[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「共産党」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

テロ等準備罪を新設する法案が昨日、衆議院法務委員会で野党が抗議する中採決が行われ、与党と日本維新の会の賛成多数で可決された。自民公明両党は23日に衆院を通過させ、参院での審議を急ぎたい考え。 これに対し、野党4党は採決は無効として、委員会に差し戻すよう申し入れるなど反発を示している。 自民公明両党は23日に衆院を通過させ、参院での審議を急ぎたい考えだが野党は廃案に追い込みたい考え。衆院通貨を巡る与野党の攻防は山場を迎える。

URL: http://www.jcp.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月23日放送 20:54 - 21:54 テレビ朝日サンデーステーション最新ニュース24h
任期満了に伴う仙台市長選挙の投開票がきょう行われた。今のところ、自民・公明などが推す菅原裕典氏と、民進・共産・社民などが推す郡和子氏の新人2人が競っている。自民党が惨敗した東京都議選後初めて与野党対決の形となった大型選挙で、各党の幹部が応援に入るなど激しい選挙戦となった。開票は午後10時前から始まり、深夜にも大勢判明の見通し。今後の主な選挙日程として、一週間後の7月30日には横浜市長選が行われ、来月には茨城県知事選などが続く。後藤氏は、今回の仙台市長選挙は都議選における都民ファーストのような受け皿がなく、まさに民進・自公の激突パターンとなることから国政の流れ全体に影響する選挙だと述べた。また、10月22日に行われる衆議院の愛媛3区補選は、隣に加計問題の出ている今治市があることから影響は否めないとした。

2017年7月23日放送 20:45 - 21:00 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
仙台市長選挙には無所属4人の新人が立候補した。32の投票所で投票を済ませた有権者4046人を対象に出口調査を行い2705人から回答を得た。一方9万7千人辺りが期日前投票を済ませていてこれらは調査対象外。出口調査によると民進党と社民党が支持する郡和子氏と、自民党公明党と日本のこころが支持する菅原裕典氏の争いとなっている。調査対象者の支持政党は自民が31%民進が13%などとなっていて、無党派層は43%。郡氏は民進と共産支持者から80%後半。無党派層から50%後半の支持を得た。菅原氏は自民支持層の60%あまり、公明支持層の80%あまり、無党派層の20台後半から支持を得た。開票は午後9時40分から始まる。

2017年7月22日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
週明けの集中審議で一体どんなことが明らかになるのか。そんな中民進党・蓮舫代表は森友だ加計だのこんな政治終わりにしようと演説をした。安倍首相も出席する集中審議は7人の参考人が出席する。与党が招致したのは長年加計学園の誘致を進めてきた加戸守行前愛媛県知事ら3人。野党は4人を招致。和泉洋人総理補佐官は加計問題の中心人物と呼ばれている。藤原豊前内閣府審議官は官邸の最高レベルが言っているという部分の発言者とされている。前川喜平前文部科学事務次官は総理のご意向文書の存在などを証言した。さらに野党は加計孝太郎理事と安倍昭恵総理夫人らの参考人招致を求めていたが与党が拒否した。集中審議で質問に立つ議員は週末準備に追われている。民進党・今井雅人議員は何かごまかしているなどとコメントした。共産党の宮本徹議員は関係者に対し証人喚問に応じるよう話を勧めたいと考えている。与党で質問に立つ自民党・小野寺五典議員と公明党・上田勇議員。小野寺議員はこれまで国民が疑問に思っていることをしっかり解決していきたいと考えているとコメントした。上田議員は今回の件を単なる政治問題として扱ってはいけないと考えている。

2017年7月20日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
共産党の志位委員長は昨夜講演し、首都東京の審判は安倍政権にレッドカードをはっきりつきつけるものになった。国政私物化を恥を思わない政治、憲法を平気で壊す政治、自らに対する異論、批判をこんな人たちに負けるわけにはいかないと敵視する傲慢な政治をこのまま続けさせるわけには断じていけないと述べ、その中で速やかに衆院解散総選挙に追い込んで行うことを強く求め、野党と市民の共闘を必ず成功させて安倍政権を倒し国民の声が生きる新しい政治を作ろうと述べ、解散総選挙に追い込んで考えを強調した。又不破哲三前議長は市民と野党の共闘は戦後の政治の歴史を画する壮挙だと述べ、様々な困難があっても日本の政治に新しい段階と展望を切り開く力を持つことはすでに立証された現実だと述べた。

2017年7月19日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
昨日安倍総理が出席する集中審議について自民・民進・両党の国会対策委員長が会談したがまだ決まらない。安倍総理出席の閉会中審査は24日開催の方向で調整している。民進党は質問時間は与党:野党で通常の2:8と要求している。周産予算委員会で1日7時間を2日間やろうとしている。参考人としても色々な人を提案している。自民党は質問時間は異例の5:5にしようとしており、質問日程も1日。参考人をめぐっても対立していて結論が出ない状況。この状況に対して民進党の山井委員長は「国民を馬鹿にしていると言わざるを得ない。往生際が悪すぎる。“丁寧に説明する”のなら今までのルールで正々堂々と説明するべきだ」と述べ、共産党の小池書記局長は「国民の疑問に真摯に答えようという姿勢が本当にあるのなら野党の時間を少なくしろというせせこましいことを言わないのではないか」と述べている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.