[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「岸田外務大臣」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月29日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
今朝、安倍総理大臣は「北朝鮮が国際社会の度重なる警告を無視して挑発を続けていることは断じて許すことは出来ない。厳重に抗議した」と話した。防衛省によると今日午前5時40分頃、北朝鮮東部の元山付近から弾道ミサイル1発が東の方向に発射されおよそ400kmとんで日本海の日本の排他的経済水域内に落下したと見られている。落下した海域は新潟県・佐渡島からおよそ500キロ、島根県・隠岐諸島からおよそ300キロの海域と推定され被害の情報は入っていないとされている。また、発射から落下までの飛行時間は10分に満たなかったと推定されるという。北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本の排他的経済水域の中に落下したと推定されるのは今回で4回目となる。韓国軍は今回のミサイルはスカッドミサイルの一種とみられると分析している。北朝鮮は去年の3月と7月にも日本海に向けってスカッドを相次いで発射している。稲田防衛大臣は「飛翔距離などからスカッド系列である可能性がある。高度は100キロメートル程度だったと認識している」と述べ、その上で稲田大臣は“特異な飛翔ではなかった”と述べた。政府はけさ8時前にNSCの閣僚会合を開いた。この中で安倍総理は引き続き国際社会と連携しつつ北朝鮮に強く自制を求めるとともに国連安保理決議などの関連措置を実施することを通じてきぜんと対応してくよう指示した。そして情報収集・分析に全力を上げ、国民に迅速・的確な情報提供を行うことなどを確認した。こうした中、外務省は中国の外交を統括する楊潔篪国務委員がきょうから3日間の日程で日本を訪問することを発表。滞在中、岸田外務大臣らとの会談を通じて弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮問題などについて意見を交わす方針。また、外務省の金杉アジア大洋洲局長はアメリカ国務省のジョセフ・ユン特別代表と電話で協議。日米韓で緊密に連携しながら断固として対応していくことで一致した。今回の発射について朝鮮半島情勢に詳しい専門家は「北朝鮮は日米同盟を強化していけばさらに日本に近いところにミサイルは落下する。在日米軍基地も射程の中に入っている。日米同盟を強化してアメリカの手伝いをすることは日本の得策ではないというアピールという意味を十分計算してEEZの中に撃ち込んでいる」と指摘。また発射を行ったタイミングについては「北朝鮮に対して対話だけでなく圧力をかけるべきだとG7で各国が合意した。それに対して北朝鮮抜きの合意は意味がないのではという意味をこめ主要国に対するメッセージという意味でこのタイミングにミサイルを発射したと思われる」と話す。

2017年5月29日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(ニュース)
北朝鮮のミサイル発射を受け、岸田外務大臣が会見を行い、「3週間続けて弾道ミサイルの発射を強行したことは、北朝鮮の核ミサイル問題の平和的解決に向けた国際社会の努力を踏みにじるものであり、国際社会に対する公然たる挑戦。挑発行動を継続する以上、今は対話ではなく、圧力をさらに強化することが必要であり、中国の役割が重要」などと述べた。

2017年5月29日放送 4:00 - 4:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア400
自民党・岸田派の会長である岸田外務大臣はきのう、広島市で派閥の創設60年を記念する式典に参加した。式典後、記者団に対しポスト安倍に改めて意欲を示した。一方、秋の党役員人事や来年の総裁選挙をにらんだ派閥再編の動きがあることについては「注視していく」と述べるにとどめた。

2017年5月27日放送 17:00 - 17:30 日本テレビnews every.サタデー(ニュース)
オバマ前大統領が広島を訪れてから今日で1年を迎えた。平和公園には訪問に尽力した岸田外相が訪れ、「歴史的な訪問を未来に向けてどう活かすか、我々に問われている」などとコメントした。原爆の被害を伝える資料館には、昨年度は過去最多となる174万人が訪れた。アメリカ人の訪問者も多い。広島を訪れた100人のアメリカ人のうち、オバマ氏の広島訪問について76%が意義があると回答した。また、7%の人が広島に来た理由として大統領訪問を挙げている。広島市立織町小学校では、修学旅行先を長崎に変更した。しかし、オバマ大統領が去ったアメリカでは「核戦力」が増強され、対抗する北朝鮮も「核開発」を加速させている。核兵器禁止条約について、核保有国は交渉に参加していない。

2017年5月23日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(最新のニュース)
イギリスのマンチェスターには約1000人の在留邦人が暮らしており、多くの旅行者も滞在しているとみられているが、岸田外務大臣は午前日本人の被害の情報はないと述べた。外務省ではロンドンの日本大使館を中心に引き続き法人被害の有無について確認を進めるとのこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.