[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「山本地方創生担当相」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

中川俊直議員が自民党を離党することが決まった。今回の不祥事は今月18日にFacebookで経済産業政務官の辞任を公表。その翌日の週刊誌では中川氏と妻ではないウェディングドレスを着た女性の写真が掲載。「重婚疑惑」「ストーカー疑惑」など報じるも中川氏はきのうFacebookで疑惑を否定。きょう代理人を通じて自民党執行部に離党届を提出。中川氏は祖父・父も政治家で、父は元官房長官の中川秀直氏。趣味は走ることと富士登山。元々はテレビ東京政治部記者だったが衆院議員秘書を経て12年12月に広島4区から初当選。現在は2回生。ただこの2回生は不祥事が多く、中川郁子議員と門博文議員は不倫・路上キス報道、大西英男議員は報道圧力発言や女性軽視発言などの不祥事がみられた。
不祥事のけじめについて、未公開株の購入を持ち掛け金銭トラブルで週刊誌に掲載の武藤貴也議員は週刊誌発売当日に自民党を離党。一週間後の会見では辞職につながる法的な問題はない。現時点で議員辞職は考えていないとしており、武藤氏は現在も無所属の衆院議員。宮崎謙介議員は妻の出産6日前に不倫し週刊誌に掲載。週刊誌発売3日後の会見では「妻からけじめをつけてこいと言われた。不適切な行為によりご迷惑をおかけしてお詫び申し上げます」など述べ、一週間後に議員辞職。その後の補選では自民党候補者がたてず民進党候補の圧勝に。務台俊介議員は台風被害の被災地を視察も長靴を持参せずおんぶされるということがあった。9日後の取材で大変申し訳なく猛省しているとしていたが、今年3月の政治資金パーティーで務台議員はたぶん長靴業界はもうかったんじゃないのと発言。パーティー翌日に政務官の辞表を提出。2回生の不祥事の多さについて岸井成格は「ここの所大臣のスキャンダル・暴言が相次いでいる。安倍一強と言われる自民党のもとでみんな驕りと緩みたるみが起きている」など述べた。また、問題発言・不祥事が辞任に繋がらなかった議員について紹介。今村復興相は自主避難者について自己責任と発言し3日後に発言を撤回し謝罪。山本地方創生担当相は講演で一番のがんは学芸員などと発言し、翌日に発言撤回し謝罪した。さらに山本大臣はきょう同じ講演内で大英博物館も学芸員をクビにしたとの発言を記憶違いとして訂正。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月20日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
松嶋さんは「奥さんと子どものおかげだと話した次の年に不倫が始まっていたりちょっとだらしがない。しかも不倫相手が1人だけでなくあっちこっちとなると妻としては苦しい」、坂口さんは「自民党は1回、2回の当選の議員が相次いで不祥事を起こしている」、宇野さんは「いつミサイルが飛んで来るかわからないのに今の日本のある種の能天気さ、現実逃避」などとコメント。中川議員の地元でも選挙の時に夫婦で力を合わせて活動するなどしていたので驚く声があったという。また、ストーカー登録については警視庁で駆けつけて注意をしたという事実はあるがストーカー登録はしていないという。
自民党では不祥事が相次いでいて、3月には「長靴業界は儲かった」発言で務台俊介内閣府前政務官が辞任、今村雅弘復興相は記者に対し「うるさい。出ていきなさい」と発言したことを謝罪。山本幸三地方創生相は今週月曜日に「一番のがんは学芸員」と発言したことを謝罪している。公明党の山口代表は「著しく緊張感を欠いていると言わざるを得ない」と述べている。坂口さんは「長期政権になればこういう事態も起きるが、国際情景を見たらこんなことを話している場合ではない。早く正常化して欲しい」、宇野さんは「安倍さんは全般的に人事がダメ。一番まずかったのは稲田さん」などとコメントした。

2017年4月19日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
きのう、自身のフェイスブックで辞表を提出したことを掲載した自民党の中川俊直経済産業政務官。「家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしま、申し訳ない気持ち」などとコメント。あす発売される週刊誌で中川氏の不倫疑惑が掲載される予定だという。中川氏は先月発売された別の週刊誌でも同じ自民党の女性議員との密会が報じられたばかりだった。中川氏は自民党の幹事長などを歴任した中川秀直氏を父に持ち、去年8月に経済産業政務官に就任した。父の秀直氏も官房長官時代に週刊誌で愛人問題が報道され辞任に追い込まれている。
去年9月、岩手県で台風の被災地を視察した際、長靴を持参せず職員に背負われて水たまりを渡る姿が報じられ、批判を受けた務台内閣府政務官。「その後、各省で政府の持つ長靴が整備されたと聞いている。長靴業界もだいぶもうかったのではないか」などと発言し先月、辞任へと追い込まれた。
今月16日、地方創生に向けたイベントで「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないとダメ」などと発言した山本地方創生大臣。日本の文化・伝統・歴史を世界の方々に理解してもらうことが非常に大事だということで、文化財を地域の観光資源として活用していく地方創生の観点からも学芸員に観光マインドをもってもらう必要があると訴えたかったとみられる。しかし翌日、山本氏は撤回と謝罪に追われた。
今月4日には福島第一原発事故の自主避難者への住宅無償提供打ち切りについて記者から無責任などと責任を受けた今村復興相が、「撤回しなさい」「出て行きなさい」などと声を荒げたことでその後、謝罪に追い込まれた。

2017年4月18日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNEWS Express
山本地方創生担当大臣はきのう講演で、「一番のがんは学芸員だ」などと発言したことについて撤回し謝罪した。日本の文化を世界の方々に見てもらえるよう学芸員に努力してもらいたいという趣旨だったと釈明している。

2017年4月18日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ
おととい、滋賀県の講演で観光立国について「一番のがんは文化学芸員」「この連中は一掃しないとダメ」などと発言した山本幸三地方創生担当大臣がきのう、「言葉が行き過ぎたことは反省していて、撤回しておわび申し上げたい」と謝罪した。学芸員の方々も理解を示して観光マインドを持って、わかりやすくするにはどうしたらいいか考えてもらえればありがたいなどと話した。

2017年4月17日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
山本地方創生担当大臣は、「学芸員はがん」「一掃すべき」などの失言を、撤回し謝罪した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.