[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「日本アカデミー賞最優秀主演女優賞」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:45 - 6:00 テレビ東京
Eネ! (映画「湯を沸かすほどの熱い愛」)

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の出演者を紹介。本作は中野量太監督による完全オリジナル脚本。宮沢りえにとって今回の主演は、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した「紙の月」以来。次に主演する作品は何なのか関心を集めていた中、彼女が選んだのは「湯を沸かすほどの熱い愛」だった。宮沢は「衝撃的なラストに本当に心が打たれましたし、双葉という役を強烈に演じてみたいという気持ちが沸きました」と語る。宮沢と中野監督は何度も話し合い、「たくましくて良い母親だけど聖母ではない。ごく普通の母親が当たり前のことをやっているだけ」という方向で双葉を作り上げていったという。宮沢は役作りのため、普段から娘役の二人とコミュニケーションを取るように心がけたそう。宮沢は「脚本に書かれていない表情や表現は、信頼関係やお互いの交換しているものの中で生まれることだと思っている。それも役の中で生きていると思う」と語った。撮影中の母・娘の3人は本当の家族のようで、撮影が終わった今でも家族の絆を感じるほどだという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 19:00 - 20:54 日本テレビ1周回って知らない話1周回って知らない話
1周回ったゲスト笑福亭鶴瓶はテレビのレギュラー番組が6本、CM契約が3社の他、2010年に公開された映画「おとうと」で主役を熱演し日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。「なんで後輩にイジられてもいつもヘラヘラしてるの?」というギモンの答えを知らない今どきの視聴者は100%。さらに「タレント・俳優・落語家…一体何がメインなの?」「たくさん稼いでいるけど何にお金を使っているの?」「結婚はしてるの?子どもはいるの?」といった質問が続出した。

2017年5月21日放送 22:00 - 22:30 日本テレビおしゃれイズム(ゲスト 宮沢りえ)
宮沢りえが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したことについてトーク。これで3度目だが、過去2回は舞台の公演中で授賞式に出れてなかった、受賞はうれしいがハードルが上がって困る、がんで余命を宣告されるという役で芝居中は気は滅入った、末期のシーンは台本に「頬がこけ」などと書かれていて書くのは簡単、メイクじゃなくてできるかぎりのことをやろうと水分をとらないようにしたりしたと話した。

2017年5月20日放送 11:59 - 14:00 TBS王様のブランチ買い物の達人
ターニングポイントを振り返る。福岡県出身。人見知りの子どもだったという。小学校6年生で、学芸会で主役をした。高校時代は演劇部に入部した。2009年、スーパーモデルコンテストグランプリに合格した。人生初のランウェイを経験した。その後、CanCam専属モデルとなった。サインは友達と考えたという。2012年に「桐島、部活やめるってよ」に出演。日本アカデミー賞最優秀作品賞など三冠を達成した。

2017年5月19日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVEスポタメ
歌舞伎俳優の中村獅童ががんを患っていることを明かした。直筆のFAXでは「初期の肺腺がんであることがわかりました、早期発見ですぐに手術すれば完治するとのことだった」と書いてあり、それにより6月7月の公演を休演し治療に専念。来月上旬に手術する予定。先月30日に初音ミクとのコラボで舞台に立っており、がんと診断されたのはそれから11日後のことだった。肺腺がんとはどんながんなのか。専門家はタバコを吸っていない人にも出るようながんで、日本人では一番多い肺がんのタイプになる。44歳で若いがそういう人はたくさんいる。と話した。厚生労働省の調べでは日本の肺がん患者の約6割にのぼる。肺には器官とその気に肺野という部分があるが、肺腺がんは肺野にできる。レントゲンでは映らずCT検査でしかわからないところがある。自覚症状としてせき、タン、息切れがある。手術により仕事に影響がでないのかについては体力の低下した分を回復するのに時間がかかりやすいんじゃないかと思うと話した。中村獅童は歌舞伎の舞台だけでなく、映画でも活躍、2002年公開の「ピンポン」では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。他にも幅広く活躍。歌舞伎界の風雲児として人気を博してきた。2002年には父を亡くし、2013年には母を亡くした。去年の母の命日に墓参りをした際、獅童は母への思いを明かしていた。市川海老蔵は獅童のがんの公表にカメラの前で「歌舞伎界にとって大事な人物なので慌てずに戻ってください」と話した。片岡愛之助は「僕も同い年なので心配で無理せずにしっかり治してください」と話した。獅童は医師と相談し8月以降の復帰を予定している。

2017年5月18日放送 23:00 - 23:59 日本テレビNEWS ZERO(ニュース)
歌舞伎俳優の中村獅童ががんを患っていることを明かした。直筆のFAXでは「初期の肺腺がんであることがわかりました、早期発見ですぐに手術すれば完治するとのことだった」と書いてあり、それにより6月7月の公演を休演し治療に専念。来月上旬に手術する予定。先月30日に初音ミクとのコラボで舞台に立っており、がんと診断されたのはそれから11日後のことだった。 街の人々は声を使うのが歌舞伎なので治っていただければなと思う。ニコニコ超会議に出てて元気だと思っていたのでびっくりしたと話した。肺腺がんとはどんながんなのか。専門家はタバコを吸っていない人にも出るようながんで、日本人では一番多い肺がんのタイプになる。44歳で若いがそういう人はたくさんいる。と話した。厚生労働省の調べでは日本の肺がん患者の約6割にのぼる。肺には器官とその気に肺野という部分があるが、肺腺がんは肺野にできる。レントゲンでは映らずCT検査でしかわからないところがある。自覚症状としてせき、タン、息切れがある。手術により仕事に影響がでないのかについては体力の低下した分を回復するのに時間がかかりやすいんじゃないかと思うと話した。中村獅童は歌舞伎の舞台だけでなく、映画でも活躍、2002年公開の「ピンポン」では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。他にも幅広く活躍。歌舞伎界の風雲児として人気を博してきた。2002年には父を亡くし、2013年には母を亡くした。去年の母の命日に墓参りをした際、獅童は母への思いを明かしていた。去年6月友人の市川海老蔵の妻、麻央さんの乳がん公表を受けコメントを出していた。市川海老蔵は獅童のがんの公表にカメラの前で「歌舞伎界にとって大事な人物なので慌てずに戻ってください」と話した。片岡愛之助は「僕も同い年なので心配で無理せずにしっかり治してください」と話した。獅童は医師と相談し8月以降の復帰を予定している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.