[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「新華社通信」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月6日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ
国営新華社通信によると5日午前1時頃、液化ガスを積んだタンクローリーが積み下ろし作業中に爆発した。8人が死亡し、9人がケガをした。消防は現場付近の貯蔵タンクを移動するなどして被害の拡大を防いでいる。当局は爆発した原因を捜査している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.