[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「広島」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京
SPORTS ウォッチャー (プロ野球)

広島・新井が鹿児島市・最福寺で13年連続の護摩行の初日を迎えた。300度にも達するという熱気の中、1時間半にわたり不動真言をとなえた。苦しいけど頑張ってキャンプに向かっていきたいと話した。

URL: http://www.carp.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月16日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.culture&sports
日本プロ野球名球会のイベントで夢の対決が実現した。セカイのホームラン王の王貞治さんや元メジャーリーガー野茂英雄さんなど球界を代表するレジェンドによるイベントが行われた。今年77歳となり喜寿を迎える王さんは、現役時代さながらの一本足打法を披露ダブルプレーになるが元気な姿を見せてくれた。華麗な守備を見せてくれたのは、本職はピッチャーの工藤公康監督。 見事ライトフライをランニングキャッチ、ガッツポーズを見せた。そして最も球場が湧いたのは、去年広島を25年ぶりのリーグ優勝に導き引退した。黒田博樹さんが82日ぶりに実戦のマウンドへ。打席には共にチームを引っ張った現役の新井貴浩選手。その注目の対決は、結果はショートゴロ。元チームメイト対決は、先輩に軍配が上がった。 その後のインタビューで黒田さんは「新井だけには打たれたくなかったので」と話し、新井選手はそれに「球速かったです」と答え、球場の笑いを誘っていた。

2017年1月16日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ4時です!Nスタ 日刊3コマニュース
最速で名球会入りしたバッターはイチローだ。プロ13年目の30歳6ヵ月で日米通算2000安打を達成した。投手ではプロ7年目で稲尾和久だ。1961年のチーム81勝のうち、42勝が稲尾だったから驚きだ。当時は毎日投げていたからひどい話だと笑う。名球会入会を「名球会を目指して野球をやってきたわけではない、ゴールはまだ先だ」と辞退したのが落合博満だ。落合はプロ20年で2371安打を達成した。伝説の選手だが名球会入りしていないのが川上哲治と別所毅彦の2人。名球会の資格は昭和生まれ以降なので大正生まれの2人は入れない。今年名球会入りしそうな選手の紹介。勝利とセーブを合わせるのはだめなのか。大谷が1800安打、170勝などになったとしても入れないのもおかしな話だと盛り上がる。

2017年1月16日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(おはスポ)
東京五輪の追加種目となった野球を盛り上げるためプロ野球名球会が宮崎に集合して「名球会フェスティバル」が開催された。41人のメンバーは2チームに分かれて試合を行い、試合前、王貞治さんは「現時点のわれわれなりに頑張ります」と抱負を語った。最大の注目は、昨年名球会入りした黒田博樹さんと、昨季2000本安打を達成した新井貴浩選手の元チームメート2人の直接対決で、黒田さんが力で抑えた。黒田さんは「新井(選手)のときだけは目いっぱい。せっかくカープファンがたくさん来ていたので喜んでもらえたらと思って。いい思い出ができました」、新井選手は「悔しいです。球、早かったです」と話した。
スタジオトーク。阿部アナが、黒田さんはまだまだ現役で行けるのではと述べ、和久田アナが、新井選手も悔しそうだったとコメントした。森アナが、現役時代には実現しなかった対戦に、ファンの人たちも喜んでいたと伝えた。

2017年1月16日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアスポーツ紙イッキみせ
日刊スポーツから、名球会のイベントで、広島を引退した黒田博樹と新井が対決。黒田は新井をゴロに仕留めた。

2017年1月15日放送 23:55 - 0:55 日本テレビGoing! Sports&News(マストピ)
プロ野球名球会フェスティバル2017で、黒田博樹投手と新井貴浩内野手が対戦。ショートゴロに打ち取り黒田に軍配が上がった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.