[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「成人式」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:43 - 1:18 TBS
上田晋也のニッポンの過去問 荒れる成人式

派手な格好で成人式に出席する新成人は、北九州では2003年くらいからあったという。山口教授は、貸衣装屋を訪れた男性2人が金色と銀色の衣装を揃いで作ったというのが始まりだと説明した。荒れる成人式が話題になった年代ともかぶっていて、いわゆるヤンキー的な思考の人という層は似ていると説明した。さらに、上田はテレビカメラの存在に触発されている新成人もいると指摘。龍崎教授は「前例があり、カメラも何かありそうなところに配置するという相乗効果みたいなものもあるかという気もする」と話す。こうした成人式だが、その起源は1946年の11月22日~24日、当時の埼玉・蕨町で行われた式典「第1回青年祭」と言われる。山口教授は、戦後の大きな社会の変化の中で、参政権を得て民主主義を担う者になるという自覚を促す目的があっただろうと説明した。さらに、今後の成人式について「そんなに意味を考えなくてもいい。軽く考えるという手もある。結局、考えてみると成人式で「今の若者はダメだ」というのは歴代の大人が言ってきたこと。「最近の若者は」と言っている人たちも、かつては成人式で私語をしたり参加しなかった人たち。「どの口でそれを言うんだ」という感じはする」とコメントした。龍崎教授は「荒れるという言葉を使っているのは大人の方。荒れ方をどうコントロールできるかが、本当の大人の荒れ方」とコメントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月10日放送 1:53 - 2:41 NHK総合明日へ−つなげよう−明日へ つなげよう
今年、震災から6年を迎える。東日本大震災、熊本地震の被災地では、新成人達が復興への思いを新たにしていた。一連の事件で被害を受けた熊本県・益城町。今も、人工の2割以上にあたる約7300人が仮設住宅などでの暮らしを余儀なくされている。今年の成人式、322人が成人を迎えた。成人式では、「復興元年ともいえるこの年に成人を迎える私たちに課せられた使命は大きいものがあるとここに集う新成人1人1人が感じている」と新成人が話した。
東日本大震災の被災地、福島県・葛尾村。去年、原発事故による非難指示が大部分で解除になり、6年ぶりに村で成人式が開かれた。新成人は、避難先などから村に集まった。避難以来初めて会うという人もいたそう。「震災前はここでやるのが当たり前だった。戻ってきたんだなと感じる」と新成人が話した。
宮城県・南三陸町の仮設商店街。振り袖姿の新成人が入っていくのは写真展。この仮設商店街は、今年3月に移転が決まっていて、去年の大晦日にほとんどのお店が閉店した。しかし写真展は、成人式の日まで営業を続けた。震災当時、中学2年生だった今年の新成人。若い世代が、これからの復興を支えていく。南三陸町の仮設商店街、これまでは仮設だったが、震災後に新たに作られた高台に移転して、3月3日から本格的に営業を始める。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.