TVでた蔵トップ >> 番組 >> ジャンル >> アイテム
日本体育大学

2013年1月4日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ

ZIP! ZIP!新春特別企画 箱根駅伝完全ナビゲートSP

日本体育大学の選手達がスタジオで箱根駅伝を振り返る。壮絶な山下りの6区を走った鈴木悠介は「8キロぐらいから足の裏が熱いのを感じて、最後の3キロは本当に痛かったです」と語った。
次に、7区を走った高田翔二は「前の箱根の時は緊張でガチガチになって走ってしまって力を出しきれなかったので、今回は先頭で来てくれて、沿道の声援を聞きながら楽しく走る事が出来たのでそれで力を出せたんじゃないかと思っています」と語った。更に、せっかくなので4年生である高田翔二に最後に別府監督に言いたい事をフリップに書いてもらうと、「ドアをノックしてから開けるまでが早すぎる」と書いていた。
次に、8区を走った高柳祐也は「三回箱根駅伝に出れなくて、自分には一回しか無いと思って、今年の一回は出るだけじゃなくて服部と一緒に結果を残したいという思いが強かった」と語った。更に、高柳祐也は特技だというエヴァンゲリオンの綾波レイのモノマネを披露した。
次に、9区を走った矢野圭吾は「1区から8区の選手がいい流れでつないでくれて、貯金もかなりあったので先頭を気持よく走れました」と語った。更に、矢野圭吾はチーム一のモテ男であり、予選会の時に一緒に写真を撮ろうとする女子で行列が出来た事が明かされた。
次に、10区を走った谷永雄一は「日体大が去年弱いとか言われるのは悔しかったので、箱根には日体大がいるんだという意味も込めてユニフォームを掴んだ」と語った。
次に、主務の中村大樹は「19位からのどん底からのスタートだったので、此処まで持ってくるのは一筋縄ではいかなかったです」とこの1年を振り返った。また、マネジャーの吉澤聡美は「選手達に感謝の思いで一杯です」、岡田奈緒美は「夢見てるみたいな感じだったんですけど、嬉しかったです」と語った。
次に、別府健至監督は連覇へのチーム作りについて聞かれて「去年の19位があるのでこの優勝があった。あの時の危機感を忘れないという事と、周りのご支援への感謝の気持ちを忘れない様にしたい」と語った。更に、服部翔大も「次の一年も連覇を狙って自分たちを中心に頑張っていこうとおもっています」と来年への意気込みを語った。

ココで探す!

