[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「平田座長」 に関するテレビ情報

2017年3月20日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! NNN NEWS ZIP!

昨日の専門家会議で、再調査29地点中25地点での基準値を上回る有害物質の検出を公表された。この内1か所からは、環境基準100倍のベンゼンや3.6倍のヒ素などが検出された。去年9「地上と地下は別で地上部分は安全」という認定を改めて示した。このことについて小池知事は「重く受け止める」と話したが、移転するかの判断については明言を避けた。市場関係者からは、早い段階での判断を求める声があがっている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月10日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ630関心事
おととい築地市場の関係者を集めて開かれた意見交換会。市場問題プロジェクトチームの座長らが私案を公表。豊洲市場に移転せず築地市場を再整備する案だった。この案ではローリング工法を採用し、築地市場の営業をしなgら部分ごとに改修する工事方法。設計から完成まで7年かかる見込み、工事費は734億円かかるという。ただし築地市場でも指摘された土壌汚染対策費は含まれていない。小島座長らは築地改修案のメリットとして豊洲に移転した場合、年間100億円から150億円の赤字になるのに対し、改修案では10億円から20億円の赤字で済むと説明。さらに約6000億円かけて整備した豊洲市場は解体して高層マンションなどの用地として売却すれば最大4370億円が回収できる考えを示した。出席した市場関係者はそろって改修案を歓迎。一方で豊洲への早期移転を求めている市場関係者は築地改修案は小島座長らの私案にすぎないと意見交換会をボイコットした。移転の是非を巡り市場関係者の間で深まる溝、小池知事が設置した2つの組織に考え方の違いがあるため。経済性の面から築地再整備に前向きな市場問題プロジェクトチームの小島座長、これに対し専門家会議の平田座長は豊洲市場を科学の力で安全にできると主張している。小池知事は3つめの組織として「市場のあり方戦略本部」を新たに設置。総合的に判断する方針を示した。
東京が地元で民進党・長島昭久元防衛副大臣が離党届けを提出。東京都議選を前に離党ドミノが国会議員まで及ぶ事態となった。そんな長島氏にラブコールを送っているのは自民党・下村博文会長。長島氏は今後「都民ファーストの会」との連携も模索すると見られている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.