[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「手越殿」 に関するテレビ情報

2017年1月7日放送 1:50 - 2:20 日本テレビ
指原&水卜の!上には上がいるもんだ (上には上がいるもんだ)

小山慶一郎の憧れの人は日テレアナウンサーの藤井貴彦で、マッチさんみたいな感じだという。マウスピースを持ち歩き、発声で使っている。これについて手越は「楽屋で肺活量を鍛えるためいつも訳の分からない笛を吹き続けている。それがすげーウルサイ!」と話している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月19日放送 19:58 - 20:54 日本テレビ世界の果てまでイッテQ!内村が振り返るイッテQ!の10年
2007年5月の手越祐也の初ロケを振り返った。内村光良は「何であんなチャラくなったのかな」と手越の変化についてコメントした。

2017年2月10日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!SHOWBIZ TODAY
世界の果てまでイッテQ!は今年で10年目。この10年をメンバーに振り返ってもらうと、映像を振り返ると皆細かったなと話された。一番変わったのは手越だといい、人格ごと変わったと話した。

2017年2月8日放送 22:00 - 22:54 フジテレビモシモノふたりモシモノ控え室
ドラマで共演する香里奈と加藤シゲアキの控室をのぞき見。加藤は自分で漬けた梅干しを持参した。10年前から漬けていて、漬け方にもこだわりがあるという。最近ではNEWSの手越がよく食べるという。食べた香里奈は「美味しい、梅」と感想を語った。加藤は去年の誕生日にNEWSの小山からもらったスロージューサーを持参した。ニンジン・みかん・レモンを使ったスロージュースを作った。得意料理を質問された加藤は「しめ鯖」と答えた。

2017年2月7日放送 10:25 - 11:30 日本テレビPON!PON!PON!話そうフェニックスの部屋
「世界の果てまでイッテQ!」の番組宣伝。宮川大輔は手越祐也とタイでカリフラワー祭りに挑戦。イモトは100ヵ国を達成し、スペシャルゲストとして草刈正雄も登場。出川の名物企画もある。また「世界の果てまでイッテQ! 10周年記念 DVD BOX-BLUE/BOX-RED」も26日に発売される。

2017年2月4日放送 0:50 - 1:20 TBSNEWSな2人(悪質じゃない!真面目なサークルが集結)
小山は、約200ものサークルがある東大を訪れた。1つ目に紹介するのは、創設6年目でサークル員数200人を超えたダンスサークル「BOILED」。ここは、いくつかの大学が合同で作るサークルであるインカレの形式をとっている。サークル内での恋愛は自由のようだが、活動は週2日、時には深夜練習を行うなど活動は真剣だ。
続いては、1964年創設の「東大襖クラブ」を紹介。もとは苦学生が生活費を稼ぐために創設した「ふすま張替えサークル」だ。その活動内容は、一般家庭や寺などのふすまや障子を張り替え、料金をもらうアルバイト形式となっている。料金は障子1枚750円、ふすまの場合は1100円~となっている。収入は1人あたり平均で月5万~6万円になるという。その活動内容から一見すると出会いがなさそうだが、所属している学生のうち半数以上が女子だ。すると小山は、所属する女性生徒の1人の後藤ももさんを見て、「可愛いじゃん。恋しないの?」と会長の佐々木悠さんに尋ねるが、「仕事仲間なので」と真面目だった。後藤さんは「音楽やスポーツは経験者が有利。でもふすまを始めている人は絶対にいない」と語った。
続いて紹介するのは1982年創設の「東大クイズ研究会」。35名のメンバーで週1回、約5時間のクイズ大会を行っている。小山はクイズ大会に参加して挑戦したが、全く歯が立たなかった。さらに最終問題はNEWSに関連するサービス問題となったが、小山は「~ですが」の問題を早とちりして不正解となった。
最後に紹介するのは「みかん愛好会」。代表の寺田連蔵さんは、全盛期の4分の1にまで減少しているみかんの消費量を増やすことが目的と語る。愛好会は、改めてその魅力を知ってもらうために学校内で5,000個のみかんを無料配布。ほかにも、サークル合宿では愛媛県や和歌山県など、全国のみかん農家を訪問して栽培法を学んだり、旅行代理店とともにみかんバスツアーを企画したりと、様々な活動をしている。そんな「みかん愛好会」が、みかん普及のために考案したメニューを紹介。みかんの実とハムとチーズを巻いた「みかん春巻き」を食べた小山は、「うまい。酸味と甘味がちょうどいい」と驚きの表情を浮かべた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.