TVでた蔵トップ >> 番組 >> ジャンル >> アイテム
日本体育大学

2013年1月4日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ

ZIP! ZIP!新春特別企画 箱根駅伝完全ナビゲートSP

日本体育大学の選手達がスタジオで箱根駅伝を振り返る。壮絶な山下りの6区を走った鈴木悠介は「8キロぐらいから足の裏が熱いのを感じて、最後の3キロは本当に痛かったです」と語った。
次に、7区を走った高田翔二は「前の箱根の時は緊張でガチガチになって走ってしまって力を出しきれなかったので、今回は先頭で来てくれて、沿道の声援を聞きながら楽しく走る事が出来たのでそれで力を出せたんじゃないかと思っています」と語った。更に、せっかくなので4年生である高田翔二に最後に別府監督に言いたい事をフリップに書いてもらうと、「ドアをノックしてから開けるまでが早すぎる」と書いていた。
次に、8区を走った高柳祐也は「三回箱根駅伝に出れなくて、自分には一回しか無いと思って、今年の一回は出るだけじゃなくて服部と一緒に結果を残したいという思いが強かった」と語った。更に、高柳祐也は特技だというエヴァンゲリオンの綾波レイのモノマネを披露した。
次に、9区を走った矢野圭吾は「1区から8区の選手がいい流れでつないでくれて、貯金もかなりあったので先頭を気持よく走れました」と語った。更に、矢野圭吾はチーム一のモテ男であり、予選会の時に一緒に写真を撮ろうとする女子で行列が出来た事が明かされた。
次に、10区を走った谷永雄一は「日体大が去年弱いとか言われるのは悔しかったので、箱根には日体大がいるんだという意味も込めてユニフォームを掴んだ」と語った。
次に、主務の中村大樹は「19位からのどん底からのスタートだったので、此処まで持ってくるのは一筋縄ではいかなかったです」とこの1年を振り返った。また、マネジャーの吉澤聡美は「選手達に感謝の思いで一杯です」、岡田奈緒美は「夢見てるみたいな感じだったんですけど、嬉しかったです」と語った。
次に、別府健至監督は連覇へのチーム作りについて聞かれて「去年の19位があるのでこの優勝があった。あの時の危機感を忘れないという事と、周りのご支援への感謝の気持ちを忘れない様にしたい」と語った。更に、服部翔大も「次の一年も連覇を狙って自分たちを中心に頑張っていこうとおもっています」と来年への意気込みを語った。

ココで探す!

