[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「成人式」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:43 - 1:18 TBS
上田晋也のニッポンの過去問 荒れる成人式

派手な格好で成人式に出席する新成人は、北九州では2003年くらいからあったという。山口教授は、貸衣装屋を訪れた男性2人が金色と銀色の衣装を揃いで作ったというのが始まりだと説明した。荒れる成人式が話題になった年代ともかぶっていて、いわゆるヤンキー的な思考の人という層は似ていると説明した。さらに、上田はテレビカメラの存在に触発されている新成人もいると指摘。龍崎教授は「前例があり、カメラも何かありそうなところに配置するという相乗効果みたいなものもあるかという気もする」と話す。こうした成人式だが、その起源は1946年の11月22日~24日、当時の埼玉・蕨町で行われた式典「第1回青年祭」と言われる。山口教授は、戦後の大きな社会の変化の中で、参政権を得て民主主義を担う者になるという自覚を促す目的があっただろうと説明した。さらに、今後の成人式について「そんなに意味を考えなくてもいい。軽く考えるという手もある。結局、考えてみると成人式で「今の若者はダメだ」というのは歴代の大人が言ってきたこと。「最近の若者は」と言っている人たちも、かつては成人式で私語をしたり参加しなかった人たち。「どの口でそれを言うんだ」という感じはする」とコメントした。龍崎教授は「荒れるという言葉を使っているのは大人の方。荒れ方をどうコントロールできるかが、本当の大人の荒れ方」とコメントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月7日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
18歳の方が19歳よりも選挙の投票率が高いのはなぜかという所に焦点を当て、親元を離れた学生の半分以上が住民票を移していない理由にせまる。理由として移してしまうと地元の成人式の案内が来ないのではないかという懸念や、子供が国民年金を払わないではないのかという心配から。それらの声に対し、学生は在学中の保険料納付が猶予される制度や、新しい居住地で地元の選挙に投票できる不在者投票制度がある。また、自治体の呼びかけ、高校での説明、大学の入学案内のパンフレットに入れるなど選挙デビューがうまくいくように対策されている。アナウンサーは若者自身に有権者の自覚を持ち、親も住民票の確認をして欲しいと呼びかけた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.