[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「山井国対委員長」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

テロ等準備罪を新設する法案が昨日、衆議院法務委員会で野党が抗議する中採決が行われ、与党と日本維新の会の賛成多数で可決された。自民公明両党は23日に衆院を通過させ、参院での審議を急ぎたい考え。 これに対し、野党4党は採決は無効として、委員会に差し戻すよう申し入れるなど反発を示している。 自民公明両党は23日に衆院を通過させ、参院での審議を急ぎたい考えだが野党は廃案に追い込みたい考え。衆院通貨を巡る与野党の攻防は山場を迎える。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
愛媛県の今治市の加計学園の獣医学部を設置する問題で、前事務次官は総理の意向の文書は文科省で作成されたものだと主張。野党4党は前事務次官の証人喚問を希望、自民党は拒否した。民進党の山井国対委員長は説明責任があると指摘。竹下国対委員長は政治に関係ないので証人喚問を必要ないと主張。参院では、週明けからテロ等準備罪の審議が始まるため、集中審議の検討してもいいとの声もある。

2017年5月27日放送 5:00 - 5:15 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
愛媛県の今治市の加計学園の獣医学部を設置する問題で、前事務次官は総理の意向の文書は文科省で作成されたものだと主張。野党4党は前事務次官の証人喚問を希望、自民党は拒否した。民進党の山井国対委員長は説明責任があると指摘。竹下国対委員長は政治に関係ないので証人喚問を必要ないと主張。参院では、週明けからテロ等準備罪の審議が始まるため、集中審議の検討してもいいとの声もある。

2017年5月26日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 政治)
大学の獣医学部の新設をめぐり、文部科学省の前の事務次官が「総理の意向だ」等と記された文書は文部科学省で作成されたと主張したことについて波紋が広がっている。これに対し、松野文部科学相は、再調査する考えはないと示した。菅官房長官は、出所不明で信ぴょう性も欠けるなどと述べた。野党4党は、前川氏の証人喚問と首相が出席しての集中審議開催を求めることを決めた。山井氏が前川氏の証人喚問などを求めた事に対し、竹下氏はいずれの要求にも応じられない考えを示した。

2017年5月26日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
前川前次官の異例の会見から一夜、菅義偉官房長官は「文書は出所不明で信ぴょう性にも欠ける」と述べ、前川前次官が出会い系バーに通っていたことについても「強い違和感を覚えた」と批判した。山本幸三地方創生担当大臣は、前川前次官は国家公務員天下り問題で国家公務員法違反に問われて辞任した人物と指摘。麻生太郎財務大臣も「関わる話ではない」と述べ、自民党・二階俊博幹事長は「総理や官房長官の意見を信用したい」と反発した。民進・共産・自由・社民の野党4党は前川前次官の証人喚問を要求したが、自民党・竹下亘国対委員長は断ったことを明かした。

2017年5月26日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
前川前事務次官が文科省で作成されたと主張したのは、学校法人加計学園が運営する獣医学部新設をめぐり作成されたとされる文書である。今日の衆院文部科学委では野党からの追及に対して、松野文科相は再調査する考えはない考えを重ねて示した。松野氏は担当部局職員が文章作成・共有していないことが明らかになり確認されていないため、前川前事務次官にヒアリングを行う必要はないとし、職員が真摯に調査に対応したと考えているとした。特区制度の下で今治市と加計学園が選考されたいきさつについて、前川氏は極めて薄弱な根拠のもとで規制緩和が行われ公正公平であるべき行政のあり方が歪められたと認識しているとした。また、政権中枢からの意向、要請に逆らえない状況があるとした。文書の中に総理のご意向、官邸の最高レベルが言っていると書かれていたことについては、最高レベルは誰かわからないが総理か官房長官のいずれかだと思ったとした。二階幹事長は意見を述べる立場ではないが、真意を確かめてみる必要があると思うが我々から進んで踏み込むつもりはないとした。公明党の井上幹事長は責任持っていた組織に何か瑕疵があったかのように言うのは理解できないとした。民進党の蓮舫代表は前川氏の言葉には非常に重いものがあると受け止めた、証人喚問要請をしっかりしていきたいとした。共産党の志位委員長は行政がゆがめられた疑惑があれだけ明瞭になっている以上与党は証人喚問の要求にただちに応じるべきとした。日本維新の会の遠藤国対委員長は証人喚問・参考人招致を是が非でも呼ぶべき状況にはないのではないか、国民に説明を果たしていくのは必要ではないかとした。
国会でも経緯を証言する意向を示した前川氏。野党4党は国会対策委員長が会談し、前川氏の証人喚問と首相出席し衆院予算委の集中審議を開催することを与党側に要求することを決定した。民進党の山井国対委員長は自民党の竹下国対委員長と会談し、前川氏の証人喚問などを行うよう求めたのに対して竹下氏は現時点ではいずれの要求にも応じられないという考えを示した。山井氏は国会には今回の加計学園問題の真相を究明する義務があるとし、竹下国対委員長は政治の本質に何も関係ないと前川氏は明確に断ったとした。菅官房長官は出所不明で信ぴょう性も欠けるため昨日の会見があっても変わらない、手続きにおいても国家戦略特区法に基づき行政がゆがめられたとの指摘は全くあたらないとした。更に、会見では女性の貧困問題調査のためにいわゆる「出会い系バー」に出入りし、かつ女性に小遣いを渡したということには強い違和感を覚えたとし、教育行政の最高責任者がそうした店に出入りし小遣いを渡すようなことは到底考えられないとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.