[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「心筋梗塞」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

血管の中を流れる血液の映像を見てみると、増えすぎた糖分で血液がドロドロになっていた。これが健康寿命をおびやかす高血糖という状態。高血糖は食べ過ぎや運動不足によって糖分が血液中に過剰にあふれている状態。放っておくと血管の内側が傷つき血管の老化が促進される。その結果、心筋梗塞などを引き起こし生死に関わる場合も少なくない。こうした高血糖状態の日本人は約2000万人、6人に1人、60代以上は3人に1人の割合でいる。全身の血液量は約4リットル。そこに含まれる糖分の量は健康な人の場合、角砂糖1個分(約4g)。糖尿病(II型)になると糖分は角砂糖1個半(約6g)まで増える。このわずかな量が身体に大きな悪影響を与えてしまう。糖分は米や食パンなど炭水化物に多く含まれる。血糖値を上げないためには糖分が多いものを食べ過ぎない、ゆっくり食べる、野菜から食べる、運動をするといった方法が推奨されてきた。だが、これらの方法に頼らず誰でも持っている遺伝子で血糖値を改善する最新の方法がある。それが高血糖ストップ遺伝子。
ウィスコンシン州にあるウィスコンシン大学医学部は血液をサラサラにする薬「ワーファリン」を作りiPS細胞やES細胞など再生医療研究で医学賞を多数受賞するなど医学の分野で世界をリードしている。この大学の研究チームでは合計76匹のサルを2つのグループに分け普通に飼育したサルともう一方は高血糖ストップ遺伝子を活性化して育てた。研究がスタートしたのは28年前。普通に飼育したサルはほとんどが高血糖で27歳のオス、マチアス君は歳のせいで毛並みもぼさぼさで覇気がない。高血糖ストップ遺伝子を活性化させたグループは血糖値はほとんど上昇しておらず30歳のオス、ルディ君は年上にもかかわらず毛並も立派で表情も凛々しく食欲旺盛。動きも活発だった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月22日放送 19:00 - 20:57 TBS名医のTHE太鼓判!生活改善で余命は伸びるのか?
藤本敏史は余命9年、寿命55歳と診断された。原因は心臓に酸素・栄養を送る冠動脈の動脈硬化、進行すれば心筋梗塞を引き起こす可能性がある。悪玉コレステロールも基準値を大幅に超えており、血管が硬くもろくなる。普段は妻・木下優樹菜が健康的なメニューを作っているが、間食が多く、運動不足だった。17時間起きているなかで約15時間座っていた。藤本は悪玉コレステロールが非常に高く、すぐにでも治療が必要な状態。
藤本の生活改善に立ち上がったのは油研究科の林裕之氏。つい取りすぎてしまうのが一般的な植物油であるオメガ6。1日の摂取量の目安は約9gだが、日本人の平均摂取量は約36g。この日の藤本は約77gを摂取、少由生活が必要な状態。揚げ物を避け、エゴマ油・アマニ油や魚に含まれるオメガ3を多く摂る。サラダにかけるとオススメなのが豆乳マヨネーズ、豆乳50mlに塩・コショウをお好みで入れ、酢大さじ2、アマニ油100mlを入れるだけで完成。
藤本は座りすぎなのも不健康な原因。重要なのが非運動性活動熱産生(NEAT)、掃除や洗濯など運動以外で消費するエネルギーを指す。1日中座りっぱなしだった藤本は自宅で食器洗いなどを行った。妻・木下優樹菜は藤本の状況に怒り、「まだローンが33年残っている」と話していた。
藤本はいびきが大きく睡眠時無呼吸症候群の症状も現れている。診断基準の1つは10秒以上の呼吸停止が1時間あたり5回以上だという。

2017年5月20日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(特集)
現在は近所の人との交流を楽しむ佐々木武さん。10年前に妻と死別。不幸のどん底をさまよう。約30年前に妻・輝子と結婚したが佐々木が62歳の時に心筋梗塞で急死。何にも気力が沸かない日々、自殺も考えたがある会への参加が転機となった。

2017年5月19日放送 19:00 - 19:57 フジテレビその原因、Xにあり!その痛み、突然死を招く病のサイン!?知って助かる見分け方
ブラザートムを襲った肩の痛みの正体は心筋梗塞の前兆だと考えられると榊原雅義先生は話す。
心筋梗塞は動脈硬化などでできる血栓が原因で冠動脈を詰まらせること。血管が詰まることで心臓の一部が壊死し3割が病院に行く間もなく命を落とす。2011年に松田直樹さんも心筋梗塞で亡くなっている。ブラザートムが悩まされた肩こり・目の痛み・頭痛・アゴの痛みは脳の錯覚によるものと榊原雅義は話す。心臓の痛みは脊髄を通り脳へ伝わるが、この通り道は肩と顔と同じなので脳は肩や顔の痛みと錯覚することがある。また発症直前の手のしびれも脳の錯覚で、心臓の痛みを腕のものと錯覚する。搬送されたブラザートムさんは血流回復のため緊急でカテーテル手術を行った。
発症から11年後の現在、後遺症もなく活動を続けている。このあと森本レオが体験した心筋梗塞を告白。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.