[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「文科省」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード (ニュース)

加計学園の獣医学部開設をめぐり、「総理のご意向」などが書かれた内閣府の文書について、松野文科相は存在確認できなかったとした。加計学園の加計孝太郎理事長は安倍総理の腹心の友とされる存在。文書が事実であれば、内閣府は「官邸最高レベル」と文科省へ対応を迫ったことになる。民進党の議員は今治市の学校建設予定地を訪問。文科省が調査したのは共有ファイルのみで、ヒアリングは幹部7人だけだった。義本博司総括審議官は個人のファイル確認の必要はないとした。義家文部科学副大臣は文書の中身について齟齬はないとしていた。北村直人元衆院議員は文科省の結論は不可解だと指摘。北村氏は文書は100%本物だと思うと主張。加計氏との会話で、交流のある政治家は安倍晋三さんと答えたとした。
京都市の京都産業大も獣医学部の新設に手を挙げた。京都産業大の提出した書類は20枚、加計学園は2枚で不備ありだった。参院農水委で、自由党の森ゆうこ参院議員は「MERS」の単語間違いを指摘。しかし、去年11月国家戦略特区諮問会議で、山本幸三規制改革相は獣医学部は基本的に広域的に足らないところを念頭に置くとした。これにより、京都産業大は大阪府立大学があるため、不利。さらに平成30年4月開設1校のみで断念。京都産業大は「平成30年開設は難しい、どこも無理だと思ったが、加計学園はよく手を挙げた」と指摘。山本幸三規制改革相は会見で、安倍総理からの指示は全くないと主張した。

住所: 東京都千代田区霞が関3-2-2

URL: http://www.mext.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
加計学園が獣医学部を新設するにあたって作成された文書の中に「総理のご意向」などと書かれていた。前川喜平氏は一部報道で「間違いなく本物です」と明言していた。内閣府は文科省担当者に短期間での獣医学部新設の実行を強く促していた。民進党は「国民の疑念を晴らすためにも本人を呼んで事の真相を明らかにすべき」と追求したが文部科学大臣は「委員会の運営に関して行政からの意見は控える」と返した。菅官房長官は「前川氏は文科省の天下りの調査に対して問題を隠蔽した事務方の責任者」と反論した。果たして安倍総理の意向は含まれるのか。

2017年5月25日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
国家戦略特区を利用して獣医学部を新設する予定の加計学園をめぐる「総理のご意向」文書について、当時の事務方トップだった前川前文科事務次官が会見を開き「文書は本物である」と主張し証人喚問にも応じると述べた。また出会い系バー通いについて否定しなかった。会見を受け義家文科副大臣は「本当だと証明してほしい」と話した。一方で民進党の今井雅人衆院議員は前川氏の国会への召喚を求めた。

2017年5月25日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
今年1月まで文部科学省の事務次官だった前川喜平氏が会見を行い、加計学園を巡る文書について確実に存在していたと明言した。また一部報道の出会い系バーに頻繁に出入りしていたことについても事実だったと話した。文書について存在すると証言した前川氏に対し文部科学省や政府はどのような対応を行うのか。

2017年5月25日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
前川前事務次官は「あるものをないと言ったり知っていることを知らないと言ったりというのはこれ以上やるべきではない」とメディア前で話したが、松野文科相はこのインタビューを「見ていない」と話した。加計学園の獣医学部新設に関して文書には「総理のご意向」などと記されており、獣医学部の早期開校が迫られていた。加計学園の理事長と安倍総理は「腹心の友」であるため、便宜が図られたのではないかと野党は追求した。政府は信ぴょう性に疑問を呈してきたが当時の文部科学省トップ・前川前事務次官が証言した。文科省は今月19日に「文書は確認できなかった」としており、松野文科相は再調査の考えを示さなかった。菅官房長官は真っ向から否定した上で、前川氏が組織的な斡旋と隠蔽を理由に辞任した話題に触れた。民進党は参議院で前川氏の参考人招致を要求したが、与党側は「参考人招致には全会派の合意が必要」であるとして要求を拒否した。
前川前事務次官は加計学園の文書に関する会見を開き、「文書は見つけるつもりがあれば見つかる。私がこう発言することで調査をしたが確認できなかったとしている文科省には混乱が生じるだろう。しかしあったものをなかったことにはできない。人材需要の見通しを示していないのに文科相において設置認可の審査をするところまできてしまっている。極めて薄弱な根拠のもとで規制緩和が行われた。公正公平であるべき行政のあり方が歪められたと認識している」と話した。さらに証人喚問があれば出席する意向を示した。また出会い系バーに通っていたと読売新聞に報じられたことについては、「女性の貧困の実態を実際に会って話を聞いた」と答えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.