[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「日刊スポーツ」 に関するテレビ情報

2017年6月19日放送 4:00 - 5:25 TBS
はやドキ! いまドキ! 新聞ピックアップ

上野動物園の赤ちゃんパンダが順調に育っている。

URL: http://www.nikkansports.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月27日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアスポーツ紙イッキみせ
日刊スポーツから、大谷翔平がオールスターゲームに選出。大谷は左ふともも裏肉離れで試合から離れ、8試合しか出場していない。大谷は感謝をしたが、どうなるかわからないとした。サンケイスポーツは大谷は44万7000票の投票があり、オールスターの見納めになるかもしれないと伝えた。

2017年6月26日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
日刊スポーツでは、「市川海老蔵が25日、ブログで、25日に乳がんで亡くなった妻、小林麻央さんのみたまうつしの儀を終えたことを報告した。長女、長男も参列したとした。みたまうつしの儀は神習教による神道式の通夜にあたる。神習教は神道教派の一つで明治時代に活躍した9代目市川団十郎が信仰して以来、成田屋に代々続いている」と記載している。そして、番組ではBBCに寄稿された「家族は、、私が彼らのために料理を作れなくても、幼稚園の送り迎えが出来なくても、私を妻として、母として、以前と同じく、認め、信じ、愛してくれた。私は、そんな家族のために、誇らしい強い母でありたいと思った。人の死は、病気であるかにかかわらず、いつ訪れるかわからない。例えば私が今死んだら、人はどう思うだろう。”まだ34歳の若さでかわいそうに””小さな子供を残してかわいそうに”だろうか?私はそんなふうには思われたくない。なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないから。アウする人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した色どり豊かな人生だから」という麻央さんの文章を紹介。
小林麻央さんの乳がん発覚からの日々を、番組では表で紹介。麻央さんは2014年2月に人間ドックで左乳房に腫瘍が見つかった。がんの可能性は「五分五分」と言われる。同年10月再検査を受け乳がんと脇のリンパ節への転移を告知される。2016年6月9日、海老蔵さんが会見で乳がんを公表。そして、9月1日には麻央さん、公式ブログを開設。麻央さんはブログを始めた理由として「素晴らしい先生との出会い心を動かされた。その先生に言われた、”癌の陰に隠れないで”私は力強く人生を歩んだ女性でありたいから子どもたちにとって強い母でありたいから、ブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決意した。子どもに、”いつも一緒にいられなくてごめんね何もしてあげられなくてごめんね”と胸を痛めてるママがいたら、あなただけでなく私も同じですと伝えたい」とコメントしていた。
小林麻央さんのブログでは、今年1月、がん公表以来初めてのテレビ出演。そして、1月29日に退院。退院と題されたブログでは「いつも、いいねやコメントリブログ本当にありがとうございます。癒やしの写真や動画を撮ってくださったり、同じように酵素風呂体験してみてくださったり情報、励まし、祈り、共感、本当にありがとうございます。今日退院してまいりました。今回の入院は底まで行って、弱気になりました、暗くなりました。ブログを書くことで奮い立っていました。いつもKOKORO.を読んでくださり本当にありがとうございます」と綴られていた。2月のブログでは「骨2箇所への放射線の効果で見違えるように痛みが軽減した」や「治ることを諦めていない」など掲載。2月24日には息子の「幼稚園のオペレッタ発表会についての”子ども成長について”」感心したことを綴っていた。

2017年6月26日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(小林麻央さん逝く)
2006年日刊スポーツのインタビューで麻央さんは、NEWS ZEROでのキャスター経験について「ZEROの席に座っている私は、キャスターとして欠けていることがあっても、私のすべてを出して座っています。自信があってもなくとも続けます」と語っていた。これについてガダルカナル・タカは「1つのポジションを与えられると悩むが、誰かが背中を押してくれるとチャレンジする気持ちになれる」とコメントするなど、出演者が意見を述べた。

2017年6月26日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!小倉が斬るニュース
デビューから破竹の28連勝で歴代最多連勝記録に並んだ藤井聡太四段。約2時間後には、単独記録29連勝をかけた戦いが始まる。その相手は、増田康宏四段。10代のプロ棋士は約160人の中で2人だけで、去年は新人王戦で優勝した実力の持ち主。今年3月に対局したことがあり、集中するほど体が倒れてたほか最後には、板状に映された映像の一部が見えなくなるほどになった。対局終盤、大手を仕掛けるなど紙一重交わす藤井四段は、周りの駒を駆使して裸の王様になりながらも防御を成功し反撃に転じて勝利した。増田四段は「悔しい」と嘆くも、藤井フィーバーは止まらず地元では成長物語を語る「講談」を上映されているという。藤井四段の趣味は、気象庁のアメダスの積雪深のページをみること。卒業するアルバムで「もしも5億円があったら」という項目で藤井氏は「積み上げて天井に届くか挑戦する」と話していた。独特のプロ棋士は居るも個性が対局中にぶつかることもあることを「盤外戦」と呼び、先月引退した加藤一二三九段は相手側に周り「ひふみんアイ」で有名だったが集中しすぎてネクタイが相手の頭に乗っかってしまうこともあったほか、大山康晴十五世名人では盤上で扇子を回し相手の集中力を削いだことがあるという。今後勝ち進むめば先輩のプレッシャーと戦わなければいけない。

2017年6月26日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングエンタメまとめ
アイドルグループ欅坂46がおととい幕張メッセで行った握手会で、刃物を所持していた男が逮捕された。逮捕されたのは札幌市在住の男だ。男は手荷物置き場で発煙筒に点火して、警備員に取り押さえられた。バッグの中に果物ナイフが入っていたため、現行犯逮捕された。発煙筒が焚かれたのは平手友梨奈さんと柿崎芽実さんのレーンで、男は調べに対し、名前を挙げて、「刺して殺そうと思った」と供述しているという。(スポーツ報知)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.