[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「維新」 に関するテレビ情報

2017年5月19日放送 4:25 - 5:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア430

「テロ等準備罪」はきょう委員会で採決される。金田法相不信任案は与党と維新などの反対多数で否決となった。与党はきょうの衆院法務委で採決する方針だが、野党は採決を阻止する構え。

URL: https://o-ishin.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットワイドショーニュース
上西小百合議員についてのトーク。損害保険会社等を経て維新政治塾へ入塾し、今は二回生。上西議員の今までの発言からどういった取り組みをしているかがまとめられ、12年の初当選では「歩いた後に小さな花が咲くように頑張りたい」、13年には”美容院改革”などが挙げられているが、上西議員のHPでの現在の取り組みの部分には「準備中。しばらくお待ちください」と書かれている。本人によると、政策が書いてあるが取り組みは準備中だという。上西議員は2012年に衆院選で初当選し、おととし「維新の会」除名後、無所属となっている。先週末にサッカーファンの怒りを買うツイートで大炎上している。来年出演映画が公開される予定で、製作側が「キレイだ」とオファーしたそう。恋あり笑いありで楽しいインド風映画かと噂されている。上西議員の芸能界進出について、公設秘書の笹原氏は「無理だと思っている。騒動から2年半経ったが、1年位で騒動が執着し、おとなしく政治活動できる状況が作れると思って秘書になった」などとコメントした。またこれからどう活動していきたいかという部分で、「何かをやった所で永田町のシステムは変えられない。だから僕にできることはもう何もない。マネジメント等はするが有効活用して国民のために何かするというのは僕じゃない」などとコメントした。昨日笹原氏自らのツイッターで「次の総選挙の時には秘書なんてやってない。金にもならないこんなくだらない事は仕事だから嫌々やっているけど、とっくに飽きてる。この2年間やりたい事は全くやってない」とつぶやいている。
次の選挙について、一昨日の会見で上西議員は「いちばん当選する確率が高い。そして私の政治信条に似通った政党から出馬したい」と話している。これに対して上西議員は「選挙は当選するために出るもの。そのために供託金制度というものがある」とコメントした。テリー伊藤は「上西議員は日本一鈍感力のある人だと思う。政治家には必要な3つのものがあり、1つ目は未来を想像すること。2つ目は数字に強いこと。3つ目は品格。2つ目はわからないが1つ目と3つ目はないのではないか」と話した。上西議員はなぜ取り組みが準備中なのかということに対し、「前の国会で共謀罪について国会質問に立たせていただいて、森友問題も地元大阪の問題としてずっと追求しているということもあるので、今いろいろと準備している。」とコメントした。
上西議員は「言葉遣いが悪いと損をするかもしれないが、自分の意見を国民に届けるためだったら私は何でもしたい」などと話した。鈍感だと言われたことに対し「ただ明るいだけだと思ってる」などと話した。映画出演している時間があったら政治の勉強をしたらどうかと問われると、「政治家だって人間だから、閉会中の時間をどう使うかは自由だ」などと話した。「政治しかしない政治家はダメだ」と話し、笹原氏は「写真集販売などには僕はノータッチだった」などとコメントした。金慶さんは「国会議員は重い職業。こういう風に軽く扱うのは反対」と話した。これに対し「政治の話だったら2時間も3時間も話す」と上西議員はコメントした。

2017年7月18日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルNEW井戸端ランキング
上西議員の会見は複数回スタッフからのアドバイスのもと撮影の撮り直しが行われるという状況だったという。牛窪さんは議員の失言問題があり、議員の品格に国民が怒りを覚えている状況だと話し、なぜ政治家なのにこんな不用意な言葉をつぶやくのか?などとのべた。(スポーツニッポン)

2017年7月16日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンサンジャポ的ワイドショー講習
松下氏は奈良市議選では39位で当選し、わずか26票差で落選した議員は国政政党・日本維新の会公認だった。鈴木さんはありえないと思う。勘違いして投票する人もいるし詐欺にならないのかとコメントした。杉村さんは違法になるか微妙。松下氏は前回は1万票集めトップ当選を果たしたが、今回は7000票失って最下位当選していたとコメントした。弁護士の細野さんは法的には問題がないとコメントした。

2017年7月15日放送 22:00 - 23:24 TBS新・情報7daysニュースキャスター7DAYS REPORTS
日本維新の会の松下幸治が奈良市議選で当選したが、松下の「日本維新の会」は、松井一郎代表の国政政党「日本維新の会」とは別の政党。同じ名前を掲げていても違法ではなかった。国政政党の「日本維新の会」と勘違いして松下幸治に投票した人も多いとみられる。落選した国政政党「日本維新の会」の堀田氏とは26票差だったが、松下は「間違えた人が悪い」という内容の言い分を話した。

2017年7月12日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
地域政党日本維新の会・松下幸治氏が生出演している。維新カラーの緑を使用したり、維新を連呼したりする選挙活動の様子について、東国原英夫は「地域政党」をあたまにつけていれば混乱がなかったとコメント。また奈良都構想と言う言葉を用いたことについては二重行政の解消という目的を持っているためだとした松下氏に、須田慎一郎は奈良は二重行政にはなっていないでしょうなどと話した。「奈良大改革」については小池氏に共感して用いた言葉で、「奈良市民ファースト」について東国原英夫は都民ファーストだってアメリカファーストをパクっていますからねと話した。今回の選挙で最下位当選を狙っており、自分は仲間を増やしてやっていこうとの思いがあったと話す。また日本維新の会の中に入ろうと申し入れたが聞いてもらえなかったと話した。
2012年に日本維新の会系の地域政党「奈良維新の会」が立ち上げられ、そこから立候補した松下氏は奈良市議選に当選した。その後奈良維新の会が解散し、所属していた県議らは日本維新の会奈良県総支部へ合流したが、松下氏のみ合流できなかった。日本維新の会の公認の仕方は不透明で、「ある人に気に入られなければ組織にいられない」と言う体質を持っていると須田慎一郎、そのため松下氏がはじき出されたのではと話した。日本維新の会はその後維新の党やおおさか維新の会と名前を変え、最終的には日本維新の会と言う名前になったが、その前に地域政党日本維新の会が届け出られた。
松下氏のポスターからは様々な要素を盛り込んでおり、やりすぎているのではなどと話された。須田は有権者も反省する必要があり、政党だけを見て投票するのは違うと話した。一方で東国原は票を取ったのは4年間の彼の働きを見ていた結果でもあるだろうとした。日本維新の会に合流できなかったことについて、組織に馴染める人ではなかったとの取材結果もあるが、この評価を松下氏は肯定した。今の奈良市政の問題は左派勢力が過半数を占めていたことで、保守系の議員が増えることでしっかりとした議論ができると松下氏は話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.