[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「日本書紀」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 20:00 - 20:43 NHK総合
歴史秘話ヒストリア 今夜は名所秘話! 〜伊勢 鎌倉 富士山 知られざるドラマ〜

伊勢神宮には別宮があり、14箇所もある。その中の一つに倭姫宮と呼ばれる別宮がある。ここに祀られている倭姫は垂仁天皇の皇女で、伊勢神宮を支えた皇女だと伝えた。当時、天照大神は天皇の住まいの敷地に祀られていた。しかし大災害が起こったので、新たに天照大神を祀る場所を探すために、倭姫は旅をして場所探しをした。そこで五十鈴川で神のお告げを聴いたと伝えた。そのため伊勢神宮の生みの親は倭姫だと伝えた。
斎宮駅から降りたところに、もうひとりの伊勢神宮のプリンセスがいる。さいくう平安の杜では祈念祭を行なっていたと伝えた。斎宮は660年続いた朝廷の施設で、最盛期には500人が働いていた。7世紀の壬申の乱で勝利した天武天皇は国を立て直すために大来皇女を伊勢に派遣して神宮のそばで仕えるように命じた。これが斎王の実質的な始まりだと伝えた。この制度は660年続いて、天皇が即位するたびに未婚の女性が斎王に選ばれた。いつきのみや歴史体験館には斎王が利用した輿がある様子が伝えられた。斎宮歴史博物館では斎王の暮らしが再現されている。また斎王が政治に関わるようなこともあり、重要な存在だったと伝えた。斎宮は現在も発掘が続いている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月4日放送 20:00 - 20:43 NHK総合歴史秘話ヒストリア星のチカラを宿せ 安倍晴明と伝説の剣
陰陽師が学ぶ陰陽道の始まりには星が深く関わっている。そのルーツが古代中国の思想陰陽五行説。この世のすべてのものは陰と陽が対になって互いに影響しあっているというもの。陰陽五行説では地上の人間と対になるのは天の星々であるとされている。星の動きに異常があれば人の世にも災いが起きると考えられていた。この考え方を日本に本格的に取り入れたのは飛鳥時代の天武天皇。天武天皇は即位すると中国に倣って占星台を建て、観測の結果を分析する陰陽寮を設置。陰陽師の仕事は星の動きを見極めることから始まった。約300年後の安倍晴明も陰陽寮の役人で豊富な星の知識を持っていた。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.