[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「島崎和歌子」 に関するテレビ情報

2017年3月17日放送 19:00 - 19:56 TBS
爆報!THE フライデー あの人は今…大追跡SP

森昌子の子育て本がベストセラーとなり話題を集めるなか、子育ての過ちで苦しんだシングルマザー芸能人がいた。それが元アイドルの小川真澄、20頃の頃はコント番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」にレギュラー出演、バラドルとして活躍した。1993年に所属していたパンプキンが解散、芸能界から姿をけした。
小川真澄は現在44歳、2度の離婚、3人の娘を抱え壮絶な子育てに直面している。タイヤ販売所の経理として働き、WEBページを作成する仕事も請け負っている。次女・凛佳さん(17)には知的障害があり人とのコミュニケーションが苦手、物事の判断が上手くできずパニックに陥る事もある。養護学校に通い、漢字の書き取りや掛け算などを学んでいる。生まれつき障がいがあったわけではなく、原因は小川真澄にあった。
小川真澄は1993年、21歳で芸能界を引退。バイト先で知り合った男性と結婚した。1999年の夏、赤ちゃんだった凛佳さんは39度を超える発熱、病院に行くと風邪だと診断された。ところが夜になっても発熱が治まらず、更に翌朝、病院に連れて行くと髄膜炎にかかっていることが発覚。2歳以下にかかりやすい病気でただの風邪だと勘違いすると最悪の場合は死に至る。緊急入院した凛佳さんは一命をとりとめたが、後遺症で知的障害を患った。髄膜炎は早期治療が必要、小川は翌日ではなく夜に病院に連れていけば後遺症は無かったと悔やんでいる。
凛佳さんの障がいがわかった頃、夫と子育てを巡り対立、2002年に離婚した。34歳で再婚するものの夫の単身赴任をきっかけに上手くいかなくなり、2度目の離婚。子ども3人を養うため、週6日の事務仕事、家では育児と家事に追われた。何より大変なのが凛佳さんの身の回りの世話、そんな日々を10年以上続けている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月15日放送 23:00 - 23:30 フジテレビアウト×デラックス夫の風俗代の半分を家計から捻出しようとする嫁
中西茂樹・高田紗千子夫妻の一風変わった生活に密着。密着日、なすなかにしとして漫才トーナメントで結果が出せず、中西は傷心して帰宅の途についた。すると高田は中西の要望に応え、菅野美穂のモノマネで励ました。前日のライブではウケが良く、高田は島崎和歌子のマネで言祝いだ。一方の高田は夕食の時間にモノマネ練習に充てていて、金田朋子、光浦靖子、大黒摩季の練習の成果を披露した。ちなみにモノマネオーディションが近づくと、中西は妻である高田の声を聞くことができないという。

2017年6月9日放送 20:54 - 21:54 テレビ東京所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!商店街対抗!売れ残り選手権
東あずま駅の東あずま本通り会にあるおもちゃのカナリヤでミュージカンなど売れ残り商品をチェック。西部警察のプラモデル初回限定盤は渡哲也のサイン入り。東あずま本通り会代表はライトライタンとコインライタン。

2017年6月7日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
きのう、都内で松方弘樹さんを偲ぶ会が行われ、松岡昌宏さんら825人が参列し、それぞれが別れの言葉を告げた。

2017年6月7日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(ニュース)
今年1月、脳リンパ腫のため、74歳で亡くなった松方弘樹さん。きのう偲ぶ会が行われ、825人がお別れに訪れた。その松方さんが新たな魅力を見せたのがバラエティー番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」。一緒に番組を盛り上げたビートたけし、演出を手掛けたテリー伊藤が明かすエピソードとは?
きのう都内のホテルで開かれた松方弘樹さんを偲ぶ会。遺影の周りには、レッドカーペットをイメージした8000本の花々。おととし、大好きなマグロを肴に日本酒を飲みながら写真を撮ったという。偲ぶ会には、松方さんと親交のあった芸能人を中心に825人が集まった。松方さんと60年の付き合いがある梅宮辰夫は、映画や釣り番組で共演した。74歳で亡くなった松方さんより、5歳年上の梅宮は、発起人の1人として思い出などを語り、また、松方さんがプロデューサーを務めた映画「藏」で共演した浅野ゆう子も感謝を述べた。
俳優生活50年以上、多くの映画に出演した松方さんの代表作は、任侠映画「仁義なき戦 い」で、鬼気迫る演技で、存在感を示した。その一方で、全く違う一面を見せた番組が「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で、映画スター松方さんがバラエティー初挑戦し、大きな話題となり、ビートたけしとの共演でも注目された。この番組のなかで、たけしは社長、松方さんは部長で、汗を拭きながら笑う姿は番組の名物となった。
「元気が出るテレビ!!」で松方さんと共演したたけしも偲ぶ会で、発起人の1人として参列した。すっかり意気投合したたけしと松方さんは、2人でデュエットソングをリリースしたこともあった。2人のデュエットでも人気を集め、番組は1985年から11年にわたり、親しまれた。たけしは、「おかげ様で番組自体も松方さんが出てくれたことによって箔がついたし、何年ももった」「本職は『仁義なき戦い』とか時代劇やらせれば『遠山の金さん』もだし、全部スターを張ってきた人だけど、そういう世界も知っとこうと思ったんじゃないかな」などと語った。また、番組の演出を務めたテリー伊藤は、レミー・マルタン(高級ブランデー)を70本くらい差し入れにくれたと明かした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.