[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「日テレ」 に関するテレビ情報

2017年1月7日放送 1:50 - 2:20 日本テレビ
指原&水卜の!上には上がいるもんだ (上には上がいるもんだ)

1人目の相談者はNEWSの小山慶一郎。挨拶では自分の出演する「news every.」を第一声で挨拶した。悩みはタレント離れしてアナウンサーのような生活を送っていること。通常タレントは名刺を持たないが、小山は日テレの名刺を持っている。平日キャスター、週末アイドルの生活を送っているとのこと。小山が憧れる驚き人物はCMのあと。

住所: 東京都港区東新橋1-6-1

URL: http://www.ntv.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月20日放送 0:55 - 1:25 日本テレビNNNドキュメント”夢の原子炉”は夢だった …もんじゅ廃炉の内幕
福井・敦賀市には関西電力の美浜発電所など7つの原発があり「原発銀座」と呼ばれる。その一つである「もんじゅ」は「日本原子力開発機構」が運営し夢の原子炉と呼ばれていた。他の原子力発電所から取り出した使用済み燃料を再処理工場でプルトニウムなどを取り出し、もんじゅで使用し、プルトニウムが増殖し再処理を繰り返すことで半永久的に燃料を確保出来るとされ「夢の原子炉」と呼ばれる所以だった。しかし、もんじゅは原子炉の内の装置が落下するなど不祥事が相次ぎ、原子力規制委員会が運転禁止を命じた。もんじゅは22年間の間で稼働したのはわずか250日だが、事業費は1兆円以上、維持費が1日約5000万円がかかる。
「もんじゅ」の廃炉決定までに政府では何があったのか。2015年11月に規制委員会は文部科学省に勧告し運営組織の見直しなどを求めた。しかし、期限になっても結論が出ない状態だった。日本テレビの取材では廃炉を巡って官僚などが様々な駆け引きをしていたことが判明している。そして、もんじゅ再稼働のためのコストが今後16年間で5400億円以上の費用がかかることが判明し廃炉が正式に決定した。もんじゅの地元に住む橋本さんは廃炉について一言も説明がないと話し、納得がいかないと述べた。
橋本昭三さんは敦賀市の元区長でナトリウム漏れ事故の時は市議会議長を務めていた。橋本さんは68年間「もんじゅ」などについて墨書きを書いている。もんじゅの話が持ち上がったのは1970年頃で当時36歳の橋本さんは過疎を抜け出したいと思い不安に思いつつも国に従った。そして、廃炉について国の職員が来たのは年があけた2017年のことだった。
もんじゅの廃炉について疑問を呈する人が東京にもいた。もんじゅの元所長である菊池三郎さん。菊池さんは日本の原子力政策に関わり高速増殖の開発が使命として生きる人物である。

2017年2月19日放送 23:25 - 23:55 日本テレビダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(検証企画 気持ちを揃えて合流できるか!?)
4人は田中の居場所を確認。田中はフジテレビ横の階段にいた。暗黙のルールを破りお台場へ移動していた。遠藤は日本テレビの番組でフジテレビへ行くわけないやろとコメント。赤坂の日枝神社にいると報告を受けた田中は階段があったんだとコメント。開始2時間34分で残るは田中のみとなった。

2017年2月17日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋最新NEWS
スタジオトークで、人が集まる場所を予測する「AIタクシー」は便利になる一方で、ビッグデータの使い方についてはよく考えていかなければ危ないという指摘もあった。

2017年2月17日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング週刊!検索HOTワードニュース
第30回、第一生命主催のサラリーマン川柳。入選100選決定。5万5千句の中から選ばれた100作品。「ノー残業 いなくなるのは 上司だけ」「ゆとりでしょ?そういうあなたはバブルでしょ」など。2007年、郵政民営化。東国原英夫氏は、宮崎県知事に就任。全国に宮崎ブームを巻き起こした。この年、ビリーズ・ブート・キャンプが大ヒット。KYがブームの言葉となった。「空気読め! それより部下の気持ち読め」がこの年は入選した。2002年は、ノーベル化学賞で田中耕一さん、ノーベル物理学賞で小柴昌俊さんが受賞した。多摩川のあざらし、たまちゃんブームもあった。ヒットした曲は「おさかな天国」。くずの「ムーンライト」。そして2002年といえば、FIFAワールドカップ韓国・日本。イングランド代表のベッカム、フランス代表のジネディーヌ・ジダンが、出場。「髪型は息子ベッカム 父ジダン」。
1998年は長野冬季五輪。日本代表がジャンプ団体で涙の金メダルを獲得。映画ではタイタニックが興行収入272億円の大ヒット。ボキャブラ天国では土田晃之も大活躍。パイレーツも出演していた。だっちゅーのが流行。「女房が腹でしてみるだっちゅうの」という一句が選ばれた。1996年には、アトランタ五輪の女子マラソンで、有森裕子が銅メダルを獲得。初めて自分で自分を褒めたいとコメント。たまごっち購入のために行列ができた。大ヒットした映画は、Shall we ダンス?。ルーズソックス、プリクラなどの女子高生カルチャーが流行。チョベリバ、チョベリグも流行。「胃じゃなくて、チョーがむかつく女子高生」が入選。1991年は、101回目のプロポーズが大ヒット。ジュリアナ東京で、ワンレンボディコンの女性が踊っていたバブル真っ只中。坂上忍は「就職戦線異状なし」という映画に出演。ファジーという言葉が流行。あいまいさを取り入れた電化製品も流行。「上役の命令ファジーで僕ビジー」が選ばれた。

2017年2月17日放送 11:25 - 11:30 日本テレビアナQUIZアナQUIZ
「番組MC桝太一(日テレアナウンサー)が東大を目指した意外な理由とは?」というクイズが出題された。正解は「塾で好きだった女子が東大を受けようとしていたから」。結局、桝アナは東大に合格したが、好きだった女子は別の大学に行ってしまったという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.