[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「経団連」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

天皇陛下の退位などを検討してきた有識者会議は、最終報告を取りまとめ安倍首相に提出した。最終報告では、国会の考え方に沿って政府が特例法の整備を進めることを前提に、退位の制度設計を検討した経緯を説明している。制度設計の検討にあたっては、退位の弊害として「退位した天皇と新天皇の間で象徴や権威の二重性が生じる」という問題が指摘されていることから、「弊害が生じないようにすることが求められる」とした上で、具体的な制度設計の内容を列挙している。
最終報告では、退位後の天皇陛下は上皇、皇后さまは上皇后として、継承は両陛下ともに今と同じ陛下とすることが適当としている。生活の予算は内廷費をあて、退位後を補佐する組織として宮内庁に新たに上皇職を設けるとしている。天皇陛下の退位後、皇位継承順位が第1位となる秋篠宮さまについては、あえて特別な称号を定めないものの、呼称に「皇嗣」を加えるとしている。報告の最後には、「天皇陛下の退位後、皇族数の減少への対策がいっそう先延ばしできない課題になってくる」と指摘している。
有識者会議のヒアリングに出席した京都大学の大石眞名誉教授は、「ひとつの方向として、評価できるところはある。天皇の高齢化を見据えた立法措置を考えるのが普通で常識的。そのたびごとの特例法というやり方は稚拙」などと話した。麗澤大学の八木秀次教授は、「退位の先例をつくることが皇位の安定性を大きく阻害することにつながらないかという懸念は、依然として払拭できていない。おことばによって事態が動き、天皇の政治的権能を否定している憲法との関係も、まだ十分詰められていない。将来問題にされる可能性がある」などと述べた。
前侍従次長の佐藤正宏さんは、「ご退位の具体的道筋が見えてきたことはひとまず安堵している。一方で、陛下のお気持ちは高齢化社会における象徴天皇のあり方について、問題提起されていると思う。今後とも議論を継続していくことが望ましい」などと話した。各種世論調査では、「退位を認めるべき」という意見が大勢のまま推移しており、国会でも「退位を特例法の制定で可能とすることが望ましい」という方向性が示された。

住所: 東京都千代田区大手町1-3-2

URL: http://www.keidanren.or.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざましSEVEN
来年度から始まるかもしれない新たな連休「キッズウィーク」。夏休みの平日5日間を他の月に分散させるもの。5日間を他の月に移し、前後の土日と合わせることで9連休が可能に。家族と過ごす時間を増やすことが目的で、政府は企業や教育委などに協力を求める考えを示す。キッズウィークに賛成か反対か街で聞いてみた。親子ともに賛成意見が多い中、「休みが多くなると色々出かけないといけないのでいらない」「休みが取れないと思う」などの反対意見も。独身の方からは「子どもがいないので、休んだ人の仕事のしわ寄せが自分に来ると考えるとちょっとどうかなって」など反対の意見もあれば「子どもがいる人が休みを取る分、別のところで休みを申請はしやすくなる」など賛成の意見も。アンケートの結果は、子どもは「賛成26人、反対4人」、大人は「賛成35人、反対5人」。実現のポイントは経済界との連携。きのう経団連・榊原会長はキッズウィークについて「出来る限り協力していきたい。私から政府に提言した」など述べていた。

2017年5月23日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングANN
経団連の榊原定征会長は会見で、基礎的財政収支の黒字化が「相当高いハードル」として、黒字化は「至上命題」としたうえで目標達成時期の遅れの可能性を指摘した。消費税引き上げについては「国民や国際社会に対する公約でいずれにしてもやってもらう。」と話した。

2017年5月23日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
経団連の榊原会長は、政府は財政健全化のために掲げているプライマリーバランスの黒字化は遅れるかもしれないが、目標を変更するべきではないという考えを強調した。

2017年5月16日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本おはBiz
経団連によりLGBTの人達が働きやすくなるための調査が行われた。ダイバーシティ・インクルージョンという多様性を受け入れるという概念があり、その取組が必要だと9割以上が必要と感じているが、実施している会社は42%あるが、予定していないという会社も23%ある。取り組みとしては社内セミナー、相談窓口の設置、性別を問わないトイレの整備など。森永貴彦氏によると人事や管理職での取り組みはされているが現場までの理解には至っていないと指摘する。

2017年5月16日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(次期FRB議長候補に聞く)
榊原会長 独占インタビュー

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.