[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「新橋(東京)」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 20:54 日本テレビ
内村カメラ 通行人が街頭大喜利&有名芸能人も多数参戦

DJ KOOが新橋・大阪の皆さんに「オリジナルの即興ラップであなたの日頃のストレスを発散してください」と出題。新橋駅前SL広場に内村カメラを設置、新入社員らが即興ラップを披露した。映像を見て内村光良は情報ゼロとコメント。
つづいて大阪のいろんな街角に内村カメラを設置。ヒゲおじさん、茶髪男性らが即興ラップを披露した。ラップ部門21名の中から優勝者を決定する。その前に指原莉乃がストレス発散ラップを披露する。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月27日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
前人未到の29連勝から一夜明け、藤井四段の地元の愛知県瀬戸市にあるお店では名物の瀬戸焼きそばを値引きしてお祝いした。将棋にちなみ豚の”角”煮を入れた新メニューも誕生した。史上最年少で30年ぶりに連勝記録を更新した藤井四段に日本中が歓喜した。さらに将棋会館の近くにあるみろく庵ではきのう藤井四段が昼食に食べた勝負メシの豚キムチうどんにオーダーが殺到した。11時間を超える激闘の末、19歳の増田四段を下し大一番を終えた藤井四段は報道陣の前に現れ、「自分でも29連勝というのは想像もできなかったことで喜びとともに非常に驚いている」とコメントした。大記録達成に母の裕子さんは「一局一局大切にこれからも強くなるという目標に向かって進んでいってほしいです」とコメントしている。藤井四段へのさらなる期待は連勝記録をどこまで伸ばせるかで藤井四段は「連勝は意識せずに一局一局全力を尽くして指していきたいと思う」と述べた。次の対局は来月の2日に行われる竜王戦の決勝トーナメントの2回戦で佐々木勇気五段と対決する。

2017年6月27日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
藤井聡太四段が29連勝を達成した。地元の愛知・瀬戸市では喜びの声が聞かれファンクラブ設立の動きも出ている。前人未到の偉業に安倍首相も祝福。昨日、増田康宏四段との竜王戦決勝トーナメント1回戦に挑んだ藤井四段。将棋界唯一の10代の対局は約11時間半の末、藤井四段が勝利、29連勝は歴代単独1位。地元の瀬戸市ではご当地グルメの焼きそばを配布し祝福した。
対局終了から約30分後、藤井四段は会見で単独1位になれたのは特別な感慨、今までと違った喜びがある、家族と師匠にうれしい気持ちを伝えたいなどと語った。母の裕子さんはこれからも強くなるという目標に向かって進んで欲しいとコメントした。師匠の杉本昌隆七段は改めて感動したと話した。羽生善治三冠ら将棋レジェンドからも期待の声が寄せられた。次の対局は佐々木勇気五段。来月2日に行われる。

2017年6月27日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
藤井四段が29連勝を達成し、将棋界に新たな歴史が刻まれた。29連勝の達成の快挙に全国で喜びの声が聞かれ、新橋では号外も配られた。藤井聡太四段は「自分でも想像ができなかったことで、喜びと共に非常に驚いています」と会見でコメントした。藤井四段ブームが全国で広がっている。快挙達成から一夜明け、地元の愛知の瀬戸市では「涙が出るほど嬉しい」、「藤井くん細いから体壊さないように頑張ってください」と言った声や、首相官邸では安倍総理も「若い力が新しい歴史を作りましたね。日本人に夢や希望を与えてくれた」とコメントした。家電量販店では将棋盤の売り場を拡大。売り上げは3倍になっているとか。ヨドバシカメラ玩具チームの雨宮晃士さん「おじいちゃん、おばあちゃん、もしくは親御様が(子どもに)教えたいということで売上が上がっております」と語った。御徒町の将棋センターも連日満員。お客さんたちの会話は藤井四段の会話でもちきり。「藤井さんの将棋を見て小学生の時にやっていたが、またやりたくなった」という初めて将棋センターを訪れた男性の姿も。御徒町将棋センターの林部英利主任は「あんなに勝つ人はみたことないですね」と語り、センターには大人に混じって子どもの姿も。彼らの将来の夢はもちろん「プロ棋士です」「藤井四段のようになりたい」など、今や子どもたちのあこがれの存在になった藤井四段。おばあちゃんが五歳の時に将棋盤を飼ってあげたのがキッカケ。「子どもにやりたいことをやらせる」というのが教育方針のもとに育った藤井四段は中高一貫校を選択。

2017年6月27日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
29連勝を達成し30年ぶりの新記録となった藤井聡太四段は思い出に残る対局を聞かれると加藤一二三先生との一局と答え、連勝記録については意識せずに一局一局指していくなどとと述べた。新記録について羽生三冠は「歴史的な快挙」などと述べ、師匠である杉本七段は「至福の時間をもらった」などと述べた。28連勝の記録を持っていた神谷八段は「記録を破ったからには1個で止まらないでほしい」などと述べた。母の裕子さんは「これからも強くなるという目標に向かって進んでいってほしいです」などと述べた。今後の目標について藤井四段は「タイトルを狙う棋士になりたい」とのこと。

2017年6月27日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
きのう11時間以上にわたる対局が終了し、藤井四段の前人未到の29連勝を達成すると町中では号外が配られた。きのうの対局の相手は19歳の増田康宏四段。藤井四段が関西の天才と呼ばれているのに対し、増田四段は関東の天才と呼ばれている。きのうの対局は序盤・中盤両者譲らず、増田四段が一時攻め込んだ。終盤藤井四段がスピード感のある攻めで91手で勝利した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.