[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「恋ダンス」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア スポーツアクア400

ことしの春のセンバツ開会式の入場行進曲が、星野源の「恋」に決まった。ドラマ主題歌として人気を集め、「恋ダンス」も大きな話題になった。過去10年の歴代行進曲を見ると、2007年はTOKIO「宙船」、2009年はGReeeeN「キセキ」、2014年はAKB48「恋するフォーチュンクッキー」など、前年のヒット曲が選ばれている。そうした中で、2015年は大ヒット映画の主題歌「Let It Go ~ありのままで~」、2016年は西野カナ「もしも運命の人がいるのなら」だった。星野源は「体が勝手に動くようなダンスミュージックになったらいいと思って作った曲。高校生のみなさんがワクワクして前向きな気持ちになってもらえたらうれしい」とコメントしている。センバツ高校野球は今月27日に出場32校が決定し、3月19日に開幕する。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月23日放送 21:00 - 23:18 フジテレビとんねるずのみなさんのおかげでした全落ハイサイクラシック
次は筧美和子「恋ダンス!ウェデング丸太落ち」恋ダンスを踊り終わった阿智に丸太のヒモを引っ張って転落となる。シェラトン沖縄のウェデングPVと聞き、信じて現場に到着。リハーサルから本番がスタートした。

2017年3月22日放送 22:00 - 22:50 NHK総合放送記念日特集今、テレビはどう見られているか
TBS「逃げるは恥だが役に立つ」は家政婦とその雇い主が契約結婚する物語で、エンディングの「恋ダンス」も人気を博した。初回の視聴率は10.2%だったが、最終回は20.8%を記録。回を追うごとに大量の人々がドラマを視聴するようになった。リサーチ会社のインテージはテレビ、パソコン、スマホをいつ、どのように使用したのか、7000人分の動きを1分単位で記録していて、調査に協力している男性が当番組の密着に応じてくれた。この50代男性は「Facebook」でドラマについての書き込みを見つけ、第6話から録画で視聴開始。代わって、39歳の男性はネット検索で「恋ダンス」の映像を見つけ、世間の波についていこうとドラマを視聴し始めたという。ネット上に横溢する「逃げ恥」に関する情報が多くの人々を視聴へと促すカンフル剤となり、さらに途中のエピソードから視聴を開始した人は動画サイトで過去の放送回を視聴し、最新回は見逃し配信など都合のいい時に視聴している人もいた。

2017年3月22日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビキラビト!
大学で軽音楽サークルに所属している藤村聡之さん。ギターをはじめて半年でなかなか思い通りに指が動かないと苦戦しているが、実はあることにかけては世界一だ。それは指パッチン。実は、1分間の片手指パッチンがギネス世界記録に認定されている。1秒間の指パッチンを計測してみると12回!そんな藤村さんが新たに挑戦しているのが指パッチンをしながらの恋ダンス。新境地を切り開く藤村さんから最後に「ミュージシャンのみなさん、僕と一緒にセッションしてください」とお願いした。

2017年3月20日放送 0:10 - 0:55 NHK総合アスリートの魂(オープニング)
日本を代表する4人のフィギュアスケーターが恋ダンスを練習する映像を紹介。平昌五輪まであと1年となり、男子フィギュア界は新時代に突入している。 勝負は最高難度の4回転ジャンプを何本決められるか。羽生結弦が挑むのは4回転ジャンプをフリーで4本跳ぶ、これまでにない演技。羽生は「限界を感じたことがない」と語った。

2017年3月19日放送 2:30 - 3:40 日本テレビSENSORS(SENSORS IGNITION 2017)
IGNITION2017が来週開催、今年のテーマは「発火装置」。テクノロジー&エンターテインメント&ビジネスのトップランナー達が未来を占う。登場予定のゲストを紹介。イベントに先駆け、きょうは齋藤精一と土屋敏男が対談。まずは昨年の様子を振り返り、「研究者に限らず一般人も来れるのが良いですよね」などコメントした。土屋さんも「電波少年」の製作に触れ、「テクノロジーから新しい企画が生まれますから」と説明。イベントでは「e-skin」などをIoTコーナーに用意する。「IoTは日本の得意分野」としたうえで、今後も楽しみと述べられた。そのうえで「使い手の受け取り方だね」など分析する。また2人は「超指向性スピーカー」へ注目。「研究者とクリエイターが交わればどんどん進化出来る」と見通した。一方、コンテンツを「外に出す必要ないんじゃないか」とも。「見たかったら外から来ればいい」など語る。世界初・個性学習型の「ユニボ」のような、新進気鋭のアイテムが続々生み出される日本。根底には「面白いものを作りたい」という、妄想があると述べる。実際に土屋さんの妄想を、齋藤さんが技術で実現した「ゴースト刑事」も。見る順番で物語が変化する、パラレルVRドラマだ。「お互い積み上げ式の議論が出来た」と満足げ。
4月からSENSORSがリニューアル。毎月最終土曜夜には業界トップランナーたちを招き、話題のプロジェクト・テクノロジーなどビジネスの視点から掘り下げる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.