[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「島崎和歌子」 に関するテレビ情報

2017年3月17日放送 19:00 - 19:56 TBS
爆報!THE フライデー あの人は今…大追跡SP

森昌子の子育て本がベストセラーとなり話題を集めるなか、子育ての過ちで苦しんだシングルマザー芸能人がいた。それが元アイドルの小川真澄、20頃の頃はコント番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」にレギュラー出演、バラドルとして活躍した。1993年に所属していたパンプキンが解散、芸能界から姿をけした。
小川真澄は現在44歳、2度の離婚、3人の娘を抱え壮絶な子育てに直面している。タイヤ販売所の経理として働き、WEBページを作成する仕事も請け負っている。次女・凛佳さん(17)には知的障害があり人とのコミュニケーションが苦手、物事の判断が上手くできずパニックに陥る事もある。養護学校に通い、漢字の書き取りや掛け算などを学んでいる。生まれつき障がいがあったわけではなく、原因は小川真澄にあった。
小川真澄は1993年、21歳で芸能界を引退。バイト先で知り合った男性と結婚した。1999年の夏、赤ちゃんだった凛佳さんは39度を超える発熱、病院に行くと風邪だと診断された。ところが夜になっても発熱が治まらず、更に翌朝、病院に連れて行くと髄膜炎にかかっていることが発覚。2歳以下にかかりやすい病気でただの風邪だと勘違いすると最悪の場合は死に至る。緊急入院した凛佳さんは一命をとりとめたが、後遺症で知的障害を患った。髄膜炎は早期治療が必要、小川は翌日ではなく夜に病院に連れていけば後遺症は無かったと悔やんでいる。
凛佳さんの障がいがわかった頃、夫と子育てを巡り対立、2002年に離婚した。34歳で再婚するものの夫の単身赴任をきっかけに上手くいかなくなり、2度目の離婚。子ども3人を養うため、週6日の事務仕事、家では育児と家事に追われた。何より大変なのが凛佳さんの身の回りの世話、そんな日々を10年以上続けている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日マツコ&有吉 かりそめ天国(2人に聞いてみたい話)
21歳OLからの投稿は「真剣にオカルト話をされたらどんな顔で聞けばいい?」で、女性は小学校時代に全身銀色の謎の生物を見た父親からの体験談にどう対応すればいいのか悩んでいるという。偶然にも、マツコは銀色の衣服に身を包み、居心地の悪さを感じていた。久保田アナは雪山で雪男を見たと明かすと、マツコはドリンクを飲む音で阻もうとしていた。当番組ではこの質問を梅沢富美男、島崎和歌子らアンケートを実施したところ、「真剣に聞けない派」はカンニング竹山、渡部建、吉村崇。「ケースバイケース」は田中卓志、島崎和歌子。 なお、田中はUFOを見たことがあるという。「真剣に聞く派」は梅沢富美男、ナイツ塙。塙は先輩のカトゥーが話す宇宙人の目撃談を楽しんで聞いているというが、有吉は嘘だと断言。
有吉弘行の持論は心霊、UFOはアイドルにとってネタが尽きている段階だという。スタジオではカトゥーと電話が繋がっていて、有吉とマツコがドリンクの交換で中座している間に、久保田アナが目撃した宇宙人についてインタビュー。カトゥー曰く、宇宙人が集まるのが渋谷のスクランブル交差点だという。席に戻った有吉は嘘だとして、「恥を知れよ」と一言。

2017年5月16日放送 19:56 - 22:54 日本テレビものまねグランプリものまねグランプリ 春の部門別チャンピオン決定戦
みかんらが「ものまねテレビショッピング」を披露した。アンミカがゲスト出演した。
梅小鉢が「独身タレントの女子会に来たリア充タレント」を披露した。ゲストとしてさとう珠緒が登場した。
ものまね新三姉妹がものまね「ケンミンSHOW」を披露した。
椿鬼奴は紅白歌合戦の時の大竹しのぶを披露すると話した。

2017年5月14日放送 0:50 - 1:15 テレビ東京二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜(二軒目どうする?~ツマミのハナシ~)
佐藤仁美と松岡昌宏は20年のつきあいだという。一行は、そば店「無識庵 越後屋」に入り、まずは一杯目を注文した。蕎麦前のルーツは江戸時代で、注文を受けてからそばを打ち始めていたため、側ができるまでお酒を飲んで待っていたのが始まりだという。店を手伝う15歳の少年は「店を継ぎたい」と話す。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.