[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「彦根城」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 7:30 - 8:00 テレビ東京
歴史の道 歩き旅 (忍者の里から井伊家ゆかりの地・彦根を目指す旅)

滋賀県甲賀市にある甲賀もち工房。幻の米といわれる貴重な滋賀羽二重糯をつかった餅は、きめが細かく粘りがあるのが特徴。つきたて餅(ゆずみそ)を頂いた渡辺正行は、伸びますね、ゆずみそが合いますねなどとコメント。この地でよくのびる餅ができるのは、かつてここは琵琶湖の底で、土と滋賀羽二重糯の相性がいいからだという。

住所: 滋賀県彦根市金亀町1-1

URL: http://www.hikone-400th.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月19日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
国宝である松本城に、倒壊の危険性がある。2014年から今年にかけて耐震診断を行ったところ、震度6強以上の地震で天守・櫓に倒壊の恐れがあることが分かったという。国宝の城は全部で5つあるが、耐震工事済なのは姫路城のみ。彦根城はまだ耐震診断すら行われておらず、松江城と犬山城は耐震診断は行われているが、耐震工事はこれからの予定となっている。耐震診断では、歴史的建造物ゆえに非破壊検査が必要で診断に時間がかかり、また図面がないため手作業で柱・はりなど全ての寸法を測ってからCG化し、耐震性をチェックする必要がある。加えて壁の強度を測るためにはまったく同じ土壁をつくる必要があるため、耐震診断には時間と費用がかかる。
松本城では、今年度中に工事の基本計画を立ててから、2019年度に耐震工事に着工する予定。姫路城では平成の大修理に約5年、総費用約24億円がかかっている。岸井成格は、「城は観光資源だけでなく地元の人の誇りにもなっている。そこが崩れると大変なことになってしまう」などと話した。ホラン千秋は、「お金もかかるし時間もかかるが、後世に残すためにはしっかりやらないといけない」などと述べた

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.