[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「待機児童」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 8:00 - 10:25 日本テレビ
スッキリ!! (ニュース)

「わんずまざー保育園」では園の定員46人に対し、1.5倍の70人近くを受け入れていた。報告されていない分は市を通さず園と保護者が直接契約を結んでいた。1年前から子供を通わせていた、市を通さず契約した保護者は4月から受け入れ先もなく悩んでいた所、「空きはないけど、市には内緒でとりあえず預かります」と園長から持ちかけられた。お金は封筒で直接手渡していた。保護者は、市と契約していない負い目はあったと話す。認定こども園は通常年に1度ほど市の監査が行われるが、その際には市と契約していない子供に休むよう伝えるなど、隠蔽工作がされていた。監査の3週間後に行われた抜き打ち監査で不正が発覚、園長は「待機児童問題で困っている人を助けたいと思ってやった」と話している。一方で働いている保育士は、園長が受け取ったお金の袋を「売り上げ」と呼ぶこともあり、子供が転ぶなどしても助けないことが多々あったと話す。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月25日放送 1:05 - 1:35 TBSNEWSな2人(オープニング)
今回のテーマは。過酷な保育園事情を激白!加藤が男性保育士に挑戦。

2017年3月22日放送 22:09 - 23:25 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
ずさんな実態が問題視されている兵庫県・姫路市の認定こども園「わんずまざー保育園」の保護者説明会が開かれ、「子どもたちは動物か」と怒りを訴える声が挙がり園長への追及が続いた。保育園では園児68人に対し発注していた給食の数は約40人分、残飯が出るのが勿体ないと少量の給食しか与えていなかった。残った給食は最大1カ月冷凍し再利用していた。保育士たちは改善を訴えていたという。園長は「認定を受けた当時から定員オーバーしていた」と話しているという。兵庫県は認定取り消しとする方針だ。

2017年3月22日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(ニュース)
園児を巡って認定取り消しとなるわんずまざー保育園。更に規定の人数に達していない保育士の人数を水増しして年間5000万円の給付金を不正に受給していた。園長は不正請求ではなく余ったお金は園の設備を充実させるために貯めていた。架空請求に当たる分は変換したいとしている。徳原聖雨氏はこの件は明確に詐欺罪に当たると指摘した。姫路市も詐欺罪での告訴を検討しているという。しかし不正受給の分を返還すれば姫路市としては告訴取下げになる可能性は高いという。堀川伸一氏はこうしたケースは非常に稀で、その他にも保育士が遅刻をすると1万円罰金になったり、30分遅刻で無給でボランティアを課すなど保育士に対しても悪質な事柄を行っていた。
一連の問題に園長は「子供を預けるところがなくて困っている保護者を助けようと思った」と話しているという。堀川伸一氏は新しい園を作る、人数を増やすなどの対応は可能なはずで、それを無視してルール違反をしているため明確にお金目当てだろうと指摘した。今回の件で認可内で決まっていた48人は次が決まっているが、その他の直接契約したという22人は受け入れ先が未定だという。結果困っている保護者を苦しめているような状況にもなってしまっている。坂上忍はもちろんこの園長はアウトだが行政もしっかりチェックするなどもっとしっかりしてくれないとと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.