[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「共産党」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 8:00 日本テレビ
ズームイン!!サタデー (ニュース)

組織犯罪処罰法改正案が衆議院法務委員会で可決されたと報じた。法案は与党と日本維新の会の賛成多数で可決されたが、民進党と共産党は採決無効と強く反発していると伝えた。

URL: http://www.jcp.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月30日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
今日、安倍首相は過去に加計学園の役員を過去に数年間務め、1年間に14万の報酬を得ていたことがあると明らかした。また、一部報道では和泉総理補佐官が前川前文科省事務次官を複数回官邸に呼び、獣医学部新設の手続きの促していたと報じている。 総理のご意向などの文言を含む内部文書が確実に存在したとする前川氏に対して菅官房長官は否定。これに先立ち自民党と公明党の幹事長は都内で会談し前川氏の証人喚問に応じない方針を確認した。今日の法務委員会で「テロ等準備罪」を新設する法案が審議入りしている。与党は6月18日の国会会期末までに法案の成立を目指している。民進党と共産党などは廃案を訴えている。

2017年5月30日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
シンガー・ソングライターのleccaが、本名の斎藤礼伊奈で、都民ファーストの会の新人候補として演説をしていた。斎藤は色々なタイプの女性が都政に入れればと話す。ライブの翌日に政策づくりの講座へ向かうなど、忙しい生活を送っている。今回都議選に出馬予定の225人中106人が新人。広瀬真木氏は公募で自民党の新人候補に選ばれた。広瀬は東日本大震災当時は銀行で働いていたが、経済ではどうにもならないことをあると実感したなどと話した。事務所として借りた部屋は現在物置状態で、これからポスター貼りなどをしていく。
慶野信一は20年近く政治に関わりながら出馬するのは初めてだと言う。 公明党・太田昭宏前代表の秘書も務めた存在。政治の運びは分かっているが、自らの顔と名前を売っていくのには苦労していますねと話した。演説には「小池都知事」の名前が良く上がった。小池知事は都民ファーストの会に先立って公明党の応援に訪れたが、目指す政策が一致しているからのものだという。20年のベテラン看護師、藤田綾子氏も共産党の新人候補。3人の子の母でもあり、インタビュー中にも長男や次男の姿が見えた。藤田は無認可の保育園に預けられた赤ちゃんがなくなったことを知り出馬を決意した。ひとりひとりの命が守られる政策に繋げていきたいと藤田。

2017年5月30日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!知ってスッキリ!!情報クリップ
加計学園問題で安倍総理が初めて国会答弁で改めて文書の存在や意向について否定した。また民主党政権時代に加計学園の学部新設は対応を検討ということになったと反論した。

2017年5月30日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(ニュース)
きのう参院本会議で「テロ等準備罪」とともに議題となったのは、「加計学園獣医学部新設問題」。前川前事務次官が「総理の意向」と書かれた文書は存在していたと主張していたが、安倍総理はG7の出席しており、どう発言するか注目されていた。しかし、安倍総理は民進党と共産党への答えと同じ言葉で発言し、前川氏の証人喚問について「国会において決めていただくもの」と答弁した。

2017年5月30日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
加計学園の獣医学部新設をめぐり文部科学省の前川喜平前事務次官が「”総理の意向”とする文書は存在した」と証言したことについて、民進党の真山勇一参院議員らが安部総理大臣を追及した。これに対し、安倍総理は「獣医学部の新設については、これまで繰り返し申し上げきたとおり、特区として規制改革項目の追加、事業者の選定、いずれのプロセスも関係法令にもとづき適切に実施している。圧力を働いたことは一切ない」と改めて自身の関与を否定した。そのうえで文書の存在については「文部科学省の調査の結果、該当する文書の存在は確認できなかった」としている。この安倍首相の答弁について、元文科省で大臣官房審議官の寺脇研氏は「(安倍総理は)『私が圧力をかけたことは一切ない』としているが、”私以外の誰かが”圧力をかけた”とまでは保証していないのでなないか」と分析し、「該当する文書の存在は確認できなかった」とする文部省の発表に関しても「『(文書)が存在しない』ではなく、『現時点でそれ(文書)が存在することを確認できなかった』と言っているだけの話。『存在しなかった』とは答えていない」との見解を示した。また安倍総理は答弁のなかで、質問した民進党に対し「うそもそも今治市の獣医学部誘致は平成19年(2007年)構造改革特区に最初の提案があって以降自民党政権かで対応不可とされていた。それが民主党政権下で平成22年度(2020年)中を目途に”速やかに検討”と前向きに格上げされている」「これからも内閣の総力を挙げてあらゆる岩盤規制に挑戦していく」と指摘した。また共産党の仁比聡平参院議員も加計学園問題について、「文科省にただちに再調査を支持すべき」と質問したが、これに対する安倍首相の答弁は、出だしから最後まで、民進党の質問とほぼ同じ内容だった。これに対し野党からは批判が噴出、民進党の野田佳彦幹事長は「当時の民主党政権下の特区は構造改革特区。国家戦略特区というトップダウンのものとは全く性格が違う。岩盤規制に風穴を開けるというよりも、長年の友人のための特別扱いの特区になるから全然違う」、共産党の小池晃書記局長も「岩盤規制、岩盤規制と何度も繰り返していましたけど、岩盤規制に穴を開けて加計学園に流した。それが最大の今回の問題」と非難した。そんな野党に対し、寺脇研氏は「民進党も共産党もピント外れなことを聞いている。そこ(文書)に書いてあることが本当かどうかという議論をしなければいけないわけで、それをまだ本物を探せと言っても意味がない」と指摘した。一方自民党内からも、石破茂前地方創生担当大臣が「この間まで事務次官としてやっていた人の発言が全く意味がないと私は思わない。政府として、誰が申請しても国家戦略特区として認められましたよ、ということ。そのことをきちんと立証すれば、そこで済む話」との見方を示すなど政府に対する反発の声が出ている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.