[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「心筋梗塞」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

血管の中を流れる血液の映像を見てみると、増えすぎた糖分で血液がドロドロになっていた。これが健康寿命をおびやかす高血糖という状態。高血糖は食べ過ぎや運動不足によって糖分が血液中に過剰にあふれている状態。放っておくと血管の内側が傷つき血管の老化が促進される。その結果、心筋梗塞などを引き起こし生死に関わる場合も少なくない。こうした高血糖状態の日本人は約2000万人、6人に1人、60代以上は3人に1人の割合でいる。全身の血液量は約4リットル。そこに含まれる糖分の量は健康な人の場合、角砂糖1個分(約4g)。糖尿病(II型)になると糖分は角砂糖1個半(約6g)まで増える。このわずかな量が身体に大きな悪影響を与えてしまう。糖分は米や食パンなど炭水化物に多く含まれる。血糖値を上げないためには糖分が多いものを食べ過ぎない、ゆっくり食べる、野菜から食べる、運動をするといった方法が推奨されてきた。だが、これらの方法に頼らず誰でも持っている遺伝子で血糖値を改善する最新の方法がある。それが高血糖ストップ遺伝子。
ウィスコンシン州にあるウィスコンシン大学医学部は血液をサラサラにする薬「ワーファリン」を作りiPS細胞やES細胞など再生医療研究で医学賞を多数受賞するなど医学の分野で世界をリードしている。この大学の研究チームでは合計76匹のサルを2つのグループに分け普通に飼育したサルともう一方は高血糖ストップ遺伝子を活性化して育てた。研究がスタートしたのは28年前。普通に飼育したサルはほとんどが高血糖で27歳のオス、マチアス君は歳のせいで毛並みもぼさぼさで覇気がない。高血糖ストップ遺伝子を活性化させたグループは血糖値はほとんど上昇しておらず30歳のオス、ルディ君は年上にもかかわらず毛並も立派で表情も凛々しく食欲旺盛。動きも活発だった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 9:50 - 11:25 フジテレビノンストップ!ノンストップ!サミット
セカンドパートナーについての視聴者の意見として「私にはセカンドパートナーがいます。25年くらいの付き合いになります。手を繋いだこともありませんが、一番信頼できる人だと思います。」などを紹介し、「私にとってもいた。出川さん。ダメなところは言ってくれる。」などと千秋さんが話した。

2017年6月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるおびハテナ?
先月千葉県白井市の国道で起きた交通事故。この時に偶然通りかかった3人の行動で1人の命が救われた。今週月曜日に警察署から3人に感謝状が贈られた。3人のうちの1人の男性は自ら運転する車をぶつけ壁面に接触しながら走っていたトラックを止めた。当時の現場の様子を番組で語ってくれた。男性はいつもどおり会社に向かっているときにある異変が、追い抜きざまにトラックの運転席を見ると意識を失っている男性を発見した。直感的に危険を察知したという男性は約500m先には交差点が迫っていた。 「このくらいのスピードなら止められる」「自分の車はあきらめよう」と咄嗟の判断でトラックの前に入り自分の車をトラックにぶつけ止めたのだという。実はこの時トラックの運転手は心筋梗塞で呼吸停止の状態だった。しかし、このとき偶然現場に居合わせた看護師の的確な救命措置さらに迅速な搬送もありトラックの運転手は奇跡的に一命をとりとめた。

2017年6月16日放送 10:40 - 10:55 NHK総合先どり きょうの健康突然の激痛!痛風を防げ
痛風のサインは尿酸値。尿酸値が7mg/dLを超えると痛風を起こしやすい。そのため高尿酸血症と呼んで病気として治療を行うことになる。高尿酸血症により起こる病気には腎臓病、尿路結石がある。また尿酸値が高いと尿酸が血管を傷つけ動脈硬化を起こす。さらに複数の生活習慣病を持っている人は狭心症・心筋梗塞を引き起こしやすい。

2017年6月15日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーそもそも総研
iPS細胞での心臓病治療について。山下潤教授は、心臓病は心臓が止まると心臓移植をしないと治療ができない、移植は年間30~50件ほどで数が足りておらず、心臓の再生治療をiPS細胞を使ってやろうというのは全国で盛んに行われており、臨床応用に近いところになっているなどと話した。方法については、心筋細胞そのものを誘導し塊にして移植するなど様々なアプローチがある、我々はシート状のものを重ね分厚い組織にしたものの移植を考えているなどとした。5枚重ねた細胞シートは厚さ約0.2ミリほど。山下教授は、心筋梗塞を起こす前に近いかたちまで戻る場合もあるなどとした。

2017年6月14日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
5年毎の国勢調査を元に年齢の偏りを調整し分析した、おととし1年間の人口10万人あたりの「死亡率」が男女ともに過去最低となり、厚生労働省は食生活の改善や医療技術の向上がその要因と見ている。 死亡率は男性が486,女性が255。7年前に比べて男性が58.3、女性が20ポイント低下した。死亡した原因は男性ではがんが最も高く、10万人あたりの死亡率が165.3そこに心筋梗塞などの心疾患が65.4で続く。女性ではがんが87.7、心疾患は34.2。都道府県で死亡率が最も低かったのは男性が長野で434.1、女性も長野で227.7。死亡率が高いのは男女共に青森で、585.6・288.4。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.