[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「日本経済新聞」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:25 TBS
はやドキ! はや見せ! 朝刊一面チェック

大卒採用 18年春9.7%増。介護・陸運・外食が旺盛 。(日本経済新聞)

URL: http://www.nikkei.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月19日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデー新聞ぜーんぶ見てみよう!
長雨の影響で観光の客足が鈍る中、首都圏の観光施設が集客のテコ入れに動いている。埼玉・川口市のバーベキュー広場は16日~31日の平日限定で利用料を半額にする。さいたま市の鉄道博物館は17日までの来館者が約6万8400人と前年の同じ時期より26%増えている。AOKIホールディングスの店舗では8月中の長袖シャツの売り上げが前年と比べ、3割近く増えている。そごう横浜でも8月に半袖から七分丈のブラウスに売れ筋が移った。宮本さんは「誰かが笑って、誰かが泣いてるということなんでしょうけど」等とコメントした。(日本経済新聞)

2017年8月18日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
北朝鮮は例年米韓軍事合同演習に強く反発している。2015年には李外務次官が「アメリカが米韓合同軍事演習を中止すれば核実験を中止する」と提案したが、米韓は予定通り演習を実施。すると北朝鮮はスカッドミサイルを2発発射している。また去年は演習機関中にSLBM『北極星1号』を発射している。過去には軍事演習を中止した例もあり、1992年に北朝鮮が『IAEAとの核査察協定に調印することを条件に韓国が合同軍事演習を中止している。だがその結果、北朝鮮は核戦力装備を一層拡大した。
北朝鮮は米韓に対し、合同軍事演習を中止できないのであれば、毎日の訓練内容を詳しく公開しないことと、グアムからの戦略爆撃機が北朝鮮のレーダーに映らないことを要求している。アメリカは慎重に検討中とのこと。一部メディアによると、今回の「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」は図面やコンピューターを使うシミュレーションが中心だという。原子力空母や戦略爆撃機の派遣をアメリカが見送れば、北朝鮮は矛を収めるのではとのこと。一方で演習を口実に追加挑発に乗り出す可能性もあるとみられている。

2017年8月18日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
トランプ大統領の発言に関して、共和党の指導部からも批判を浴びている。陸軍は人種差別や過激主義、憎しみを許さないとミリー参謀総長はツイッターに投稿した。空軍のゴールドフェイン参謀総長も「我々は共にあることでより強くなる。参謀総長らの発言を支持する」とした。軍トップが大統領にクギを刺す発言をするのは異例。ホワイトハウスのケリー首席補佐官は海兵隊退役対象、国家安全保障担当補佐官のマクマスター氏は陸軍中将から就いた。今のトランプ政権は軍出身者と家族に牽引されている。政治顧問は「トランプ氏は間違いを認めるより差別主義者と呼ばれる方をとる」と語った。ケリー氏はトランプ氏の面会相手などを全て把握し規律を重んじているがトランプ氏自身が携帯電話で自由に話し、ツイッターにも投稿するのでケリー氏の統制が及んでいないという。(日本経済新聞)
主要企業の経営者らでつくる経済助言機関がトランプ氏から解散宣言が出た。しかし、アメリカメディアによると、戦略政策フォーラムは電話会合で自分たちで解散する方針を決めていたという。また、製造業評議会も解散を決める電話会議を予定していたという。そのように追い込んだのは消費者ら世論の圧力だという。食品会社「キャンベルスープ」は「憎しみのクリーム」などと書き込まれ、CEOは16日に委員の辞任を表明したという。イギリスのフィナンシャル・タイムズによると、抗議者がニューヨークのJPモルガン・チェースを訪れ、ジェイミー・ダイモンCEOの助言機関から辞任を求める40万人以上分の署名を届けたという。コーン氏は会見に見ていて吐き気を覚えたという。バノン首席戦略官が影響力を及ぼした可能性が指摘されており、ネオナチや白人至上主義とユダヤ人社会は相容れず、コーン氏やトランプ氏の長女イヴァンカ氏、やその夫のクシュナー氏と確執が報じられる。親子でも亀裂が入るという。日本に比べ、アメリカは企業の影響力が大きく、声を上げやすいという。産業支援の公約は進まないし、奔放な言動ばかり目立つのでトランプ氏との関係を見極めているのかもしれない。トランプ氏の周囲に企業経営者がいなくなると、さらに内向きの志向を強める可能性が高いとのこと。(朝日新聞)
トランプ大統領は白人至上主義の団体からの支持を失うのが怖くて喧嘩両成敗などと言っているのではないかなど八代氏がコメントした。今回の発言はアメリカじゅうに大きな衝撃を与えたのは間違いないなどと解説があった。アメリカという国の成り立ちを揺るがす事態という意見も出た。(毎日新聞)(日本経済新聞)

2017年8月18日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト日経朝特急
東南アジアでは大幅な賃上げ要求が加熱しているマレーシアの有力労働組合は法定最低賃金の50%増額を政府に求め、ミャンマーでも56%増額を求めている。経済成長を背景に労働者の権利意識が高まり、大型選挙を控える各国政府に圧力をかけていく狙いもあるとみられる。大幅賃上げは消費の底上げにつながる一方、コスト増加を嫌う外資系企業の流失が懸念されている。(日本経済新聞)

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.