[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「弾道ミサイル」 に関するテレビ情報

2017年5月15日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざましNEWS ON

きのう北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本海に落下した。弾道ミサイルは高度2000kmまで上昇し、30分間で800km飛行したことから、新型の可能性がある。弾道ミサイル発射について安倍首相は「断じて容認できない」と話した。日本政府は今回のミサイル発射は成功と見ている。アメリカ太平洋軍は「軌道はICBMとは一致しない」としている。また、韓国文在寅大統領は「対話の可能性は開いているが北朝鮮に誤解させてはいけない」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブルANN NEWS
国連安全保障理事会は21日に北朝鮮がミサイルを発射したことを強く非難する報道機関向けの声明を発表した。国連安保理は23日深夜、日米韓の要請に基づき緊急会合を開き、制裁強化についても議論する見通し。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!情報まとめ
きのう、朝鮮中央テレビで「北極星2型」の試験発射映像を公開した。韓国国防省によると、ミサイルはおととい夕方、北朝鮮・北倉から日本海に向けて発射し、約500キロ飛行した。労働新聞では金正恩委員長が視察の際、北極星2型の実戦配備を承認した他、大量生産するよう指示したと伝えている。

2017年5月22日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNトク!
朝鮮中央テレビが昨日夕方行われた中距離弾道ミサイル北極星2型の発射実験の様子を公開した。映像の他に複数の写真も公開され、金正恩委員長が発射台の横に立っていたり、開発者と思われる人達と談笑していたり、ミサイルに設置したカメラで地球を写した映像を公開した。金正恩党委員長は「100点満点だ、非の打ち所がなく完璧だ」と言った。そして金正恩党委員長は「北極星2型の実戦配備を承認し、大量生産するよう指示した」ということ。今年に入って8回目の弾道ミサイル発射実験が行われた。先週14日にも弾道ミサイル発射実験が行われ、18日には火星12型の開発関係者を歓迎するパレードが行われ、その3日後にミサイル発射を踏み切った。そして先月行われた軍人たちをねぎらうための公演のワンシーンで舞台のモニターに北極星2型と見られるミサイルの映像が流れ、ミサイルがアメリカに直撃し星条旗が炎に包まれるという映像が流れた。過去7回の発射実験は午前中に行われていたが、今回の発射実験は夕方に実施された。

2017年5月22日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
北朝鮮は金正恩朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、中距離弾道ミサイル「北極星2型」の発射実験に再び成功したと発表した。今日付の「労働新聞」に発射の写真を掲載している。ガスなどの圧力で射出後、空中で点火するコールド・ランチという技術を使って発射し、固体燃料使用時にみられる白みがかった煙を出しながら上昇する様子がとらえられている。また、ミサイル搭載カメラで宇宙空間から地球を撮影したとされる写真も掲載。北極星2型の発射は今年2月につづいて2度目。キム委員長は100点満点で完璧だと述べ、実戦配備を承認し量産を指示した。われわれの核武力の多様化や高度化をさらに進めなければならないとも語っており、核・ミサイル開発を加速させる姿勢をいっそう鮮明にした。米ティラーソン国務長官は失望と懸念の意を表明、さらに圧力をかけていく必要性を示した。菅官房長官は、関連安保理決議の実効性を確保するとともに独自の措置の実施徹底への考えを示した。独自制裁をさらに深掘りし、厳しくすることの重要性も説いた。国連安保理は日米韓の要請に基づき、日本時間のあす深夜緊急会合の開催を決定した。日米韓は北朝鮮に対する圧力強化を一致できるよう、各国に働きかける構え、

2017年5月22日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(ニュース)
弾道ミサイル「北極星2」の発射に成功。金正恩朝鮮労働党委員長は「非の打ちどころがないほど完璧」と述べた。さらに北極星2型の実戦配備を承認し量産化を指示したという。韓国国防省と韓国軍は北朝鮮がミサイル技術について信頼度のあるデータを得たと分析していると発表した。また、これに先立ち国連安保理は21日、日米韓の要請を受け23日に緊急会合を開催で調整。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.