Wikipedia
Wikipedia

から探す

Bing

から探す

他にもこんな番組で紹介されています…

2015年1月26日放送 1:10 - 2:10 フジテレビ全日本大学女子サッカー選手権大会(全日本大学女子サッカー選手権大会)
そんな大舞台に初めて立つ女子サッカー界の逸材が、日本体育大学1年生の羽座妃粋選手。第22回全日本高校女子サッカー選手権で優勝した彼女はU-23日本代表に最年少で選出された。飛び級での選出ながらラ・マンガ国際大会では前試合に出場。プレイが評価されなでしこJAPANに学生で唯一大抜擢された。アジア大会直前の国際親善試合でフル代表デビューを果たした羽座は右サイドバックとしてチャンスを演出。持ち味の長いパスを何度も通しデビュー戦とは思えないプレイで首脳陣を驚かせた。日本女子代表の佐々木則夫監督は「ボールを持っても非常に落ち着いていた。シュートもクロスも良くて彼女の投入で右サイドにかなり変化があった。良いパフォーマンスを見せてくれた」と語った。同じポジション、なでしこJAPANの岩清水梓は「足も背も自分にはないものがある。思い切りの良いオーバーラップや、技術やメンタルをうまく伸ばしていってほしい」と語る。
女子サッカー界で注目を集める羽座選手は大学1年生。夕方の練習まで朝から学業に取り組む。サッカーの遠征で欠席は多くなるが単位は落としていない。「負けず嫌いで、兄とサッカーをしていても負けたくないと思った。上手くいかない時も負けず嫌いで乗り越えている」と語る。そんな彼女も、キャンパスで仲間とおしゃべりしている時は女子大生の顔になる。休みの日は?との質問に「学校があるので1日オフはほぼ無い。体をケアしたりちょっと練習するくらい」「もっと高いレベルの人に追い付くには練習しかない」と答える。常に上を目指す羽座選手は、高校卒業後、なでしこリーグの誘いを断り大学進学を選択した。「もう一度、インカレでも日本一を取りたい」と語る彼女は日本体育大学を選択。サッカー部女子はインカレ優勝回数15回と2位以下を圧倒し、大学の女子では日本最多の63人が熾烈なポジション争いをする。そんな厳しい環境でも入学後すぐにレギュラーを勝ち取った羽座はチームに不可欠な存在となった。4年生のゲームキャプテン伊藤侑菜は「後ろでドカンと構えてくれて、1年生ながら安心感がある。チームにとって本当にプラスの選手」と、矢野晴之介監督は「どんな局面でも冷静で、ピッチ全体と選手の動きが頭に入っていて、どういう局面なのか判断できる選手」と語る。羽座は初戦の筑波大学戦、0-0だった後半41分、得点を決めてチームを勝利に導いた。
準々決勝の前夜、全部員参加の壮行会が行われた。1年前、3連覇がかかる大会で、準々決勝で大阪体育大学にまさかのPK負けで常勝軍団は大会から消えた。キャプテンの繁静里香は「今年の集大成なので絶対に優勝して終わりたい」、羽座は「出ている人は出出ていない人の分まで頑張って優勝したいなと思った」と語る。翌日、新潟医療福祉大学相手に6-0で勝利し準決勝進出を決めたが、羽座が右膝靱帯を損傷し途中交代。試合後はチームに迷惑をかけたという気持ちを自分への不甲斐なさで号泣した。
怪我以降、羽座に焦りが見え始めた。体を動かすがチームとは別メニューの調整で、気持ちだけが先走る。準決勝前日、痛みをこらえ練習に復帰したが、試合当日のピッチに彼女の姿はなく、控えにも入れずスタンドから仲間を応援していた。チームは前回優勝の強豪、吉備国際大学を相手に先制し、そのまま反撃をしのぎきって決勝進出を決めた。3年生の長嶋洸は「羽座が怪我で出られない分、どうしても続けて勝ってあげたいと思ったんで、先輩の意地をかけて頑張りました」、榎谷岬は「ずっと怪我を抱えていてこの場面でられなくて悔しいと思うけど、羽座選手を決勝につなげるために今日はいつも以上に熱い気持ちで戦いました」と語る。チームの思いが一つになり、決勝進出を決めた。優勝まであと1勝、羽座の姿はピッチにあるのか。
2015年1月26日放送 1:10 - 2:10 フジテレビ全日本大学女子サッカー選手権大会(全日本大学女子サッカー選手権大会)
1月18日決勝当日、メンバー発表で羽座の名前が呼ばれた。羽座の視線の先にはメンバーから外れたキャプテンの姿があった。部員63人の思いを背負い、選ばれたメンバーが日本一をかけて戦う。
2015年1月26日放送 1:10 - 2:10 フジテレビ全日本大学女子サッカー選手権大会(全日本大学女子サッカー選手権大会)
全日本大学女子サッカー選手権大会の決勝戦の日本体育大学vs大阪体育大学の前半のハイライト映像。0-0で終了。
2015年1月26日放送 1:10 - 2:10 フジテレビ全日本大学女子サッカー選手権大会(全日本大学女子サッカー選手権大会)
全日本大学女子サッカー選手権大会の決勝戦の日本体育大学のハーフタイムのミーティングの様子を紹介。
2015年1月26日放送 1:10 - 2:10 フジテレビ全日本大学女子サッカー選手権大会(全日本大学女子サッカー選手権大会)
全日本大学女子サッカー選手権大会の決勝戦の日本体育大学vs大阪体育大学の後半のハイライト映像。0-0で終了。客席には、日本体育大学の卒業生で日テレベレーザに所属する有吉佐織や嶋田千秋も応援に来ていた。
製品情報
 
ガラポンTV購入はこちら
TVでた蔵

「TVでた蔵(TV DATA ZOO)」は、放送されたテレビ番組で紹介された情報をご紹介するサイトです。


© 2009-2015 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.