鐘を108回突いた所、苦情は皆無であり、今年は大勢の住民が「除夕の鐘」を突きに来ていた。住職は「もちろん苦肉の策。でもお寺の方も変化しないと」と語った。除夜の鐘の変更・中止をしたケースは去年だけで15か所以上存在したことが取材で判明した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月15日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜JNN NEWS
「SNS狩り」と称し、出会い系アプリで誘い出した男性を恐喝したとして少年ら3人が逮捕された。3人は遊ぶ金が欲しかったなどと容疑を認めている。

2017年3月15日放送 11:30 - 11:55 フジテレビFNNスピーク(FNNスピーク)
とび職の少年19歳と、無職の19歳の少年とアルバイトの16歳の少女は、今年1月、出会い系アプリで男性を東京小金井市の飲食店に誘い出し、人の女に何してんだと車に連れ込み、現金7万円を脅し取った疑いで逮捕された。とび職の少年は、出会い系アプリ「ぎゃるる」で女性を装い男性を誘い出し、ぎゃるる狩りをしようぜと無職の少年らに犯行を持ちかけていた。3人は容疑を認め、警察は余罪を調べている。

2017年3月15日放送 11:00 - 11:05 NHK総合ニュース・気象情報ニュース・気象情報
東京・小金井市で音楽活動をしていた女子大学生がナイフで刺され一時意識不明の重体になった事件で、殺人事件の罪に問われた被告の男に対する懲役14年6か月の判決について、検察は控訴を見送った。この事件の裁判では被告がすでに控訴していて、2審で審理が続くことになっている。

2017年3月15日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブルANN NEWS
出会い系アプリで女性になりすまし、東京小金井市の男性から現金をだまし取ったとして、19歳の少年と16歳の少女ら3人を逮捕した。少年ら3人は、1月東京小金井市にある飲食店の駐車場などで男性会社員から現金約7万円をだまし取った疑い。警視庁によると、SNS狩りと称し、出会い系アプリに女性に成りすまして投稿。知り合った男性と少女を引き合わせ、車の仲に連れ込み、人の女に何してんだ、こいつの年齢知ってるのかなどと脅した。取り調べに対し、遊ぶ金がほしかったと容疑を認めているという。

2017年3月14日放送 4:30 - 5:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
局地的な豪雨の予測は現在、主に発達した雨雲をレーダーで観測することによって行われているが、より早い予測につなげるためには、雨雲のもとになる大気中の水蒸気の増加をいち早くつかむことが重要になっている。情報通信研究機構の川村誠治主任研究員らのグループは大気中の水蒸気が増えると電波が遅れて伝わる性質に着目し、地上デジタル放送の電波を使って電波の遅れから水蒸気の量の変化を推定するシステムを開発した。このシステムを東京・小金井市の研究所の屋上に設けたアンテナで実験したところ、1兆分の1秒単位という極めて高い精度で電波の遅れをとらえることに成功した。推定した水蒸気の量の変化は、同じ場所で観測した気温・気圧・湿度から計算される水蒸気の量の変化とほぼ一致したという。グループでは生活に身近な地上デジタル放送の電波を使うこのシステムを使えば、気温・気圧・湿度を観測して、水蒸気の量を計算する方法より、簡単に、安く、広い範囲を観測できるとしている。グループでは今後、気象庁の気象研究所などとも協力して、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる3年後までの実用化を目指したいとしている。川村主任研究員は「どこでも利用できる技術でコストも安い。局地的な豪雨では10分、15分で甚大な被害が生じることもあり、少しでも早い予測を実現して減災につなげたい」と話している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.