Wikipedia
Wikipedia

から探す

Bing

から探す

他にもこんな番組で紹介されています…

2014年8月18日放送 1:40 - 2:40 フジテレビCOLLEGE×SPORT(COLLEGE×SPORT)
水球をモチーフにしたドラマ「水球ヤンキース」や「テラスハウス」で水球日本代表が登場するなど、この夏、水球は最も注目を集めているスポーツ。その水球でレジェンドと呼ばれている日本体育大学 は21年間無敗、376連勝中。福島丈貴選手(3年)「日体大は日本一をとるのは当たり前。世界を目指してがんばっている」、荒木健太選手(1年)「東京オリンピックに出場するという夢がある」と語っている。“学生の目線は上にある”、これこそが日体大の強さとなっている。
日体大・水球メモ(1)シュート・パス共に打点が有利→4キロのおもりを付けシュート練習。日体大・水球メモ(2)15キロのおもりで立泳ぎ→「高さ」「素早さ」「強さ」に直結。日体大・水球メモ(3)シュートは時速70キロ→バンドさせ滑らせる。水球は格闘技と呼ばれる激しいスポーツ。その激しさ故に、日本代表は外国勢との体格差を指摘されてきた。オリンピックはロサンゼルス五輪以降、不出場となっている。
水球日本代表 大本洋嗣監督(日体大監督)は「パワーアドバンテージ(体格、力)接触プレーが多いのでそこの部分の差が諸外国と比べると歴然としている。日本が得意なスピードやスタミナは外国と比べてひけをとらない。そこを生かしたい」、そう話す大本監督が期待を寄せているのが荒井陸選手(3年)。身長168センチと水球では不利と言われている小柄な体格の荒井選手が世界と対抗できると言われているのは「テンポが早くて動き回る」だという。得意技の「荒井スペシャル」はディフェンスの懐に素早く入り、足を水着にかけキック、相手の態勢が崩れた隙にシュートを打つこと。水球日本代表は7大会閉ざされたオリンピックの扉を開くため、「超攻撃型水球」をスローガンに掲げている。
2014年8月18日放送 1:40 - 2:40 フジテレビCOLLEGE×SPORT(COLLEGE×SPORT)
溝江明香は「体格差はビーチバレーボールでも外国人選手との差が大きくでるところ。けれど小さいながらに世界で勝つための武器を考えて練習しているので、共感した」、日体大水球部が練習に使っている15キロのおもりを持った武井壮は「これを水中で持つのは想像できない。アザラシやオットセイに近い生物」などとコメントした。「ぶらりカレッジの旅」は、武井壮の母校 中央学院大を訪れる。
2014年8月18日放送 1:40 - 2:40 フジテレビCOLLEGE×SPORT(COLLEGE×SPORT)
日本体育大学1年高梨沙羅が札幌市長杯大倉山サマー大会(札幌 大倉山)に出場した。2回目、最長不到の130mの大ジャンプでこの夏は国内4連勝。春からはじまった大学生活との両立について「最初は慣れるが大変でしたけど、今は楽しんでいる」とコメントした。
ハンマー投げの室伏広治が東京医科歯科大学教授に就任した。この大学ではトレーニングでけがが予防できることに着目。室伏教授はそのトレーニング理論を教えることになった。
これまで活躍してきた指導者を表彰する第1回SPJジャパンコーチズアワードが開かれた。出席した亜細亜大学の山崎投手の恩師 生田勉監督は「ファンの方々から期待される投手になってもらいたい」と山崎投手について話した。
体操世界選手権2014 壮行会に出席した女子代表の大学生3人に夏バテ防止対策を聞く。笹田夏実「練習中にりんご酢を飲む」、寺本明日香「ちょくちょくコンビニ寄って“ハァ~”と涼む」、井上和佳奈「梅酢からスポーツドリンクを水で割る」。
代々木公園陸上競技場で行われた第11回トワイライトゲームス。女子1500メートルで大会新記録(4分19秒86)をマークした大阪学院大学4年の野田沙織が優勝した。野田選手の夏バテ防止対策は「冬 クレーマー(サウナスーツ)を着て汗をかいているので、夏は汗をかくのが得意」と話した。青山学院大学2年の藤森安奈は100mリレーの第1走で登場。トップでバトンをつなぎチームを三連覇に導いた。
2014年8月18日放送 1:40 - 2:40 フジテレビCOLLEGE×SPORT(COLLEGE×SPORT)
日本体育大学1年高梨沙羅が札幌市長杯大倉山サマー大会(札幌 大倉山)に出場した。2回目、最長不到の130mの大ジャンプでこの夏は国内4連勝。春からはじまった大学生活との両立について「最初は慣れるが大変でしたけど、今は楽しんでいる」とコメントした。
ハンマー投げの室伏広治が東京医科歯科大学教授に就任した。この大学ではトレーニングでけがが予防できることに着目。室伏教授はそのトレーニング理論を教えることになった。
これまで活躍してきた指導者を表彰する第1回SPJジャパンコーチズアワードが開かれた。出席した亜細亜大学の山崎投手の恩師 生田勉監督は「ファンの方々から期待される投手になってもらいたい」と山崎投手について話した。
体操世界選手権2014 壮行会に出席した女子代表の大学生3人に夏バテ防止対策を聞く。笹田夏実「練習中にりんご酢を飲む」、寺本明日香「ちょくちょくコンビニ寄って“ハァ~”と涼む」、井上和佳奈「梅酢からスポーツドリンクを水で割る」。
代々木公園陸上競技場で行われた第11回トワイライトゲームス。女子1500メートルで大会新記録(4分19秒86)をマークした大阪学院大学4年の野田沙織が優勝した。野田選手の夏バテ防止対策は「冬 クレーマー(サウナスーツ)を着て汗をかいているので、夏は汗をかくのが得意」と話した。青山学院大学2年の藤森安奈は100mリレーの第1走で登場。トップでバトンをつなぎチームを三連覇に導いた。
2014年8月18日放送 1:40 - 2:40 フジテレビCOLLEGE×SPORT(COLLEGE×SPORT)
水球をモチーフにしたドラマ「水球ヤンキース」や「テラスハウス」で水球日本代表が登場するなど、この夏、水球は最も注目を集めているスポーツ。その水球でレジェンドと呼ばれている日本体育大学 は21年間無敗、376連勝中。福島丈貴選手(3年)「日体大は日本一をとるのは当たり前。世界を目指してがんばっている」、荒木健太選手(1年)「東京オリンピックに出場するという夢がある」と語っている。“学生の目線は上にある”、これこそが日体大の強さとなっている。
日体大・水球メモ(1)シュート・パス共に打点が有利→4キロのおもりを付けシュート練習。日体大・水球メモ(2)15キロのおもりで立泳ぎ→「高さ」「素早さ」「強さ」に直結。日体大・水球メモ(3)シュートは時速70キロ→バンドさせ滑らせる。水球は格闘技と呼ばれる激しいスポーツ。その激しさ故に、日本代表は外国勢との体格差を指摘されてきた。オリンピックはロサンゼルス五輪以降、不出場となっている。
水球日本代表 大本洋嗣監督(日体大監督)は「パワーアドバンテージ(体格、力)接触プレーが多いのでそこの部分の差が諸外国と比べると歴然としている。日本が得意なスピードやスタミナは外国と比べてひけをとらない。そこを生かしたい」、そう話す大本監督が期待を寄せているのが荒井陸選手(3年)。身長168センチと水球では不利と言われている小柄な体格の荒井選手が世界と対抗できると言われているのは「テンポが早くて動き回る」だという。得意技の「荒井スペシャル」はディフェンスの懐に素早く入り、足を水着にかけキック、相手の態勢が崩れた隙にシュートを打つこと。水球日本代表は7大会閉ざされたオリンピックの扉を開くため、「超攻撃型水球」をスローガンに掲げている。
製品情報
 
ガラポンTV購入はこちら
TVでた蔵

「TVでた蔵(TV DATA ZOO)」は、放送されたテレビ番組で紹介された情報をご紹介するサイトです。


© 2009-2014 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.