[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「川崎」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび めざスポ

Jリーグ、J1第12節。鹿島と対戦した川崎は、前半19分に先制点。今シーズン初の3連勝で暫定3i位に浮上した。

URL: http://www.frontale.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月17日放送 1:35 - 2:05 TBSスーパーサッカー(J前半戦まとめ)
Jリーグ上半期の厳選映像を20連発。三浦知良がゴールを決めて、ダンスを披露した。
久保建英が、Jリーグ最年少得点記録を更新した。
中村憲剛らの、試合前の様子を紹介。
チアゴ・アウベスらの、ゴールシーンをダイジェストで紹介。
6月10日のジェフ千葉VSアビスパ福岡の試合は、強風により砂ほこりがあがり、千葉市長が謝罪した。
大山啓輔を応援するサポーターの映像を紹介。
杉本健勇らの、ゴールシーンをダイジェストで紹介。セレッソ大阪は上半期1位となり、昇格即優勝なら史上初となる。
ジュビロ磐田の川又堅碁とアダイウトンは、一緒の床屋に行って髪型を揃えている。川又堅碁が、特技の書道を披露した。
中村俊輔らの芸術的フリーキックを紹介。
遠藤保仁は、J1通算試合出場で、歴代3位となった。
中澤佑二が、フィールドプレーヤーとしては史上初となる、140試合フル出場を達成した。
金子翔太が、J1リーグ通算2万ゴールを決めた。
井手口陽介選手は、J1リーグ通算2万ゴールをのがした。
藤本淳吾選手らのゴールシーンをダイジェストで紹介。興梠慎三は、J1得点ランキングで現在1位。
J1得点ランキングで現在2位は小林悠、3位は阿部浩之。
ギラヴァンツ北九州VSガンバ大阪U-23の試合で、高橋拓哉選手の蹴ったボールがスタジアム外の海に落ちた。
清水エスパルス・鄭大世の、ゴールシーンをダイジェストで紹介。鄭大世が、オーバーヘッドキックの練習をしていたと語った。

2017年7月17日放送 0:05 - 0:40 テレビ朝日やべっちFCJリーガー大集合スペシャル シーズン中なのに聞いちゃいます!
「対戦したくないチーム&選手は?」と質問。スタジオでは浦和レッズの関根貴大が2票入っているなど話す。チョン・テセは対戦してみて試合で守備で走り回されたと話す。関根選手はチョン・テセ選手のゴールは真似出来ないとコメント。同じく関根選手について「ボールを持ったら結果に直結するプレーをしてくる」と話す。
関根選手は対戦したくないチームは鹿島アントラーズで攻撃時のクオリティの高さなど話した。中でも山本脩斗選手は1対1の時、スピードがあるので体を半分を出すのがやっとの状態。同じく鹿島と対戦したくないと挙げた堀米選手は開幕戦で試合し、圧倒されたなど話す。中でも土居選手についてうざい立ち位置にいると話す。土居選手はガンバ大阪の今野選手についてテクニックばかり目をみられるがパワーもあるなど話す。扇原選手は柏レイソルが長時間戦って相手のペースが落ちにくいなど話す。
スケジュールの関係でスタジオに来れなかった選手の「対戦したくないチーム&選手」を紹介。川崎フロンターレの阿部選手はセレッソ大阪でボランチの山口とソウザがバイタルエリアをしっかり締めていて攻めづらかったと話す。
ガンバ大阪の井手口選手は対戦したくないチームとして鹿島アントラーズを挙げる。鹿島アントラーズについて「守備もスゴイけど全員が上手い」と述べ、攻められてるという漢字ではなく攻めさせられていると述べる。
セレッソ大阪の杉本選手は鹿島アントラーズの昌子源選手を挙げる。空中戦も強く体も強く同い年なので負けたくないと述べた。そして、杉本選手から扇原選手へ「横浜の街はどうですか?」などメッセージが送られた。扇原選手は「最近連絡をしていなかったので、逆にしてほしい」など述べた。

2017年7月16日放送 0:50 - 1:40 NHK総合天皇杯全日本サッカー選手権第97回 天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦 ダイジェスト
前回決勝を戦った鹿島アントラーズ、川崎フロンターレはそれぞれアウェーで モンテディオ山形、ザスパクサツ群馬と対戦。九州の2チーム、大分トリニータはホームで柏レイソルと、ロアッソ熊本はアウェーで浦和レッズと対戦となった。 6回目の優勝を狙うディフェンディングチャンピオン、アントラーズ。 J2のモンテディオと対戦。開始早々4分ベアンドロンがボールを奪いゴール前へパス。走り込んできた西がゴールを決め先制。開始41分にはアントラーズゴールをを脅かした。チャンスを作ったモンテディオだったが、アントラーズ一点リードで折り返し、試合は鹿島アントラーズが勝利した。

2017年7月13日放送 23:45 - 0:40 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(スポーツニュース)
先週水曜強豪浦和レッズは無残の大敗にサポーターは我慢の限界。5月以降わずか二勝。そんな中迎えた、川崎フロンターレ戦。しかし4失点でペドロ指揮官が辞任を示唆。先週日曜日、アルビレックス新潟と対戦。起死回生の逆転勝利。いよいよあさってはドルトムント戦、この試合が大きな鍵となる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.