[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「T-岡田」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 1:05 - 1:35 フジテレビ
村上信五とスポーツの神様たち (村上信五とスポーツの神様たち)

「スポーツお祓いスペシャル」にサッカー界代表として浦和レッドダイヤモンズの槙野智章、野球界を代表して北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士が登場、プレゼンターとして岡田圭右らに加え、お祓い役に坊さんであり芸人の石田芳道が出演。
「スポーツお祓いスペシャル」1つ目にヒデが「大失敗に終わったレフェリーとの駆け引き」と題して2016年6月18日に行われたFC東京VSアルビレックス新潟で秋元陽太がレフェリーに抗議している最中にゲームが再スタートし得点されたシーンを紹介した。一方で野球界ではピッチャーの肩を作るために時間を稼ぐ駆け引きがあるなどと杉谷が語った。
「スポーツお祓いスペシャル」2つ目に藤田が「泡となって消えたスタートダッシュ」と題して本来HR打者ではない鈴木大地が一時期ホームランラッシュでホームラン王の座についたがために昨シーズンは冴えない成績で追えてしまったなどと紹介した。また杉谷は自身が戦線離脱した際にチームメイトたちが励ましのメッセージを送ってくれた中で大谷翔平が怪我した打球の練習をしてくるようにとメッセージしてきたがギャグであったなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」3つ目に黒田が「カップに嫌われ続けた惨劇」と題してアーニー・エルスがマスターズ・トーナメントにおいてあるホールにて3打目でピンそば60cmまで寄せるも5度もカップに嫌われ、翌日にも同じ状況となったなどと紹介した。また杉谷は糸井嘉男が投手としてチーム移籍したがファーボールを連発している時にコーチに投げ方を忘れたと告白したなどと語った。
「スポーツお祓いスペシャル」4つ目に岡田が「前代未聞の負の連鎖」と題してオリックスVS西武でモレルの悪送球から様々な選手がミスを連発したなどと紹介した。また杉谷は大谷が投げるときには試合が緊迫する傾向にあり打球が来ないことを祈っているなどと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月12日放送 0:35 - 1:15 フジテレビスポーツLIFE HEROS(プロ野球キャンプ)
宮崎県清武キャンプで豪快な一打を放つのは、オリックスの希望の光、身長173cmの吉田正尚。吉田の最大の武器はフルスイング。小さな吉田の大きな魅力。小さい頃は父親に買ってもらった重めのバットを思いっきり振っていたという。金子千尋、T-岡田などチームメイトも吉田のスイングを賞賛している。吉田はキャンプ直前、フルシーズンを戦い抜く体を作るため、アテネ五輪金メダリストの室伏広治に弟子入りした。室伏とのトレーニングでパワーアップした吉田とともに、オリックスは最下位からの下克上を狙う。

2017年2月9日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタきょうのカオ
オリックスのT-岡田は今日がバースデーだった。平成29年2月9日29歳と福が3つ並ぶ縁起のいい誕生日になった。欲しいものを聞かれたT-岡田は「優勝が欲しいです」と答えた。

2017年2月9日放送 0:55 - 1:25 フジテレビ村上信五とスポーツの神様たち(村上信五とスポーツの神様たち)
「完全最下位でも見捨てないで! オリックス・バファローズ」で企画者の岡田が「ファンクラブの年会費が18万円!」と題してオリックスのファンクラブにはエクストラプレミアムメンバー枠があり年会費18万円の200人限定で即完売していることや、ファンクラブの多岐にわたったコースの数々などと紹介した。また山崎福也は入団当時にサインを書いている時にファンとの交流の切り上げタイミングが分からず風邪を引いてしまったなどと語った。
「完全最下位でも見捨てないで! オリックス・バファローズ」で企画者の岡田が「ファンの応援が秀逸!」と題してオリックスのファンたちは捻くれたメッセージボードを掲げて応援しているとして数々のボード例などを紹介した。また実際にオリックスはホームの京セラドームより札幌ドームのほうが勝率が良かったなどと暴露した。
「完全最下位でも見捨てないで! オリックス・バファローズ」で企画者の岡田が「施設&選手&パフォーマンスが超進化!」と題してオリックスの2軍の本拠地球場が「舞洲ベースボールスタジアム」に移転し、施設が最先端となって室内練習場が24時間解放されていることや吉田正尚らそれぞれの進化などと紹介した。またT-岡田にHRを放った時のパフォーマンスを岡田が伝授したということで村上も新パフォーマンスを考案して発表した。
「完全最下位でも見捨てないで! オリックス・バファローズ」で企画者の岡田が「データによれば最下位脱出!?」と題して岡田の野球データによると「大物が抜けたチームは逆に好成績に!」などと発表し、オリックスは今シーズンには好成績を残すのだと力説した。そして最後に岡田がオリックスの今シーズン予想順位を 4位と発表した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.