[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「文科省」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード (ニュース)

加計学園の獣医学部開設をめぐり、「総理のご意向」などが書かれた内閣府の文書について、松野文科相は存在確認できなかったとした。加計学園の加計孝太郎理事長は安倍総理の腹心の友とされる存在。文書が事実であれば、内閣府は「官邸最高レベル」と文科省へ対応を迫ったことになる。民進党の議員は今治市の学校建設予定地を訪問。文科省が調査したのは共有ファイルのみで、ヒアリングは幹部7人だけだった。義本博司総括審議官は個人のファイル確認の必要はないとした。義家文部科学副大臣は文書の中身について齟齬はないとしていた。北村直人元衆院議員は文科省の結論は不可解だと指摘。北村氏は文書は100%本物だと思うと主張。加計氏との会話で、交流のある政治家は安倍晋三さんと答えたとした。
京都市の京都産業大も獣医学部の新設に手を挙げた。京都産業大の提出した書類は20枚、加計学園は2枚で不備ありだった。参院農水委で、自由党の森ゆうこ参院議員は「MERS」の単語間違いを指摘。しかし、去年11月国家戦略特区諮問会議で、山本幸三規制改革相は獣医学部は基本的に広域的に足らないところを念頭に置くとした。これにより、京都産業大は大阪府立大学があるため、不利。さらに平成30年4月開設1校のみで断念。京都産業大は「平成30年開設は難しい、どこも無理だと思ったが、加計学園はよく手を挙げた」と指摘。山本幸三規制改革相は会見で、安倍総理からの指示は全くないと主張した。

住所: 東京都千代田区霞が関3-2-2

URL: http://www.mext.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月24日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
安倍総理は加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で「意向がまかり通る余地なし」と改めて強調。文科省の公表した”萩生田メモ”について前川前事務次官は、総理が開学の時期にまで言及したのは間違いはない、としているが萩生田官房副長官は「総理からいかなる指示も受けたことはない」と強く否定。この日安倍総理は年内にも憲法改正案を国会に提出する考えを示した。

2017年6月24日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
萩生田官房副長官が文科省の局長と面会した際の発言が文書にまとめられていた。文科省だけが怖気づいている、官邸は絶対やると言っているという発言が載っている。

2017年6月24日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびめざましNEWS
加計学園の獣医学部新設問題をめぐり、文科省の前川前事務次官が千代田区の日本記者クラブで記者会見を開いた。前川前事務次官は「文部科学省は一定の説明責任を果たしつつあるといえるが、官邸、内閣府に国民に説明責任を果たしてもらう必要がある」と首相官邸や内閣府を批判し、具体的な説明を求めた。松野文科相、義家文科副大臣は文科省の萩生田官房副長官の発言に関する新たな文書の存在を公表し謝罪。前川氏は「在職中には見たことないが、中身は間違いないのではないか」とした。萩生田官房副長官は「安倍首相からの指示もないし、自分が指示をしたこともない」とした。前川氏はキーパーソンは和泉総理補佐官だとし、自分に働きかけがあったと暴露。前川氏は総理官邸と文部科学省はヘビとカエルのような関係で、まだまだ文書はあると主張。

2017年6月24日放送 5:50 - 6:00 テレビ朝日ANNニュース(ANN NEWS)
加計学園問題で前川前事務次官が会見で一番のキーパーソンは和泉総理補佐官だと話した。理由について和泉総理補佐官から「総理は自分の口から言えないから私が言う」などと直接言われたことや、萩生田官房副長官が和泉補佐官と話した内容を文科省に伝えたとする文書の存在することなどを挙げた。和泉補佐官が全体の統括をする立場にいたのでは、と話した。和泉補佐官は取材に対して、記録が残っておらず確認できないなどとしている。

2017年6月24日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデーNNNニュースサタデー
今週文科省が公表した「萩生田副長官ご発言概要」との文書には「総理は平成30年4月開学とおしりを切っていた」など記されているが萩生田副長官は発言を否定している。前川前文科次官はこの文書について「内容はほぼ事実だと思う」と述べた。また特区の決定のキーパーソンは誰かという質問には「和泉総理補佐官」と答え、「私に直接の働きかけがあり、全体のシナリオも書いていると思う」などと述べた。さらに文科省の中にはこの件についての文書はまだ眠っているだろうと話し、第三者機関による政策決定プロセスの検証が必要だと訴えた。一方萩生田副長官は前川氏が文書の内容はほぼ事実だと述べたことについて「私の側から文科省に支持や働きかけをしたわけではないことが明らかになったのではないか」と述べた。その上で前次官の話は推測に基づくものが多くコメントに値しないが総理からいかなる指示を受けたこともなく指示を伝えたこともないと改めて強調した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.