[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「彦根城」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 7:30 - 8:00 テレビ東京
歴史の道 歩き旅 (忍者の里から井伊家ゆかりの地・彦根を目指す旅)

滋賀県・信楽の澤善 幸せお食事館。1日20食限定の近江軍鶏を使った近江しゃも すき焼膳をいただく。渡辺正行は、歯ごたえがしっかりしていて美味しい、肉を食べてるって感じがするなどと述べた。いろんな部位が楽しめる。もうひとつのおすすめは、地元の味噌に近江鶏のそぼろを入れてつくったたぬき味噌。炊きたての近江米に乗せて食べた渡辺は、これだけでごはんいけちゃうなどと話した。

住所: 滋賀県彦根市金亀町1-1

URL: http://www.hikone-400th.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月16日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(特集)
骨董市で大量に物を買ったドミニカさんが向かったのは在日米軍陸軍基地のキャンプ座間。ドミニカさんは3年前から陸軍士官の夫と3年前からキャンプ座完で暮らしている。ボランティアで土産物店を運営しており、100種類以上の骨董品を扱っている。ドミニカさんはこの店の仕入れを担当しているとのこと。来日前は骨董に興味がなかったが、土産物店で働くようになり日本の歴史を猛勉強したとのこと。文京区で開かれる骨董市では高価な一品が並び達人が集まると言われているが、イギリス人のシーラさんは骨董市の常連で、大学で日本語と着物の文化を教えており着物に関する本を著しているほど。一番の宝は約300年前のもので着物の柄がわかりやすくまとまっている「小袖雛形帳」で骨董市で約2万円で購入したとのこと。骨董市に行ってはこうした着物に関する本を集めているとのこと。着物に惹かれる理由について時代に埋もれない価値観があるとのこと。
達人が集まる骨董市に来ていたイバンさんは30年前に来日したフランス人で以前フランス大使館に務めていたとのこと。この日は「伊万里焼」6000円を購入。家を尋ねると江戸時代の鎧やキセル、昭和初期の版画など100点以上の骨董が飾られていた。骨董に夢中になったきっかけは20年近く前の誕生日に妻の春美さんが伊万里焼を送ったこと。その結果伊万里焼の専門書を出版するほどのマニアになり、14年前自宅で骨董店「だんどりおん」をオープンした。扱う骨董品は1000点以上で総額は小さな家ぐらいは買えるとのこと。一番高いものは鎌倉時代の仏像で数百万円とのこと。春美さんは約50年前の扇風機を買ったことが不満とのこと。

2017年6月7日放送 10:15 - 10:40 NHK総合趣味どきっ!海・山・町を再発見!おとなの歩き旅
お城の歩き方コツを伝授してくれるのは「萩原さちこ」さん。戦国の舞台になった松本城を目指し散歩する際、門をくぐらず城の周りを歩くのがポイント。内堀沿いを歩きながら歩くと城の姿を間近で見ることができる。豊臣秀吉の家臣である石川数正の親子によって築きあげられた。また松本城に大天守の他、辰巳附櫓と月見櫓の建物がつながっている。大天守は秀吉が徳川家康を牽制する目的で築いたときのもので、あとに作られた2つの建物は江戸時代になってから徳川家光を迎えるために、寛永10年に増築されている。さらに進んでいくと見る角度によって、また奥には「犬小天守」と「渡櫓」が作られている。周りを散策したところで門をくぐり正面をみると、新しい発見が読み取れ歴史を感じることができる。
さらに松本城に近づくと、瓦には戸田家「はなれ六星」・小笠原家「三階菱」などの家紋が刻まれている。また、城主が6家23代変わったことによる家紋が至る所に見られるという。黒壁は秀吉が派手好きが好んだ色で、有力な家臣にだけ黒を塗ることを許された。その他に、広島城・熊本城などあるが、全国のうち本物の黒漆を使っているのは松本城だけだという。白い城が見られるのは徳川家康が付けられた「白漆喰」の色。もともと防火性に優れていることから広まったという。当時な城を残すため毎年9月に国産漆を使い続けている。スジカイバケの器具を使い、前年の漆を落とし約5000枚の板を丁寧に塗り上げている。下にある石垣「野面積み」で積まれているが、江戸城では「切り込み接ぎ」で組み合わされている。
天守の中に進んでいくと軍事施設のため極力暗くして作っているという。また増築部分「辰巳附櫓」から「月見櫓」へと進むと、将軍を迎えるために建てられたため平和な時代だからこそ明るく作られている。上の階に進むと「突上げ戸」を発見。また一段は天井低くいが4階にあがると「御座所」場所が設けられており、5階を上がる角度61度階段をあがると5階建てではなく上へと向かう6階があった。断面図は2階を隠し階としているため、5階建てに見えるという。松江城の場合は、4重だが5階地下1階にある。犬山城は3重4階地下2階。松本城のご褒美は、美しい北アルプスの景色が見える。また、最後に年賀状の写真として写真をとった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.